月刊オススメの本2016年10月号まとめ

ロクでなし魔術講師と禁忌教典シリーズ(6巻まで)
 間違えてコミックを買ってしまった時は大変辛かったですが、書い直してもちゃんと元は取れたと思うくらいは面白くて良かった。大当たり。王道は面白いんだというのを地で行く作品。だいたい予想がつくのに面白い。
 主人公グレンはロクでなし扱いされていますが、どちらかというとガキっぽいという表現が正しいと思う。好きな女の子に素直になれないツンデレっぷりを発揮する(5巻回想)とかお前は子供かと言いたい。
 講師としてやる気を出す過程とか、戦闘が始まる原因とかルミアちゃんがヒロイン力高いです。僕は清楚系ヒロイン好きなのでルミア派です。出番で言えば圧倒的に多いにも関わらずかませ感溢れるツンデレの白猫なんて、一巻ではバトルヒロインを担当したくせに後からやってきたヒロインにバトルヒロインの座を奪われるというかませ力溢れるヒロイン。フラグイベントが有効に機能してないので、そのままかませで居て欲しいですね!
 魔術講師としてのグレンは暗記するのではなく、どのようにして起きるのかひとつの魔術について深く学んでいます。そうでなければ固有魔法を作成できないので当然ですが、講師シーンはその世界について読者が一緒に学べるので楽しくないと辛いし、ちゃんと物語に繋がるという点でいいですね。
 戦闘はなんかもうすごい分かりやすいです。一巻のネタバレになるため伏せますが、主人公の固有魔法が判明した時点でかつてどのようにして戦ってきたのか分かるくらいです。2巻でかつての同僚が出てきた瞬間にかつてどのようなパーティー構成で戦ったのかすぐに分かると思います。
 ヒロイン達の制服がハレンチすぎる。

青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない
 前巻では究極の選択みたいなものを突きつけられましたが、今回は前回で失われたものを取り戻す物語となります。最終巻にふさわしく各巻にあったあれやこれやがあるからこそ、受け入れられる状況設定に各巻ヒロイン達の助けを借りて目的に辿りつきます。これ、第二部の予告読むまで普通に最終巻だと思いました。

剣と炎のディアスフェルド
 魔女は月出ずるところに眠るがめっちゃ面白かったので、作者買いした。兄王子を人質に出すことで戦争を停戦を終結するところとなったイアンマッド王国。国内では残った弟王子が他国からの謀略に対抗するために英雄振りを人質に出た兄王子は人質の身でありながら、あふれ出るその英雄振りで名声を高めていくという骨太ファンタジー。
 優秀な剣士であり、民を思いやり、兄を思いやるがゆえに優柔不断な面を見せる弟王子のレオーム。もどかしいと感じるものの、だからこそ、その人柄に惚れて周囲がついていくのも分かる好人物。これだけ書いて戦記物としても楽しいものが出来上がったと思う。
 それに加えて兄王子ルスタットの英雄譚もあります。人質という立場でありながらも、通行人から無茶なことを言って絞れるだけ関税をとろうとする悪漢を懲らしめたりと、この人は素で英雄振りが板についてるとなかなか今には見ないタイプでこちらも面白い。

赤髪の白雪姫 16
 電書になかなかならないのでつい紙で買って読んでしまった。木々さんの結婚話から不穏なことになってきました。ミツヒデとヒサメの間にある恋敵とのギスギスとした距離感が良い。登場人物は至近距離なので辛いでしょうが、安全圏から見ている分には楽しいですね。

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
 打ち切りの危機からこのラノ上位入賞で最近ではアニメ化も決定したというファンに支えられてここまで来ました感あるシリーズ。ごめん、実はまだ三巻までしか読んでない。ハッピーエンドを目指すのかなと思ったら全然そんなことなかったですね。決戦兵器は不幸少女にしか使えないので使えるということはつまり不幸になる運命とか酷すぎます。不幸少女マニアさんにオススメしたい。

そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐

 主人公の能力とやってることを見て、一瞬だけお前はZero Infinityのアポルオンかよ! と思いました。マイナーすぎて伝わらないと思いますし、たぶんググってもわかりません。
 気を取り直して。シェアードワールドって好きなんですよ。シェアードワールドって一つの世界でいろんな事件が起きていて、事件(作品)の数だけ主人公がいる。たった一人の主人公だけしかないのではなく、多数の主人公が大きな事件から小さな事件まで解決していく。そういうのがたまらなく好き。
 これは前を向き進み続ける人間を愛する主人公と前を進み続ける人間の歪さが浮き彫りになったところで終わっていて、そういうの良い。あとエロい。まさかここまで続くで終わるなんて思わなかった。ところで、このテーマってやっぱりZero Infinity というlightのエロゲに感化されてませんかね。

いつか世界を救うために -クオリディア・コード-
 神奈川編。初っ端に触れたものが触れたものなので、バトルを主軸にしていくとは思わなかった。いや、なんか普通に面白いし普通にヒロインの周囲は変態だしラノベって感じがする。ツンデレ主人公がデレるまでのお話としてなんか普通に楽しかった。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

月刊オススメの本2016年8月号まとめ

光の公女―グイン・サーガ(27)
 山賊になったり盗賊になったり概ね迷走していたようにしか見えなかったイシュトヴァーンがついに前進。悪堕ち街道も順調に邁進していて、愛嬌も備えているので無敵ですね。ぶっちゃけイシュトヴァーン戦記だけ読んでいたくなってきたぞ。そういえば、アストリアスはどうなったんだ。

楽園への清く正しき道程 庶民出身の国王様がまたご愛妾を迎えられるそうです
 先月は不眠の乱れが激しく大変でしたが、そんな中で、野村美月先生の本のお陰で乗り越えられました。先生のご本は不眠で疲れた身体にも染み渡り、切ないけども最後には温かい心持ちに慣れるので、眠れないというひとつのことでぐわんぐわんしている頭が切り替えられて大変助かりました。

星空のカラス
 旨いものを旨そうに食っていると自分も食べたくなるという話をどこかで聞きました。そんな感じに主人公が囲碁一直線で好きなのが伝わってきて、まったく興味のなかった囲碁に興味が出始めました。ヒカルの碁をスルーしていたのでルールわからないけど、なんだかすごそうだと伝わってきます。全力を出して考えることで辛くもあり、楽しくもあり、充実した人生はとても楽しそうだ。最近どうもそういったひとつのことに純真にのめりこむような時が少ないので、読んでいて眩しい。
 完結しているらしいので今度一気読みします。

ヤサシイワタシ
 生きるのに不器用な人間が読んでいてナチュラルに辛い。方向性としては「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」に近いんだけど、あそこまで特化していない。特化していないので、こういう人いるよねみたいな辛さがある。

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(4)
 野村美月さんの書く主人公はまるでヒロインだよなと思って、野村美月監修の乙女ゲーとかやってみたいなと思いました。いや、絶対面白いってキャラデザは竹岡千穂先生でお願いします。めっちゃ欲しいです。
 それはともかく、紆余曲折あってついに結ばれたんだけど、案外素直にくっつきましたね。流石に量思いだけあって早かったか。
 劇パートではここにきて今までモブだった子が良い味出してくるとは思わなかった。ライバル譲れない存在というのはいいよね。

Fate/stay night (Heaven's Feel) 1-2
 もともと最終ルートだけあって漫画化に向いていない気がしたんだけど、アニメ放送したし、隠さなくてもいいよね? と桜の現状をガンガン描写されていくとは思わなかった。まだ2巻なので勢いはないけれど、これを読んでおさらいしようと思ったらアレンジが利きすぎてて情報開示の順番とか全然違うものになってそうですね。

僕だけがいない街
 ループ物で未来のこと知っていても小学生の頃の詳細なんて覚えてないよとなるのが良い。過去に戻っても記憶がなければあまり行動にいびつさが出るよね。その他にもループで失った物をちゃんと描いているのがとても良い。
 物語としては誰か分からない正体不明の殺人鬼に対して小学生ができる範囲での対抗をしているのがほんと良い。ループして小学生になった主人公には小学生としての行動の制限がある。小さな行動の蓄積が防犯として機能し救われる。その後の対決なども含めて全体的に地に足がついていてとても良い。


東京レイヴンズ (14)
 エンジンを温めなおすところから始まるので、ちょっと序盤に入り込むのに時間がかかるけど、一度スピードを出し始めたらぐいぐい引き込まれて続きはまだか!となるので良い。これダブルヒロイン物じゃないけど、ダブルヒロイン物に対する新しい回答な気がする。

空色勾玉
 和風ファンタジーで有名らしい。聞き覚えのない単語を検索して呼んだので思いのほか時間がかかった。今はPCの前にいなくても分からない用語をググってはビジュアルイメージを補完できるので良い世の中。面白いと確信していたので数年間積んでいたけど、やはり面白かった。

BLUE GIANT
 好きなものをただ好きだといえるのは本当に素晴らしいことなので俺も見習いたい。個人的に音楽は聴くよりも読む方が好きだなと思う。そう思えるだけの読書体験ができているのは素晴らしいことなのかもしれない。

甘々と稲妻
 なんかほっこりする。疲れたときに読むと癒されるなあ。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

月刊オススメの本2016年1-5月号まとめ

 期間が空きすぎたのでまとめます。忙しかった。

蝉の女王
 とりあえずスターリングは全部買うなりして集めよう。サイバーパンクって良いよねえ。

赤い街道の盗賊―グイン・サーガ(24)
 イシュトヴァーンが順調に悪堕ちしている。でも、まだ人の心が残っているので苦しいね! すごく良い!! このまま暗黒への道を進んで欲しい……悪堕ち最高!!

冴えない彼女の育てかた (10)
 創作のためなら良い雰囲気で女の子と話していても、容赦なくぶった切って他の女のところに行く……2巻でもやっていたが、最低だぞ倫理くん! しかし、新幹線という限られた時間で共通イベント全女の子分の取材をしろって指示を出すディレクターも最低だ。
 実はこいつらが作っているゲームが安芸倫也の攻略方法であるのではという点については、同意すると共に大爆笑した。倫理くんは全員分のラブレターを作成するのか。
 ネタが分からなくても問題ないけど、気になって買いたくなるVita版のステマには悔しい。でも、買いたくなっちゃう。

アイドルマスター ミリオンライブ! 4 オリジナルCD付き特別版
 静香と志保。負けず嫌いと負けず嫌い。友人ではなくライバルという距離感がいいですね。この二人が友人になる瞬間が待ち遠しいけど、永遠のライバルというのもありだな。ライブシーンの躍動感とかすごいなあ。
 順調に次のステージへと進んでいく他の皆を前に、置いてけぼりな気持ちを味わったところで初めて自分は既にアイドルだと自覚する未来とか結構いいですね。

スコーレNo.4
 かつて、書店員さんたちの手でTwitterを使ってベストセラー小説を生み出そうという企画があった。そのベストセラー小説にしようとしていた本がこれ。実際にベストセラーになったかは知らないのだが、多数の書店員さんが推すだけあって大変に面白い本であった。
 何度も読み返したいとか熱中して寝食忘れて没頭したとかそういう本ではないけれど、読み終えてからもっと長く読んでいたかったと思う。作者の名前は覚えておきたい。


昨日まで不思議の校舎
いわゆる天使の文化祭
まもなく電車が出現します
さよならの次にくる<新学期編>
さよならの次にくる <卒業式編>
理由(わけ)あって冬に出る

 市立高校シリーズ。なんかもう既に書いてしまったので特に書くことは……あるか。葉山くんの恋愛模様とか最高に面白いよね! 柳瀬さんは一巻でこそ健気な印象を持てますが、二巻以降はパワフルにアピールしていきますね。
周囲も葉山くんが愛されていると理解していて、話が進むと風評が柳瀬さんのお気に入りから愛妾にクラスチェンジしているのとか最高すぎる。

レオ・アッティール伝 (4) 首なし公の肖像
 2巻以降に主人公がやりたい放題しすぎているので、政敵がすごい勢いで増えていく。そりゃあこんなことばかりしてたら後世に悪名が残りますよね! 異星を舞台にした架空の歴史小説を存分に楽しもう。面白かったんだけど、間が空きすぎて重要なネタバレしか書けないので読み直します……。

残穢
 一人暮らしの家で読むのも嫌だったし、だからといって外で読んで一人しかいない家に夜中に帰るのも嫌だ。読んでいて、そんな悩みを抱きました。
 この気持ちを一人でも多くの人に味わっていただきたいので、一人暮らしの人に送りつけるテロをしたいですね。
 読み手の日常に恐怖で侵食し日常生活に悪影響を与えるのはホラー小説として最高だと思います。

アヌビスの門
 時間旅行者が帰還できなくなると、お金も、コネも、なに一つ持っていないので、まずは浮浪者からスタートしなくてはならないという厳しい現実。これがライトノベルだったら身分の高い人間なりに拾われたりして、未来を知っているというアドバンテージを活かせるのだが、ティム・パワーズは全然優しくないので、そんな都合がいいことは起きず、主人公は乞食として成長していく……。その後に魔術師との戦いとか見所は他にもいろいろとあるんだけど、やはり一番は面白かったのはここかな。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

月刊オススメの本2016年6月号

とある魔術の禁書目録(4)
 十年ぶりぐらいの再読。いまさらだしネタバレには気を使わないぞ! 上条さんって完全敗北したことあったんだなあと感心した。やっぱり主人公の敗北シーンは好き。

ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち
 読み物として楽しいんだけど、それ以上に読んでるとTRPGを遊びたくなってくる。権力の有効活用やらでGMの想定を超えていくぞんざい勇者団。プレイヤーが楽しんでるのが伝わってくるのですごく良い。TRPGやりたい。


月花の歌姫と魔技の王
 ダブルヒロインなのにタイトルに一人だけしかヒロインが入っていない! それはともかく、HJ文庫で久々のあたり! レーベルカラーが合わないとか思っててごめん。水没したのを買いなおしてよかった。今度まとめ買いして読みたい。

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
 アニメ化してとらドラ・ポータブルクオリティでゲーム化しないかなと思うくらい良かった。わかりにくいかもしれないけど、ギャルゲーマーである俺の最高の褒め言葉です。メインヒロインひとすじでふらふらしないのが良い所でもあるんだけど、各巻のヒロインと主人公のやり取りもとても良くてカップリングとして美味しい。美味しすぎる。
 青春ラブコメだと思ってたら想定外の重い話になってきたけど、果たしてみんなが幸せになるハッピーエンドにたどり着けるのか。続きが気になります。

魔弾の王と戦姫6~11
 弟2部完! 続々と戦姫をたらしこんでいくティグルくんは良い主人公ですね。ラッキースケベを除けば気持ちのよい青年で好感を抱ける。一人で全部何とかしようとしないのも良い。個人的にこのシリーズは戦記物として戦闘能力で超人はいても、将としての超人は存在せず、戦術の欠点を協議して補っていくところが良いなと思います。他国の問題に関わりすぎだろ!って思ったらまさかの第三部への布石だったとは……今後の展開が気になりますね。

スピリットサークル 6巻
 最終回のラストを見た瞬間、これ最終巻じゃなかったっけと二度見して意味に気付いて感動した。連作短編みたいな漫画で、こういうのを俺はもっと読みたいと思う。

人という怪物
 男性の思考が垂れ流されて他人に聞こえてしまうという惑星でのボーイ・ミーツ・ガール。戦争を引き起こそうとする悪からの逃亡を書いた一部。独裁者との戦いを内部・外部から書いた二部。第三部は異星人(原住民)スパクルとの戦争。
 戦争を止めようとする者、戦争に勝って守ろうとする者、戦争で復讐を成し遂げたい者。視点人物が一人増えて全部の立場と思考に共感できるので、苦しさが倍増しで非常に良かった。お腹いっぱい。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

月刊オススメの本2015年12月号

闇の虹水晶
 ここまでどれを読んでも面白い作家というのはそうそう居ない。なんというか、文章というか描写がすごく良い。この面白さを伝えるのは文章をそのまま引用するくらいしか思いつかないのだが、どこを引用すればいいのか迷う。Amazonのほしい物リストを公開しているファンタジークラスタに誰かれ構わず送りつけたい。

モーテ ―死を謳う楽園の子―
 一巻で完結していた物語。その続きは主人公(視点人物)を変えてきました。
 十代のうちに自殺してしまう病『モーテ』というその病にかかった子供達が収容されるグラティアが舞台。前巻よりも病気について深く描写されます。そして、登場する人々の優しい。優しいからこそ苦しい。
 著者のファンにとっていろいろと既視感のあった前巻と違い。今回は完全にオリジナル。

狼の口 ヴォルフスムント 7巻
 今までは攻める側だったけど、今度は城を奪取して守る側に! なんか尋常じゃなく攻城兵器強いですね……。
 なんかこれを読んでいると物量と質も上回る軍を相手に天才的な軍師の活躍で倒す! みたいなものは夢物語だと感じますね。それはそれで面白いんだけど、たまにはこういう容赦のない物語も楽しみたい。
 それはともかく、死んでいるのにさらっと背表紙に登場しているヴォルフラム……。

問題児たちが異世界から来るそうですよ?
 第一部完結! なんかするする読めて非常に良かった。圧倒的な強さを持つ十六夜を純粋な戦闘能力で超える絶対悪アジ・ダカーハとの戦い。始まったと思ったらまさかの短編小説をぶち込まれたり……これはWebスニーカーの短編連載をちゃんと追って行けということなのか。
 それはともかく、もうこれラスボスなのではと思うくらい強いぞ。人間以外が相手だと相手の戦力に合わせて強化されて50対50にまで引きあがるとか無茶苦茶な能力。各階層支配者や元魔王も参戦して主催者権限による弱体化をルール使っているのに、全然弱くなってない。
 こういう無敵を誇っていた主人公を能力的に上回る事態。嫌いじゃないです。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー