読んだ本の冊数に体調不良を感じる5月に読んだ本まとめ

 びっくりするほど読書してなくて、体調不良を感じる。

続きを読む

スポンサーサイト

月刊オススメの本2017年3月号まとめ

月の影 影の海 〈上〉・〈下〉―十二国記 (新潮文庫)
 異世界召還物だが、異世界転生物といえなくもない。十二国記をついに読みました。正確にはこの巻だけ十年ぐらい前にこの話だけ読んでたんだけど忘れていた。というわけで、完全に新作を読むスタンスで読めた。
 予想外に過酷なお話ですね。
 普通の高校生だった陽子は異世界の妖魔に襲われ、謎の男に助けられる。そうして、半ば無理矢理、異世界に連れてかれるんですが、謎の男が案内してくれるかと思ったら異世界であっさりはぐれやがって一人放浪する羽目になる。出会った人には売り飛ばされそうになったりとか、騙されたりしまくって陽子はどんどん人間不信になっていく。
 10数年新作を待ちわびている人間がいたくらい人気の作品だけあって、何一つ隙がなく面白い。もう勢いで全部買って読んでしまいたくなるのだが、十二国記は完結していないので、一ヶ月に一冊ぐらいの勢いで読んでいきたい。
 ラノベクラスタには、異世界を冒険したくなくなる異世界召還物として推して行きたい。なろう小説が流行っている今こそ異世界でチートするのとか嫌って層に売り込んでいきたい。続きはあと5年出ないかもしれないけど、切りの良いところまで読むという手があります。

夜にとろける
 志摩時緒先生のラブコメオムニバスだ! いやぁ、俺のラブコメの!をほとんど抑えられていて、最高です。美味しかった。ぐわー楽園なので刊行ペースが遅いのが辛い。いっそ雑誌追いかけようかと思うほど。すごい好きです!!

この音とまれ!
 ごめん、メガネくんはwikipedia読むまでもう一人のヒロインだと思ってました。序盤のヒロイン力の高さが半端なくてそのイメージを引きずっていた。最近の音楽系青春漫画はあたりも多く楽しい。さとわちゃんの絶対これラブコメする顔だろってデザインだけど、ジャンプの少年漫画らしく全然進展しねえ! 楽しいからええんやけど。

ファイアパンチ
 お、面白いんだけど何を書いてもネタバレになるので説明できん……あらゆる意味で展開が読者の予想を裏切ってきて、もはや読者は予想することすら許されないのかもしれない。えーこれどうなんの。

もののがたり
 お、オニグンソウ先生が男性受けしそうな萌え絵を描いている!? と驚きました。大変、内容も楽しく読めました。いや、1巻無料で読んだときは続きを買うかちょっと迷うって感じでしたが、5巻まで一気に買ってよかった。アクションは相変わらず良いし、コミカルなキャラクターは表情が変わるし、登場人物がそこそこ多いんですが、覚えやすい。
 物語が一つの山場を迎えているので、これから盛り上がるぞ! というところで終わっており続きが気になる。良い掘り出し物だった。

ショートケーキケーキ
 右ストレートな少女漫画な恋愛物。主人公が強い。堂々と「お前、私のこと好きなのか?」とか聞けちゃうあたり、パワーがある。
 頻繁にネコ目になったりとかして、主人公の絵柄がコミカル。恋愛で悩むのは攻略対象の役割なのだろうか。周囲の人間が近距離パワー型というか、変化球を投げられない人間なので、くるくる翻弄されているのも読んでいて楽しい。

ハリウッド・ノクターン
 安心と信頼の三門先生の推薦。エルロイの小説はブラックダリアを読んで「面白いんだけど、複雑で把握するのが難しく、大変」という印象だったのだが、これは短編集なので大変読みやすい。それでも流し読みはできず、しっかり読む必要はあったんだけど、覚えるべき伏線の量とか少ないのでなんとかなった。エルロイは長編が本領だと思うけど、まずは短編で慣れていきたいですね。じっくり読めるかなあ。

冴えない彼女の育てかた 12
 倫理くん、倫理くん、お前は人として最悪だこれー! 誰だよこんな人間をサークル代表にした奴は!? こいつ、サークルクラッシャーだろ!! サークル代表だから止められる人間がいねえ!? あとこれ、どっかで見たことあると思ったらこれcodaじゃん! やってること春希くんじゃん!
 前巻であんな甘いラブコメをしていた癖によくこんな酷いことができるなお前!
 ……と、これだけ罵倒しておいて感想が面白かったになるんだから丸戸史明の手のひらの上で転がされている気がする。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典8
 え、羊先生。真面目にリィエルをヒロインとして扱う気があったんですか。いや、3巻と4巻でヒロインに昇格したけど半分ぐらいアルベルトの活躍に取られてましたよね。え、どんどん空気化が進んでるルミアを差し置いてリィエルをヒロインとして扱うの?
 いや、今回はのんびりとした日常回でしたね。人間としての経験値の低いリィエルには日常こそが必要だったのかもしれない。なんかいつも通りに戦闘もありましたが、概ねリィエル成長回。
 体調が悪いときでもだらだら読めて、俺はこういうライトノベルが読みたいんだと改めて実感します。ベタでいいんですよベタで。

薬屋のひとりごと
 暇つぶしに読むのが楽しい。いや、正直寝る前にストレッチしながら読んでたのだが、話が短くてこれほど適した本はなかった。暇なときとか時間が空いたときに少しだけ読むという読み方に適しているので、とてもいい。

喧嘩商売 最強十六闘士セレクション
 喧嘩商売はこれから入れ!と円居先生が言っていました。実際、半額セールでもないのにこれだけの冊数の漫画が500円以下で買えて読めるのはすごい。このページ数はセールでもこの安さでこの量は読めないぞ普通。
 素手で最強の武術は何かという大会を有名な格闘家であるどっかのおっさんが開くわけですが、そこにエントリーされる格闘家達がどういう来歴で思いで参加するのか語られるのが、最強十六闘士セレクションだ! 大会は喧嘩稼業からなので、そのまま喧嘩稼業に行けばスムーズに読めます。てか、そうやって入りました。
 素手で最強の格闘技を決める大会なのに、このセレクションでは出場者として剣豪が出てきたり、裏社会の人間が武器あり殺し合いしたりするので、はっきり言って意味がわからないぜ!

Landreaall 29巻 限定版
 物語としては事後処理とかが多いので、今回の騒動はまとめ読みして読みたいところですね。
 それはともかく、特典がアニメですよアニメ。ドラマCDを全スルーしてきたけど、アニメは見過ごせない。キャラの動かし方とかニンジャがどんな動きをしているとか、見れて良い。楽しい。

星空のカラス 4
 今回の見所はペア碁。この流れで闇堕ち方面で成長するような葉月くんはもう更正の余地ないのでは? 他者を追い込んだりするのではなく、自分を追い込むほうに成長していくヤンデレなので、害はないんだけど、ぼくはそのわが道を進む愛を応援します!

家庭用事件
 ついに、ついに読んでしまった。この市立高校シリーズはものすごく好きでなんか辛いときのために一冊くらいはストックしておきたかった。今回も面白かったです。俺はミステリで困ったときにこれから何を読めばいいんだ……。
 というわけで激烈に面白い。コミカルで読みやすくスルスル読めて楽しく、ビターな苦味も程よく美味しい。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

4月に読んだ本

続きを読む

表紙とかのデザインも本に重要だよね

 ふと、俺は小説を読む際にそれほどイラストに拘らないのだが、イラストも構成要素の一つである。その点についても言及した方がいいのではと気付いた。イラストレーターなどデザインを考える人も、もっと褒められていい。特にこのブログではライトノベルをよく取り扱っており、ライトノベルにおいてイラストは超重要である。フルメタルパニックの最終巻のイラストによって泣いたのは今でも覚えているし、最近で言えば冴えない彼女の育てかた7巻で悲鳴を上げたし、作中のイラスト以外では、魔女は月出ずる魔女は月出づるところに眠るを最後まで読んだ後に口絵を読み返して口絵の意味に気付いたときはただでさえ感動で涙腺が緩んでいたところを更に押された気分であった。ライトノベルから離れても、例えばムーミンのキャラクターデザインの愛らしさと挿絵の素晴らしさは俺が今さら語る必要もないが語らないのも不自然だろう。
 
 さっきから、ライトノベルのイラストばかり語ってきたが、本というデザインそのものが素晴らしかったの本もある。特に挿絵というイラストだけではなく、小説の文章だけでなく表紙どころか本の余白なども含めた本を構成するすべてが素晴らしかったのはパトリック・ネスの『怪物はささやく』だ。ハードカバーの本はできれば増やしたくないのだが、あれは正直ハードカバーしか考えられないと思う。と書いたのだが今検索してみると、なんと来月には文庫化もするらしい。映画化の影響だろうか(これも今知った)。うーん、文庫でどんなデザインになるのか不安と楽しみがある。
 
 もちろん、素晴らしいと思う仕事以外にも最後まで読んで違和感を覚えるイラストもある。文章で喚起されるイメージと合っていないと思える本は多々ある。例えば汀こるもの『完全犯罪研究部』は文章では主人公は大人の美人教師なのだが、表紙を見てみると科学部部長ぐらいの幼さのあるイラストだ。これは2巻が出る際に講談社のwebサイトでもネタにされていた。ちなみに2巻では大人っぽさのあるキャラデザになっている。それはそうと完全犯罪研究部はめっちゃ面白いので2巻まで一気に是非読んで欲しい。
 表紙が素晴らしいといえば、『飛べない蝶と空の鯱』が大変良かった。鵜飼沙樹さんの仕事はどれも素晴らしいものだ。引越しの際に紙の本で読了済みで電子化もされていて手放す条件が揃っていたのに、このイラストはKindleで再現されない!!と手放せなかった。というか、今作品リストを見ていて思ったのだが自分にしては珍しくいわゆる絵師買いをしているイラストレーターである。鵜飼沙樹だからと意識して買っていることが多いわけではないのだが、鵜飼沙樹と気付かなくても読んでいた本がある。どうやら表紙には手に取らせる魅了の魔術でもかかっているのだろう。飛べない蝶と空の鯱がめちゃくちゃ面白く今でも続きを待っているし、うつの辛い時期を助けてくれた最高の作品だったことも影響しているのかもしれない。画集とかでないかな。
 
 イラストが素晴らしいということは多く感じるというか、もはや商業の表紙やパッケージで一見してクオリティが低いと感じるイラストを見かけることが少なくなった。あらゆる点においてクオリティが上昇したのだろう。そんな時だからこそ、改めて意識して商業の表紙とかの良さを味わってみるのもいいんじゃないかと新潮文庫nex創刊インタビューを読んで感じたのだった。
 
 

月刊オススメの本2017年2月号まとめ

機甲狩竜のファンタジア2
 なぜか一巻の感想がブログにないことに気付きました。あれ、おかしいな。書いた記憶があるんだけどな……。まあ、いいや、剣と魔法のファンタジーに戦車という近代兵器をぶち込んで、そもそも戦車ってなんだ誰も知らないぞ……というところで試行錯誤から始まるのが楽しい一巻でしたが、二巻では効果的な運用方法でダンジョン攻略に挑むことになります。
 ネタバレすると今回は複数パーティのレイドダンジョンの攻略のため、食料などを多数搭載して輸送任務。当然、戦闘もあるよ。剣と魔法の世界において戦車による輸送はチートすぎますね……。

永遠の薔薇/鉄の貨幣
 数年前うつの影響でめっきり思考能力や記憶能力が低下して以来、俺は理解しなければいけないということに拘泥しすぎていて、理解できないものを読まなくなっていたんだけど、理解しなくても楽しいものは楽しいんだよ。
 詩集って理解できないんだけど、ボルヘスの詩集は読んでいて肌に合うので、全部読むつもりです。

ラストゲーム 11
 ついに完結! 忙しくてドラマCD付き特装版が買えなかった事とか、完結してしまうのが悲しくて悲しくて読んでませんでした。ついに告白! 結婚! やったね柳くん!! ほんと、長かった。柳くんが墓穴掘りまくってるせいとかあって、面倒なことになってましたね。途中でだらだらとすることなく、11巻で短めに綺麗にまとまって良かった。少女漫画を読むようになったばかりの頃に手を出したシリーズだけあって感無量ですね。
 今からでも遅くないからアニメ化しませんかね。

英国マザーグース物語―婚約は事件の幕開け!
 婚約者と正式な婚約発表まで会いたくない! 正式発表までの間は自分のやりたい新聞記者の仕事をする! と男装して新聞記者見習いとして働き始めるセシル。
 その事を馬鹿正直に兄ダニエルは親友兼妹の婚約者のジュリアンに打ち明ける。そして、堂々と苗字を偽って会いに行き一緒に働くことになるジュリアン。
 大雑把に説明するとこの二人がマザーグースの歌をきっかけに事件を解決していきながら絆を深め合っていく物語です。主人公のセシルは男装しているという前提なのに、堂々とジュリアンが口説いているのはなかなかすごいですね。セシルは男装もバレてないという思っているので、ジュリアンの言動を都合よく解釈して流しているんだけど、それをわかっていてゆるやかなアプローチをかけ続けていくのすげーな。
 堅物扱いされてるダニエル兄様だけど、周囲に振り回されながらも許容している姿を見ていると柔軟な人物に見える。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー