最近の燃えゲーの感想とか

 燃えゲーリストは作ったもの個別でやってないよなあと思ったので、簡単な紹介と感想。ここ数年でやった者に限ります。

相州戦神館學園 八命陣
 良し悪しがはっきりしすぎている作品。ある程度ブランドのラジオやインタビューやTwitterでシナリオライターを知っていると、ある程度は作者の主張を感じてしまいうぜええええと思い辛いところも多かったですが、それでも、それでもシーン単位で見るともの神シーンも多くて、そこはすごいんですよ。だいたい大杉栄光関連が良い。ほんと素晴らしい。
 一部の能力の発動に条件があるんですが、基本後出しジャンケンなので、戦闘の面白さは半減しています。それでも、ヒロイン以上にキャラが立っている敵キャラとか良い。細かいことは良いんだよ!と言わんばかりの概念能力一切なしの巨大な力の塊である空忙とのバトルで主人公達が追い込まれていくシーンとか、良いですよ。
 戦闘がまったく面白くないボスでも、キャラとしてはめちゃめちゃ好きみたいな作品は珍しい。

相州戦神館學園万仙陣
 上に書いた戦神館の続編。前作の不評だったところを全部排除。良かったところは更に良くなって、俺達が見たかったものを見せてくれる! 正直、カッとなって買っただけであまり期待していなかったんですが。予想の三十倍は面白かった。正田作品の中でも上位の出来だと思っています。これで続編じゃなければ周りに一生懸命布教しているんですが。
 まさかシナリオライターがネットの評価を見て、不評だった部分を修正して見たいものを見せて、これが見たかったんだろ!って殴りかかってくるとは予想外だった。これを一年で、作ったかと思うとちょっと天才かもしれないと思う。
 バトルは最大の見所である新生逆十字戦は処刑シーンと救済シーンのカタルシスを両立させたのがほんと素晴らしい。過去編の他勢力混在バトルは既に全員の能力をプレイヤーは知っているので、どう扱うのかに注目できて良かったし、どの勢力も半端ねえと思わせる熱い戦いでした。仲間同士での殺し合いはとにかく栄光が格好良かった。
 一番のお気に入りのバトルはすべての攻撃が範囲内の誰かにランダムで直撃するという能力を持つ敵との戦い。この戦闘は友人や知り合いが敵に憑依されている状況で始まるので、敵味方の誰に当たっても回復しなくてはいけないという凄まじく悪辣な戦いで実に良かった。
 俺みたいに前作で不満を持った人に向けて作られているので、前作に不満のある人は是非プレイして欲しい。前作に不満がなくても、正田の書く熱いバトルがとても良いので、是非プレイして欲しい。前作から二年経ってるので前作の記憶がなくなってきた人もいると多い思いますが、記憶が怪しくても問題ありません。覚えておく必要性があるのって栄光が最後に何を捧げたのか、鳴滝の恋愛の決着と逆十字の末路といった記憶に残るシーンだけですからね。どうしても気になるなら正田崇のwikiを読めば問題ないです。
 最後に一応重要なことなんですが、日常パートも意外と面白くシリアスとのバランスが良かった。これは今までの正田崇になかったものなので、今後は現代異能が期待できるかもしれない。

Zero Infinity -Devil of Maxwell-
 なんか妙にdisられてますが、ラスボスと戦うルートは普通に熱いし、楽しいので僕は大変楽しめました。シーン単位の質は高いし、何よりラスボスとか敵キャラクター(男)が魅力的。
 担当したシナリオライターの質の差が明確なのでラスボスと戦わないルートというかヒロインのうち二人に魅力を感じないしバトルも微妙です。まあ、ぶっちゃけ片方やってればもう一人は別にやらなくとも問題なくラスボスルートを楽しめるので。
 劣化版Diesと言われたら否定できないくらい似通ってはいるけど、Diesとは違う着地点を目指していたことは好印す。
 まあ、キャラで言えばイヴァンが最高でしたね。戦争、闘争最高ー!ってバトルジャンキーで、自分も楽しみながらも一兵士として仕事を逸脱しない。上官に盲目に服従しているわけではないし、平和の素晴らしさを理解している。その上で自分はこっちが好きだと闘争を選ぶのが良い。

シルヴァリオ ヴェンデッタ
 なんかいきなり主人公による自分語りが始まりますが、それを乗り越えたところで始まる序盤の英雄の戦闘シーンがめちゃくちゃ格好良い。人気投票一位のヴァルゼライド総統閣下の戦いぶり。この作品、実は本編で一番楽しいのはヴァルゼライド総統閣下の戦闘シーンだったりする。
 もちろん主人公の戦闘シーンも面白いです。拗らせて歪んだ思想に相応しいひねくれた戦い方が面白い。体験版でプレイできる範囲でも、その戦い方は味わえますので是非。この主人公が王道から外れた戦い方をして戦えば戦うほど、ヴァルゼライド総統閣下の王道戦闘が光り輝く!
 もうちょっと詳しく語ると普通の人間には王道主人公みたいな不条理が使えないので、主人公のゼファーは持てる能力を駆使して相手を罠にはめたり、精神を揺さぶったり、行動を誘導したりと戦う。しかし、ヴァルゼライド総統閣下は王道主人公タイプなのでピンチになれば覚醒したり、戦闘中に成長とか、気合と根性で強くなる。理不尽の塊で熱い!
 やはり全体的に男キャラが良い。というか、男性の人間関係のほうが複雑に出来ているので面白くなるに決まっている。女の子は女の子でドS系母性ロリとかむしろ主人公をヒロインにする男気溢れるヒロインとかいて人気だし、良い子ですよ。
 これとZero Infinityをプレイすると高濱めっちゃDies Irae好きなんだなと感じますね。自分の好きな作品を自分の好きなように書けば別物になると、どこか海外の小説家が言っていた気がしますが、そんな作品です。
 友情物でたいてい腐った人の発言を見るとこいつらは友情であって性愛ではないんだ!と強く拒絶反応が出る俺でも実質セックスという言葉が浮かびましたが、まだ友情なので許容範囲だと思います。

ハロー・レディ
 復讐物。だいたいどのルートであれ容赦なく復讐していくのはなかなか見かけない。暁WORKSのこのラインでは一番面白かった。グランドルートが駆け足だったことを除けば、満足ですね。うーん、これ隠しボス戦はトゥルーで別に用意した方が良かったのではないのだろうか。
 ネタバレすると面白さが半減するので語りにくい。主人公が気に入らないとほんと楽しめないと思うくらい存在感あるので体験版を事前にプレイして欲しい。人気投票一位の主人公は伊達ではない。
 いやあ、憎悪と怒りをもってちゃんと復讐してくれる復讐物はいいですね。

ソーサリージョーカーズ
 体験版をプレイして合わなかったら合わないので諦めましょう。日常シーンでも非日常でも「え、お前がそれを言うの?」というツッコミどころが多いです。センリさん格好良いと思えない人間がプレイしても不幸になるだけです。もう一人の主人公のハルトラマンはフェアの概念がおかしいとか、ツッコミ所しかない奴なので盛大にdisると楽しいかもしれません。
 なんか褒めてないんだけど、狂言回しのルゥは良かったし、センリさんが兵器をぶち壊すシーンとかは良かったです。
スポンサーサイト

燃えゲーマーのための一覧表(暫定版)

 注意:この一覧は本当に燃えがあるゲームを挙げているだけなので、作品としての出来は微塵も考えていません。俺が独断と偏見で選んだものなので、当然俺がやったものしか書いてありません。

 Dies irae~Acta est Fabula~
 PARADISE LOST
 刃鳴散らす
 装甲悪鬼村正
 機神咆吼デモンベイン
 Phantom INTEGRATION
 鬼哭街
 吸血殲鬼ヴェドゴニア
 続・殺戮のジャンゴ ─地獄の賞金首─
 塵骸魔京
 機神飛翔デモンベイン
 月光のカルネヴァーレ
 CHAOS;HEAD
 スマガ
 スマガスペシャル
 あやかしびと
 Bullet Butlers
 クロノベルト ~あやかしびと&Bullet Butlers クロスオーバーディスク~
 蠅声の王
 勝 あしたの雪之丞2
 戦女神ZERO
 天ツ風 ~傀儡陣風帖~
 大番長 Big Bang Age
 ランスⅥ~ゼス崩壊~
 夜が来る! -Square of the MOON-
 アトラク=ナクア
 闘神都市2
 赫炎のインガノック -What a beautiful people-
 ANGEL BULLET
 CANNONBALL~ねこねこマシン猛レース~
 Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~
 11eyes -罪と罰と贖いの少女-
 車輪の国、向日葵の少女
 永遠のアセリア-The Spirit of Eternity Sword-
 月姫
 歌月十夜
 Fate/stay night
 Fate/hollow ataraxia
 マブラヴ オルタネイティヴ
 朝の来ない夜に抱かれて-ETERNAL NIGHT-
 AYAKASHI アヤカシ
 AYAKASHI H
 うたわれるもの
 黒と黒と黒の祭壇~蠱毒~
 MARIONETTE~糸使い~
 Min DeaD BlooD ~支配者の為の狂死曲~

 
プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー