ミステリってなんだろう。

 ミステリー小説が何なのかわからない。

 主に私のミステリ遍歴がおかしいというか、どうもミステリファンから見て一般的なミステリを読んできてないらしいからか、ミステリというものがよくわからない。読者を騙すために作者がトリックを使う。事件(主に殺人)が起きて探偵が謎を解くという王道なミステリは分かりやすく納得できる。特に読者への挑戦がある本格ミステリではわかりやすい。読者が推理するために必要な情報がすべて揃っているからだ。
 しかし、世の中には変なミステリも多くある。殺人事件の謎に対する解答が「被害者達は何百年もある宗教団体の一員で誰も見ていないタイミングで全員が自殺した」とか、「トンネル効果で透過して兜の中に入り込んだ」とかちょっと常人には理解し難い答えもある。この国の警察はそんな妄想としか思えない推理に納得して犯人を逮捕するのか? と凄まじい違和感がある。他にも死体が目の前にあるのに視点人物の目には見えていなかったとか、この土地には独自の病気があり幻覚を見ることになってしまうとか被害者がループしていて未来の情報を知っているとか、切り裂かれたような傷が出来たのは次元の狭間がウンタラカンタラとか、超展開なオチのお話は結構あるようだ。
 正直、同じミステリという土俵で語っていいのかなあと思うんだけど、「ミステリじゃなくね?」と一言つぶやけばどこからともなく「まずはミステリの定義を話すところから始めようか」とミステリおじさん達がやってきたり、集団でめっちゃdisられたり、○○を読んでから語れと山のような古典ミステリを持ってきたりする。ミステリ読みは恐ろしい。
 そもそも何が語りたくてこんな日記を書き始めたのかだいぶ分からなくなってきたが、変なミステリばかり読んできたからか何がまっとうなミステリなのか、ミステリとして素晴らしいというのはどういうことなのか、ミステリとそれ以外の境目などがまったく分からない。ジャンルなんて気にしなければいいという意見もありそうだけど、ミステリって魅力的な謎とその解法を楽しむものだと思うので、やはりジャンル特有の面白さを味わいたい。
 
 まあ、つまるところミステリってどんなものから入っていけばいいんですかね。感想ブログとかはネタバレが怖くて読めないし、島荘全巻とかそんな大雑把に言われると初島荘が評価の高い異邦の騎士みたいなことになりそうだし、あと全巻読めだとほんと何から読めばいいか迷って読めない。どんな風に読んでいけばいいのか、悩んでる。このミス上位でも読んでいけばいいのかなあ。
スポンサーサイト

復刊して欲しいライトノベル○選

 またしてもオススメのライトノベルn選というのが話題になっているらしい。旬は過ぎたようだが。

 ここ最近はライトノベルとかあまり読んでないし、同じことをやるのもめんどくさいので、今度はあえて古い方向でいこうと思う。ズバリ、個人的に復刊して欲しいライトノベルn選だ。

>
安井健太郎『ラグナロク』
古橋秀之『ブラックロッド』
古橋秀之『斬魔大聖デモンベイン』
秋田禎信『エンジェル・ハウリング』
くげよしゆき『セルロイドヘヴン』
中村恵里加『ダブルブリッド』
高瀬彼方『『ディバイデッド・フロント』
枯野 瑛『銀月のソルトレージュ』
山本弘『サーラの冒険』
水野良『ロードス島伝説』
川口士『ライタークロイス』

一言コメント付けようかと思ったけど、テーブルタグ打つのがめんどくさい。改めて書きだしてみると意外と絶版になってない。オススメなんだけど最近ちょっと入手が大変になったので、皆さん頑張って古本屋をまわってくれ。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ヤドンの生態まとめ

 今回は、ヤドンについて語りたいと思います。既にTwitterで語ったけど、改めて語り直したいと思います。

 おそらく僕と同世代の方ならヤドンという生物が何なのか、知っていると思います。知らない方について簡単に説明すると、ポケットモンスターに出てくる水・エスパータイプのポケモンで、ヤドランかヤドキングに進化させることができます。分類ではまぬけポケモンという非常に不名誉な分類になっています。

 しかし、まぬけポケモンという分類をされるのも仕方ないことでして、ヤドンは基本的にボーッとしており、エサを取るためにしっぽを使って釣りをしているのにも関わらず、何をしているか忘れて1日を終えることがあるようです。ヤドンがしっぽを使って釣りをしているのは、動きが遅く運動が苦手なこと、しっぽの先から甘みがにじみ出てくること、しっぽに痛覚がないないことが理由として挙げられます。

 ヤドンは進化するとヤドランになります。進化方法としては、ヤドンの釣りの途中に偶然シェルダーが噛み付くと進化します。この時、シェルダーは二枚貝から巻貝に進化します。もし、このしっぽに噛み付いているシェルダーが取れた場合、ヤドランはヤドンに退化します。しかし、シェルダーはヤドンのしっぽからにじみ出る甘みが好物のため離しません。とはいえ、ヤドンのしっぽには栄養がないため、シェルダーも食事を摂る時はおそらく離すと思われます。ポケモン図鑑にも「シェルダーはヤドンのたべのこしたものをエサにしていきているという」という記述があります。他にも、戦闘中に外れるとヤドンに戻ってしまうため、ヤドンを使うトレーナーの方は注意したほうがいいかもしれません。
 ヤドランの特徴としては、もともとにぶかった痛覚がもはやない、泳いでエサをとることが挙げられます。痛覚がなくなった原因は噛み付いたシェルダーがから出る毒素が原因です。シェルダーは水タイプですが、わざマシンでどくタイプのわざを覚えられるので、シェルーダに毒素があるのは不思議ではありません。泳いでエサをとるのは、単純にシェルダーがくっついているため、しっぽで釣りができないからのようです。

 ヤドンの進化した姿にはもう一つ、ヤドキングというのがあります。これはヤドンの頭にシェルダーが噛み付いた場合に起きる進化です。一体どうやったら頭に噛み付かれるのか謎ですが、もしかしたらどこかのトレーナーがシェルダーに「からではさむ」を使わせた時に、偶然生まれるのかもしれません。ヤドキングはヤドン、ヤドランと違い高い知性と閃きを持っています。これはシェルダーが噛み付いたときに頭に染み込んだ毒素が原因とされており、あくびをするたびにシェルダーから流れこむ毒素で知性が高まっていくようです。その知性の高さはノーベル賞受賞の科学者であり、ヤドキングは世界の不思議を解明するために毎日研究しているようです。外れたら全部忘れるみたいですが。ヤドキングはどんな時でも慌てず、騒がずにのんびりとしています。のんびり屋なのはヤドンと一緒ですね。
 外れたら全部忘れるということから、ヤドキングもシェルダーが外れた場合はヤドンになるものと思われます。もし、シェルダーが噛む場所をしっぽに直したらヤドランになるかもしれませんね。ヤドキングに関する記述にはシェルダーに触れられているものが毒素以外にないので、シェルダーのエサをどうしているのかは謎です。ヤドンの頭が噛んでいて美味しいとは考えにくいので、ヤドランと同じで食べ残しを食べているとは思えません……不思議です。

 ここまで読んでくださった皆様へ最後にお願いがあります。ヤドンは警戒心の薄い生き物であり、珍味であるしっぽを取るために近年ヤドンの密猟事件が多発しております。ヤドンにとってしっぽは生きていく上で重要なものです。もし、ヤドンの密猟をしている業者や悪の組織を見かけた方はぜひ、ヤドンの会までご連絡お願いします。

テーマ : ▼ゲームの話
ジャンル : ゲーム

秋刀魚侍

 俺はがれ、秋刀魚使いだ。この腰にさしている秋刀魚はもう四人も切った名刀「旬」という。これを手に入れてからまだ一週間だが、もう他の刀を使う気がしない。だが、最近少し切れ味が落ちてきた気がする。臭いも少し変だ。まあいい、今日の獲物もやってきた。まずこいつを斬ってから考えよう。

 「覚悟!」そう叫んで、俺は斬りかかった。しかし、なんということだ! 俺の秋刀魚は相手に触れた瞬間、二つに折れてしまった! あまりの衝撃に呆然としていた俺は、そのまま相手に斬られてしまった……。

 意識が薄くなっていくなか、俺は理解した。もう、秋刀魚の旬の時期は過ぎ去っていたのだと……。

 終わり

続きを読む

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

心の叫び(訂正版)

 なんか、ツイッターで叫んだら意外と好評で、しかも理解をしてくれた方が多かったのでここにも書いておく。

 ずっと思っていたことを言わせてもらう。和装少女はミニスカじゃだめなんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!! それじゃ、和装の最大の武器であるお淑やかさが出ない! そういうのは、イメクラでやれ!!



 イメクラでやれは言い過ぎかもしれませんが、本心です。和装にも独特の色気がありますが、それはミニスカとは違うんですよ! ミニスカの魅力は普遍的なものですが、ミニスカによって和装の魅力がなくなってしまうのは悲しいことです。着物がはだけた時のエロスは、基本的に見えない物だから生まれるのであって、階段とか歩いてたら見えるかもしれないミニスカじゃあ、出てこないんですよ。

 あ、メイドさんは主人の意向が絶対だったりするので(現実でのメイドさんは置いておく)、主人の好きな服装を着るのも仕事ということにして、ミニも認めることにします。いとしいさかなPも、「昼はロングで奉仕、夜はミニで奉仕。これで完璧です」とか言っていた記憶があります。
プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー