お嬢さんとコクソン観た

お嬢さん観た
 パク・チャヌク監督の映画お嬢さんを観ました。原作であるサラ・ウォーターズの『荊の城』が原作だそうですが、いろいろなフォロワーの話を聞いているとだいぶ別物っぽいらしいので、原作は無視して観ました。
 いやあ、すごい直球の女同士の恋愛でしたね。ミステリサスペンスでとても良い話でした。レンタルショップで探すのに苦労しましたが、とても面白かった。うーん、良い……。
 ネタバレに配慮すると何か言えないんですが、これとコクソンを見て私は人間不信になりそうなラインナップだなと思いました。いいね!

哭声/コクソン観ました
 哭声/コクソンはとても良いホラー映画ですね。韓国という舞台は映像作品では馴染みがないので、映像風景が新鮮です。ホラー映画で謎の奇病! 韓国独特の儀式! が観れる! 怖い! という以上の情報を仕入れてなかったんですが、警察官のジョングが自分の住んでいる田舎の村で家族を虐殺する謎の奇病が流行る……いろいろと狂言回しがあり、ジョングは山の中にいる日本人が怪しいと思うように……となるのですが、素晴らしい。
 ジョングは娘がおかしくなっていくのを見て余裕を失ったり、あいつが怪しいという人々は複数いる。誰を信じればいいのか? という状況に追い込まれていくし、誰も信じ切ることができない。娘を失うかもしれないという恐怖。集団ヒステリー。山の中の日本人の演技。なかなか怖い。テンション上がるね!
スポンサーサイト

ドント・ブリーズ観た。

 ホラー屋敷物の映画ということで、どんな幽霊とかクリーチャーとか出てくるんだろうと思ったら、特にそのようなことなく、盲目の元軍人こそがホラーモンスターだった!!

 というわけで、壁伝いに歩いたりするしかない音を聞いておおよその位置を察するしかない盲目の元軍人のおじいちゃんから、ロッキー達三人の盗人はおじいちゃんに見つからないように、お金を盗んで家から脱出しようと頑張るのが本作です。ロッキー達は基本的に盗みに来ているだけなので、殺しとかはしたくない。

 これ、すごくゲームを感じさせる映像作品で序盤がスニーキングミッション。田舎の元軍人の家という、それほど広くなさそうな場所でありながらも次々とステージが変更されていき視聴者を飽きさせない。後半には犬も登場して怖い。

 人間には無限の可能性があるということを感じさせてくれる映画だった。

最近見た映画とか

ウィロー
 ホビットみたいな小人とダイキニの冒険譚。集中できなかったが面白い。赤ん坊が小人族で育てられて~という話かと思ったら、赤ん坊を捨てに行ってそのまま冒険譚に、小人族が可愛い。

フォースの覚醒
 カイロ・レンくんが可愛いとは聞いてたけど、最初はちゃんと悪役してたかと思ったら途中から癇癪を起こしたりとなかなか味が出てきて、素顔を晒してから急速に可愛くなっていった。

2017年に読んだ本

続きを読む

読書日記0307

 ついに、ぼくのブログがブログ名でググっても出なくなったぞ!(挨拶)

 というわけで、まじめに更新しようと思いました。いえーい!
 それはともかく、最近、9Sの新刊が出ないのは売り上げの問題であると知りました
 明言はされていませんが、売れていないわけではないけど、これ以上続けると売り上げが赤字になるのでストップしたという状況っぽいですね。定期的に新刊を出すことは売り上げ効果が高いと聞きますし、実際、数年ぶりの新刊って気づきにくいんですよね。Webサイトを毎日更新している間は毎日見ても、一週間、一ヶ月と更新頻度が下がると数ヶ月みなくなることってありますよね。特に9Sは10巻からイラストレーター交代ですし、さらに9Sの10から11が3年期間が空いていますので、慣れ親しんだイラストレーターでもないので、本屋でぱっと見ても気づかないこともあるよねえ……。

 悲しい話は置いておいて、読書日記。本日の読書というか、本日はテレビアニメも絶賛放映中のBEATLESSの設定資料集サイトことアナログハック・オープンリソースを紹介します。いや、めちゃくちゃ面白いんですよ! いや、これを読まなくても原作を読んだりアニメを見るのに支障はないんだけど、用語の言葉選びがいいし、説明文がべらぼうに面白い。物語性が強いわけではないんだけど、SFとしてめちゃくちゃ面白い。ていうか、さらりとIAIAは急速に、「人間というセキュリティホール」をついて情報を集めることを始めます。とか書かれたりしてるんですよ!? 用語の時点で言葉選びが良いのはわかってたんだけど、設定資料集でもこういう言葉選びが良いんです。しかも、軽く流し読みするだけで(といってもかなりの量だが)一気に作品の理解度が跳ね上がるし、とても面白い。最高。
プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー