FC2ブログ

夏休みに読みたいファンタジー!

 Hello! vtuberの本山らのさんとかその他、多くのライトノベルブログが、夏に読みたいライトノベルという企画をしているようです。

 【#20】【連動企画】夏に読みたいライトノベル おすすめラノベ紹介

 というわけで、おれも企画をパクってブロブを更新しようと思います。この記事は15分程度で書くつもりなので、やっつけです。

さて、夏休みに読みたいファンタジー小説!です。毎日40度近い季節です。この日本から離れたくなってきますね。つまり、今は異世界ファンタジーを読むべき季節と言ってもいいのではないだろうか……!

1.グイン・サーガ(現在169冊)
 既に8月を迎えているので、全部読むのは不可能だと思いますが、どこまで読めるか自分の限界に挑戦できると思います。この本を読み終えたその時、きっともう夏は終わっていると思います。あまりにも長過ぎる巻数に挫折する人が多数出ていますが、30年続いたシリーズを読むのは30年かける気持ちで読めば大丈夫です。傑作ですよ。

2.翼の帰る処全10+1冊
 流石にグイン・サーガは長いかもしれないので、2つ目は妹尾ゆふ子先生の傑作シリーズです。幻狼ファンタジアノベルスが廃刊になったときはどうなることかと思いましたが、無事ソフトカバーで再刊行されて完結してくれました。キャラクター小説としても、最高に面白いです。過去視の恩寵を持つヤエトが立身出世したり、竜種(王族のこと)によって振り回されているのを楽しむのも最高に楽しいんですが、過去からの伝言とか、歴史を紐解いて世界を救うために活動するのが、素晴らしい。神秘や歴史などの情報がスムーズに入ってくるので、楽しいです。

3.氷と炎の歌(現在10冊)
 どちらかというとゲーム・オブ・スローンズというTVドラマの方が有名かもしれない。原作とTVドラマの両方を摂取して過ごすのがオススメなんですが、他のことが一切できなくなったりもします。極上の小説と極上の洋ドラを摂取するので大変幸せです。原作である小説は完結していないのですが、めちゃめちゃおもしろいですし、TVドラマも傑作なんですよ。毎年小説の新刊が出る出ないでニュースになる(マジです)大人気シリーズ。TVドラマは完結予定です。
 本書の素晴らしいところは、それぞれ勢力に分かれて戦争をするのですが、どの勢力にも一人は好きになれそうなキャラクターが用意されていることですね。どの勢力にも感情移入ができて誰が勝つのか気になって仕方ない。

4.ミストボーン(全9冊)
 ブランドン・サンダースンの書いた傑作FT。1つ注意をしておくと早川のFTではよくあることですが、この本は翻訳される際に3分冊されているので、3冊読んでください。終の帝国における奴隷階級であるスカーの主人公たちが帝国を倒す第一部と、残った貴族達との戦国状態になる中、慣れていない議会制民主主義に右往左往する二部。邪神との対決になる第三部。どれも特に後半の怒涛の展開がものすごい圧力で、夢中で読んでいるうちに朝になっていました。「悪が勝利したらどうなるのか」という発想から成り立ったらしいので、圧倒的に不利な状況で足掻く物語です。

5.ムーミンシリーズ
 ムーミンは最高なので、読んでくれ……なんかTwitterで定期的にスナフキンの発言がRTされたりしてくるんですが、全部読んでくれ。児童向けであることは間違いないんですが、大人になってからハマった。ときどき無性に読みたくなるのがムーミンです。モランとムーミンの関係性とか最高なので、読んで欲しい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2017年に読んだ本で掘り出し物

 いま、2017年の年別ベストを書いているのだが、それはそれとして、年別ベストに入らなかったけど、これは掘り出し物だと思った物をまとめておこう。つまり、新刊とか読んだことない本でいいなと思ったものだ。もちろん、この中には年別ベストに入るものもある。
 ……気軽にコピペ削除してリスト化したら膨大なかずになって1日じゃ終わらなくて長く時間がかかった。年別ベストじゃないので読書メーターから貼っつけた順なので、コミックと混在しています。

ストライクフォール
 ロボットスポーツ物。想像力を駆使して読み続けたが、なかなか良い。

月とライカと吸血姫
 ロケット物。どちらかと言うと作るほうが好きですが、飛ぶのもいいよね。

アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover
 負けず嫌い! 努力! 友情! 良いですね。良いです……。

保健室の影山くん
 コミック。天乃忍先生の描くキャラは男の子も女の子も可愛くていい。

Just Because!
 二人の距離感!

りぶねす
 この幼馴染に萌えろ大賞2017を受賞しました。いや、良い。

初情事まであと1時間
 コミック。名は体をあらわす。いろんなシチュエーションです。当たり前だが主人公が毎回違うので、毎回丁寧にキャラ立てから何からして面白い。

公爵令嬢の嗜み
 異世界転生でもあるんだけど、その世界で生きてきた確かな実感があるので、なかなか良い。あと少女漫画的で努力をしつつ足りない部分を補助してくれる攻略対象もいて、いいです。

たったひとつの冴えたやりかた
 クールですね。いや、すごく良い作品だった。ファーストコンタクト物は好きですが、とても楽しい。

天使の歩廊―ある建築家をめぐる物語
 幻想小説。建物を異界としていて、とてもいい。日本ファンタジーノベル大賞受賞はもっと漁って見よう。

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集
 ロボット三原則の原点で既にロボット三原則の問題点が発見されている。読みやすいSFだったし、もっとSFを気軽に読んでもいいかなと思った。

裸足で、空を掴むように 梅田阿比短編集
 梅田阿比先生本格的に追いかけようかしらと思える素晴らしい短編集でした。

カードキャプターさくら
 すごく、希望に満ち溢れていて、眩しい。世界に認められているわけではないが、さくらちゃん個人は認めてくれる。ぼくたちは大人になっていくに連れて様々なものに縛られてありのままにみることができなくなっているのかもしれない。

黒い睡蓮
 圧倒的な職人芸なトリックですごかった。長いミステリは苦手だけど、読みやすいし、トリックはうわあああああああああああってすごい。

王様に恋した魔女
 声に出して読みたい本。様々な魔女の話で、こういう童話は好きです。

ワキヤくんの主役理論
 今思いついた今年のこのサブヒロインが可愛い大賞受賞です。さなかちゃんのちょっとした仕草から気になっている男の子ですという感じでとってもいい。美味しい。

蜘蛛ですが、なにか?
 コミック版。激烈に面白い……蜘蛛でありながらコミカルに動くし、ノリは軽いけど紙一重で生きてる。底辺からのサバイバルは読んでて楽しい。

紅霞後宮物語
 軍人から後宮へ……というか、さらっと皇后になったところから始まった。全然後宮に適応してないんだけど、居場所を自ら作っていくのがいいですね。あとこの夫婦、どっちも適度に酷い奴だ。

ようこそ実力至上主義の教室へ
 正直、衣笠がこんなまともに小説書けるとは思ってなかった。たぶん、主人公最強物になりそうだけど、脇を固めるキャラクターがいいですね。

女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」
 無限に復活する勇者は倒せてもうざい。それならば心を折ったり、懐柔する! 正しすぎる回答だ。面白い。

ヴィジランテ
 ヒロアカとリンクしてる! すげえ、自警団ヒーローなんだけど、ろくでもねえな勝手に活動するヒーロー。

約束の方舟
 いや、面白い。作者のSF小説は他にも中篇とかで読んでましたが、面白い。もっと早川で書いてくれてもいいのになあ。楽しい読書で夢中になれました。

長いお別れ
 エモいという言葉を理解しました。すごい、なんだこれ。文章がすごいし、展開もすごく、エモい。

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 外伝
 映画化もされましたが、純朴な人斬りおじさんと友情を築いた上で手酷く捨てる凜雪鴉のクソ野郎ぶり……これらの所業に本当に凜雪鴉には楽しめる以上の利益がないあたり、こう、純粋なクソ野郎だな。

ぼくたちのリメイク
 ラブコメがスピーディーで良い感じですね。タイムリープ前の年齢が28歳にしては女性の肉体に対する反応がおっさんくさいんですが、まあ、人間が中年になる早さ一定ではないからな。

足のない獅子
 おお、これは良い。軽く読めるスナック菓子みたいな作品。

青の数学
 数学楽しそう。いいなあ楽しそうだなあ。いいなあ。うらやましい。

ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争
 いや、すごく良いよ。面白い。

ななしのアステリズム
 最終巻が5人で仲良い表紙なのでハーレムでも作ったかと思ったら違った。気づいているけど、言い出せないとかそういう距離感がいいですね。

異世界修学旅行
 学生達が勉強の意義を学べる有意義な修学旅行だ……。若い子に読んでもらうと勉強の意欲がもてそうな気がするし、もう一度勉強したいなあと思える。するか。

翼の帰る処
 幻狼ファンタジアノベルスで有名なので5年以上前に買ってたんだけど、読む頃にはレーベルが消失した。ソフトカバーで復刊だそうですが、絶対書下ろしがあるパターンなので買いなおします。激烈に面白いファンタジー小説を読んだ。

天翔ける十字軍
 十字軍VS宇宙人。十字軍つえー!とげらげら笑いながら読んだ。

午後からはワニ日和
 ミステリで困ったときはこれからこれを読みます。良い……。

ゴブリンスレイヤー
 ゴブリンは弱いからこそ序盤の難所になっているというのは良いですね。

月とうさぎのフォークロア
 可愛い顔してるだろ。これ、極道モノのライトノベルなんだぜ……。躊躇のない暴力! 飛び散る脳漿!!

路地裏バトルプリンセス
 まあ、ストリートファイトなんて基本的に悪なんですよというのをまじめに踏まえたうえでの話しなので良い。

火星年代記
 SFっつーか、文学だった。面白い。

不在の騎士
 なにか小難しいテーマがあるそうですが、気にせずユーモア溢れるキャラと豪快なシナリオ展開にびっくりしよう。

魂を追う者たち
 ライトファンタジー。面白い。一冊完結なので、作者の名前を覚えて他も読もう。

五月の鷹
 ガウェイン好きなら読もう。

路傍
 治安の悪いハードボイルド小説回に来てカルチャーショックを受けている。お、面白い……。

甘々と稲妻
 なんか、身体がしんどいときに読むと味噌汁のように染み入る。

はねバド!
 意欲という才能をもった人間は強い。

恋は光
 幼馴染萌えだよ!って渡したら最後で殴られそうだが、まあ、理論は納得できるんだよな。うん。次回作に期待。

叛逆せよ! 英雄、転じて邪神騎士
 ただ、強いだけの感性が普通の人なので、目の前の非道を見過ごせないし、救えてしまう力があるので救ってしまう。普通の人なので問題を先送りにしてしまう。そうして、どんどん深みにはまっていく。

14歳とイラストレーター
 イラストレーターの生態がわかるので勉強になる。ただし、犯罪くさい。

救世の背信者
 頭空っぽにして読もう。

物理的に孤立している俺の高校生活
 異能力がぼっちの言い訳として機能しているのがいい。

アンデッドガール・マーダーファルス
 実質FGOでは? そういえば、青崎先生は喧嘩屋稼業とか好きだったなと思いだした。メフィスト賞みたいな本だ。

あげくの果てのカノン
 浮気SFコミック。浮気SFコミック。

失恋ショコラティエ
 コミック。テンションを下げたいときのコミック。どんよりとしよう。

リバース
 湊かなえというこのクラスになると駅の売店で売っているのがありがたい。旅のお供にイヤミスを。

潜熱
 コミック。悪いおっさんは好きですか。俺は好きです。

死神の館
 重々しい感じではないのだが世界がやばい。楽しかったのだが、体調が悪いときに読んだのでもう一度読みたい。

微熱空間
 コミック。うめ先生初体験。かわいらしいキャラクターをかわいらしく描く。王道だが、強い。

夜毎の指先/真昼の果て
 コミック。千石先生は全部買うと決めた。同性愛+異性愛モノと実姉弟モノ。どっちもそれぞれ一冊……いや、二冊分になるぐらい続いて欲しいと思うくらい良かった。

少女ファイト
 コミック。面白い。

All Out!!
 コミック。面白い。努力と根性があってもストレスは肉体にかかるので、やりたいけど、身体が拒否ってるというのが、厳しい現実という感じですね。

武装少女マキャヴェリズム
 コミック。この本を読んで実はしなこいっ!の連中が熊を倒せるレベルだと判明した。いや、意味がわからん。なぜ熊。

響~小説家になる方法~
 コミック。溢れ出る才能!! ぶっ飛んでいる行動!!

十二国記
 小野不由美って実は傑作しか書いたことがないのでは?

この音とまれ!
 コミック。楽器とか興味が欠片もないんだけど、青春漫画では好きです。

ファイアパンチ
 コミック。なんだかよくわからないけど、すごい。

もののがたり
 コミック。熱いバトルとコミカルなキャラクターとか良い。

ショートケーキケーキ
 コミック。近距離パワー型恋愛物。

ハリウッド・ノクターン
 エルロイは短編集で慣れておくといいのかもしれない。短編集でも気合を入れてじっくり読む必要性があるので、じっくり読んでる。

ゴールデンカムイ
 コミック。お、面白い。お金、ほしい。

鬼滅の刃
 コミック。なんだか独特の空気というか、なんか良い。

薬屋のひとりごと
 寝る前に寝物語としてストレッチしながらだらだら読むのに最適だった。ひとつひとつが短いのでいいね。

喧嘩商売 最強十六闘士セレクション
 コミック。このキャラクター紹介みたいな本で武器ありなんでもあり殺し合いがあるのに本戦では武器なしというのはちょっとよくわからないけど、とりあえず面白いですね。セールでもないのにめちゃくちゃお値段が安いので入門書として最適。

殺竜事件
 絶対に殺せないはずのドラゴンを殺した犯人を探すために旅をする。いや、それだけで楽しいでしょという感じだが、オチも含めて楽しかったです。

ゴーストハント
 おお、1巻では物足りなかったがこれは怖くて良い感じ。

Arknoah 1 僕のつくった怪物
 世界がすべて部屋の中で一部屋一部屋で違ったり、地面を壊せば下の階に繋がってたり、世界観が激烈に良い。

最果てのパラディン
 なかなか面白い。魔法使いのおじいちゃんがいい。

永遠の薔薇/鉄の貨幣
 詩集をはじめて読んだ。よくわからないが、ボルヘスの文章は読んでいて楽しい。

ゲーマーズ!
 3巻まで読んできりがいいのでこれで完結でいい気がした。上原くんがときめも感覚でフラグ調整しようとしてるのがいい。

北欧神話 (岩波少年文庫)
 北欧神話入門書。楽しい。

比類なきジーヴス
 ユーモア小説の巨匠らしい。時代設定が分からずちょい戸惑ったが、さくさく読めてよい。イギリスのユーモアはいいな。

最後にして最初のアイドル
 ワイドスクリーンバロックというらしい。楽しいを凝縮した感じでいい。そういや、紙で著作出たので買おう。ラブライブをまったく見ていなくても問題ありませんでした。

なろう小説を読んでみておすすめとか

 こんな記事を書かれてしまう程、悩んで悩んでなろう小説を読んで書籍作品を漁り読んで漁って気づいたのだが、これゲームで言うならいろんなゲームのチュートリアルをひたすらやる行為だったので、それは満たされないですね。ひとつの作品を集中して読んだほうがいいのでは? という気がしてきました。まあ、なろう小説は書籍化前提ではないからか、ゲームの体験版程、引きが強くなくてどれを継続するかの判断が難しいですね。途中をすっ飛ばして、中盤以降どうなっているのか把握するとか、会話文以外はスキップして読む、読みたいものを自分の中で言語化してキーワードでスコップするなど周囲からいろんなアドバイスを貰いましたが、まだまだ難しいです。
 そんな中で読んだ作品でもこれはというのを紹介していきます。

ワキヤくんの主役理論
 いきなりなろうではなくカクヨムからの刺客!というわけで読んだんですが、続きへのひきパートを除けば一冊完結ラブコメラノベのようにメインヒロインとの関係が綺麗にまとまっている。TLに流れてくるまでカクヨム掲載作品だって気づかなかったレベル。ラストの主人公の発言はもうこれは愛の告白だろ!と言いたい。でも、ぼくが好きなのは決して報われないであろうさなかちゃんなのだ。気になっている男の子に突撃するアクティブな行動力とそれを素直に出せないので隠そうとしつつも滲み出てくる好意。可愛い。
 ワキヤくんの主役理論は好きですが、ワキヤくんは現実に近くに居てほしくないライトノベル主人公の中でも上位に入りますね!

ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける
 学校ごと異世界転移。異世界に行ったからって学生生活で生まれた歪みがリセットされることはなく、協力しなければいけないことが分かっているけど踏み切れなかったり、生き残りは団結すべきだとけど、相手側のリーダーがリーダーなので敵対が視野に入るとかまとまらない感じ。
 そんなカースト物な部分を残しつつも、オークはガンガン襲撃してくるし、オークを殺して人間が死んで、仲間も死んだりと悲惨な戦いで主人公達はヒロインに依存したり主人公に依存したりと精神がちょっと変になってるし、いいね!
 全9巻完結済みというのも良い。まだ3巻までしか読んでないですが、素晴らしい陰惨さで楽しいです。

無職転生 ~異世界へ行ったら本気出す~
 なんかすっごい面白いらしいんですけど、特に何か読んでてすげーとは思わないんですが、なんだかんだで単行本未収録もあわせると20冊分以上は読んでる気がする。それだけ読ませるってことは何かすごいんでしょうね。なんか、面白いというか、面白いんですかね。主人公に好感を持ってなくて死んでもいいとすら思っているのに、20冊分ぐらいは読んでるだもんな。面白いよな。
 文章の情報密度が薄いので体調が悪くてもなんだかんだで読めるというか、体調が悪いと音楽聴きながらこれをひたすら読んでると意外と回復してくる。不思議。

転生したらスライムだった件
 2巻までしか読んでないんですが、モンスター物は進化していくのが魅力ですよねという楽しみ方を教授してもらってなるほどと思いました。1巻はほぼ概要レベルしか記憶に残ってないんですが、2巻は結構面白い。主人公達が住んで、他の勢力も多数いる大森林になんか異常なほど強いオークの群れが襲ってくる! 相手は魔王候補と目されるオークロード! こいつは強いし、やべーんだぞというのがめちゃくちゃ強調されるのでそれらを一掃する際の爽快感がいいですね。
 あとカタログスペック上は超強い能力を得ても、転生後はまだそんなに生きてない主人公は常識のズレがあって、そこが愛嬌として働いていていいですね。

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~
 異世界転生して知識無双するだけの知識があっても、体力・経済力・コネがないと何もできない中、それでも諦めずに地道に動いていくところです。地球では書痴であったが、異世界ではまだ幼年期の主人公は紙もお金も何もないところで、底辺から下克上を始めると言いたいんですが、ぼくが今現在読んでいるところでは下克上どころか、某アイドルグループみたいに物作りをしています。ないなら作ればいいの精神ですね。SF好きなので、短いサイクルで試行錯誤して物を作るのは読んでいて楽しいです。それにあわせて少しずつ異世界について読者も知識が深くなっていくのがいいね。一気に作品の理解度が跳ね上がるし、面白い。最高。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

読書日記0227

さて、最近読書感想文……というより、読書メモを書く必要性を感じる。特にうつがひどかった2012-2013年や2015年あたりに読んだ本を見ていると、驚くほど記憶に残っていないということがある。もちろん、面白かった本は面白いと覚えていたりもするのだが、稀に面白かったのかも分からないということがある。これは、まずい。本ブログは面白い本を紹介することを目的に動いているので、あまり面白くない本には言及できないのだが。iPhoneでメモるぐらいはしていこう。とはいえ、大半は忘れてもいいやと思わなくもないから、難しい。

 本日の一冊は『ぼくは異世界で付与魔法と召還魔法を天秤にかける』です。まだ読んでるのは3巻ですが、学校丸ごと異世界転移! いきなりオークの襲来! とてんぽよく絶体絶命のピンチになります。主人公がまず、自分をいじめているクラスメイトを殺害しようと落とし穴を掘って殺そうとするところから始まって、スクールカースト物っぽいんですが、殺意が高いです。オークが罠にかかって殺害するものの、レベルアップしてなぞのレベルアップ部屋でいろいろと質問して進んでいきます。生き延びるために、主人公は仲間を増やしていくんですが、オークたちは女の子を陵辱する(ヒロインは流石にされてない)し、女の子達は復讐に燃えているし、いきなり異世界サバイバルに突っ込まれた主人公は精神の均衡が全然保てないし(当たり前だ)、殺意の高い感じでいいです。
 陵辱物のゲーム系エロゲーみたいな世界観で、殺意の高い戦いが繰り広げられるので、いいですね。日本社会で生きてた若者達は一部を除いて全然適応できてないので互いに依存したりしていくのがいい。

表紙とかのデザインも本に重要だよね

 ふと、俺は小説を読む際にそれほどイラストに拘らないのだが、イラストも構成要素の一つである。その点についても言及した方がいいのではと気付いた。イラストレーターなどデザインを考える人も、もっと褒められていい。特にこのブログではライトノベルをよく取り扱っており、ライトノベルにおいてイラストは超重要である。フルメタルパニックの最終巻のイラストによって泣いたのは今でも覚えているし、最近で言えば冴えない彼女の育てかた7巻で悲鳴を上げたし、作中のイラスト以外では、魔女は月出ずる魔女は月出づるところに眠るを最後まで読んだ後に口絵を読み返して口絵の意味に気付いたときはただでさえ感動で涙腺が緩んでいたところを更に押された気分であった。ライトノベルから離れても、例えばムーミンのキャラクターデザインの愛らしさと挿絵の素晴らしさは俺が今さら語る必要もないが語らないのも不自然だろう。
 
 さっきから、ライトノベルのイラストばかり語ってきたが、本というデザインそのものが素晴らしかったの本もある。特に挿絵というイラストだけではなく、小説の文章だけでなく表紙どころか本の余白なども含めた本を構成するすべてが素晴らしかったのはパトリック・ネスの『怪物はささやく』だ。ハードカバーの本はできれば増やしたくないのだが、あれは正直ハードカバーしか考えられないと思う。と書いたのだが今検索してみると、なんと来月には文庫化もするらしい。映画化の影響だろうか(これも今知った)。うーん、文庫でどんなデザインになるのか不安と楽しみがある。
 
 もちろん、素晴らしいと思う仕事以外にも最後まで読んで違和感を覚えるイラストもある。文章で喚起されるイメージと合っていないと思える本は多々ある。例えば汀こるもの『完全犯罪研究部』は文章では主人公は大人の美人教師なのだが、表紙を見てみると科学部部長ぐらいの幼さのあるイラストだ。これは2巻が出る際に講談社のwebサイトでもネタにされていた。ちなみに2巻では大人っぽさのあるキャラデザになっている。それはそうと完全犯罪研究部はめっちゃ面白いので2巻まで一気に是非読んで欲しい。
 表紙が素晴らしいといえば、『飛べない蝶と空の鯱』が大変良かった。鵜飼沙樹さんの仕事はどれも素晴らしいものだ。引越しの際に紙の本で読了済みで電子化もされていて手放す条件が揃っていたのに、このイラストはKindleで再現されない!!と手放せなかった。というか、今作品リストを見ていて思ったのだが自分にしては珍しくいわゆる絵師買いをしているイラストレーターである。鵜飼沙樹だからと意識して買っていることが多いわけではないのだが、鵜飼沙樹と気付かなくても読んでいた本がある。どうやら表紙には手に取らせる魅了の魔術でもかかっているのだろう。飛べない蝶と空の鯱がめちゃくちゃ面白く今でも続きを待っているし、うつの辛い時期を助けてくれた最高の作品だったことも影響しているのかもしれない。画集とかでないかな。
 
 イラストが素晴らしいということは多く感じるというか、もはや商業の表紙やパッケージで一見してクオリティが低いと感じるイラストを見かけることが少なくなった。あらゆる点においてクオリティが上昇したのだろう。そんな時だからこそ、改めて意識して商業の表紙とかの良さを味わってみるのもいいんじゃないかと新潮文庫nex創刊インタビューを読んで感じたのだった。
 
 
プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー