平鳥コウ 『JKハルは異世界で娼婦になった』 読了

 なんか嫌な感じに話題になっていましたが、となりの801ちゃんの中の人というか、本人が話題になる前から絶賛していて、読んでみようと思っていながらもえっちな小説だよと言われると流石に店頭で買うのも恥ずかしくて電子書籍を買いました。

 まあ、実際はセックスを取り扱った小説であってえろい小説ではないのか。いやまあ、娼婦が取り扱っているので、パコパコとセックスするんですが、美少女文庫ではないのでセックスをねっとりじっとりと取り扱っているのではなく、娼婦の仕事だからとか作劇に必要な程度に書いている。

 まあ、そんなことはさておき感想ですが、非常に楽しかった! 本書はJKハルが異世界で娼婦になったというタイトル通り、JKの描写がしっかり息づいている。異世界において幻想を書くのではなく、女性への幻想をぶち壊す小説でした。電車内で読んだのでげらげら笑えなかったんですが、ハルのJKっぽい描写には笑わせてもらえました。あと物語をどう終わらせるのかと思ったらなかなか見事なワザマエでサクッと終わらせて長引かせないでいい感じの長さで終わりました。だらだら続けられそうだけど、続けなかったのはいいですね。

 いや、非常に良いですね。JKのハルは異世界で生き抜く方法が身体を売るくらいしかなかったので、春を売って生きていく。ハルちゃんは強く、明るく、たまに娼婦とか嫌だこの世界はクソだと思っていながらも、文句を言いながらも異世界で生きるという新しい現実をみて、強く生きていく。仕事で性を売っている彼女はサービスで気持ち良いとか言うし、あいつは下手くそだとか思ってても言わないプロ。プロなのでレイプ紛いのことをされても、仕事として受け入れるし、ちゃっかり追加料金をもらう。軽いノリでありながらも、強い子だなあと思う。
 もともとオタク気質ではない彼女は異世界転生とかのお約束とかを知らないし、興味もない。オタトークをする相手にキモいなと思う。そういうことが赤裸々に書かれるので、なんかフィクションでくらいは女性に幻想を抱きたい人間にはオススメしないですが、ぼくはこういう素直に毒を吐く子は好きです。

 ハルちゃんへの対比として書かれるのが千葉くん。彼は良いキャラクターですね。彼は異世界転生俺TUEEEという感じのチートスキル持ちで異世界を満喫しています。元々異世界転生物が好きなオタクであり、異世界転生した先が楽しくて楽しくて仕方ない。現代知識で意外と無双できなかったりと壁にぶつかったりもしますが、壁を乗り越える根性がないので、あきらめてチートスキルで闘技場で稼いだり安全マージンを維持しながらレベル上げをして異世界転生の王道を楽しもうとする。
 彼は幻想に生きているので、現実を見ていない。ここでいう現実とは登場人物は人間であるということ。同じ異世界転生者であるハルちゃんに対する接し方からしてギャルゲー感覚だし、俺の奴隷として養ってやってもいいぜみたいなことを言い出す。セックスもマグロで相手を気持ちよくさせようという努力を一切していない。なんていうか、悪人ではないんですが、彼は彼で女性への尊厳を持っていない(というか人間への尊厳がない)ので、後日譚で彼を育てよう(調教)としてくれる女性が出てきたのは救いなんじゃないですかね。
 なんかすごくボロクソ言っていますが、彼の気持ち悪い言動をハルちゃんと一緒にキモーイと言うのが本作の楽しみ方のひとつだと思うので超重要存在です。

 まあ、ここまで書いたけど何も気にせず異世界転生にツッコミ、女性への幻想を持つ人へのキモさをキモーイと言いながら楽しく読めばいいと思います。正直、ここでは詳しく書かないけど、物語のたたみ方は予想外に上手かったので、すげえなあと思います。この作者の他の作品も読んでみたいなあと思ったくらい。

 本書と合わせて読みたい本は30歳の保健体育だと思う。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

鴨志田 一 『Just Because!』 読了

 

あいつを好きな君の横顔が、たまらなく綺麗だったから――

高校三年の冬。残りわずかとなった高校生活。このまま、なんとなく卒業していくのだと誰もが思っていた。突然、彼が帰ってくるまでは。中学の頃に一度は遠くの街へと引っ越した同級生。季節外れの転校生との再会は、「なんとなく」で終わろうとしていた彼らの気持ちに、小さなスタートの合図を響かせた――。



 表紙の距離がめっちゃ分かっている!!! そう、このひと席分の距離感!! 好きな相手に踏み込めない距離感!!! 良い!!!
 この距離は二人の間にある2年という時間という壁でもあるし、同時に瑛太にとっては踏み込めない距離。甘酸っぱい。
 瑛太はただの踏み出せない! ヘタレなんだけど、まあ、二年間離れていたので、そんなものだよなという感じです。それでも、やる時は衝動的に動けるのでいい。
 美緒はすごいですね。瑛太以上に拗らせている。初恋を拗らせすぎているし、恋愛感情を自覚してからの行動もじれったいし、マジお前、お前、下手するとかっさらわれていたぞ!?ってなる。たぶん、恋愛相談とか友人にしたら説教されるタイプ。まあ、だからこそ、ラストの甘酸っぱさがすごいわけですが。

 やり取りが基本LINEで既読スルーとかで距離を感じさせるのがとても上手い。読んでいるけど、書き込まないとか、二人の距離を感じさせる。何も言わないから不安になったりする。メールだと距離が近すぎる。LINEのグループチャットが距離を表すのがすごい上手い。直接会話はあんまりせず、LINEで話す程度の距離。距離(語彙力喪失)

 すごく良いのでみんな読もう!!!

うつでも楽しく読めたラノベ18選

 うつでも楽しく読めたラノベ15選

 こんな記事を見かけたので、自分でもやってみようかなと思う。うつが重かった2012-13年頃に読んで面白かったラノベです。体調が悪いときに読んでつまらなかった本は面白いことはあるが、体調が悪いときに読んで面白かった本は面白い本である。
 脳力を下げて一行で書きます。

世界平和は一家団欒のあとに
 ベストラノベ100の1つ。毎回1冊で綺麗に終わっていてとても良い……バトルも熱いしラブコメとしても美味しい。

友達からお願いします。
 すっげーーー良かった。

飛べない蝶と空の鯱
 なんかうつを乗り切ったラノベの1つと言ってもいい。刊行をいつも楽しみにしてた。

冴えない彼女の育てかた
 しゅごい。面白かった。

聖剣の刀鍛冶
 前回のあらすじがのっているの忘れても問題ないのが優しい。読みやすい。

烙印の紋章
 うつで気力がなくても最終巻が発売するのに合わせて全巻読み直した。最高だった。

東雲侑子は短編小説をあいしている
 甘い甘い甘い。

影執事マルクの手違い
 今気づいたけど、手島史詞二冊目じゃん。異能バトルが熱い。バトルが良い。

シュヴァルツェスマーケン
 絶望的な状況で無茶をせずには行きられないのが楽しい。悲劇! 悲劇!

空ろの箱と零のマリア
 この頃は人間関係が崩壊していたりとかいろいろと苦しいけど、前向きだったんですよ。良かった。

魔女の絶対道徳
 現代異能での命のやり取りを真摯に書いていて、重くないし、なおかつ軽い会話が楽しい。

こうして彼は屋上を燃やすことにした
 うつで脳力が低下していたので内容はさっぱり覚えてないのだが面白かったことだけ覚えている。

銃姫
 主人公が順調に成長していくし、物語もどんどん壮大になってラストは圧巻だった。良い。

ソード・ワールド2.0リプレイfrom USA
 とにかく楽しい。読み物としてすごく優れている。

付喪堂骨董店
 1巻からは想像できなかったんですけど、異能バトルとしてすごく面白くなるんですよ。

聖剣の姫と神盟騎士団
 小物でありながらも英雄に憧れる主人公が良い。コミカルだけど良い。

Fランクの暴君
 このライトノベル主人公が邪悪! 第一位!! 暴君なので良い。

ミス・ファーブルの蟲ノ荒園
 女装モノは苦手ですが、とてもバトルが良くてとても良かった;

イタノ・カルヴィーノ 『不在の騎士』 読了

 本屋巡りの旅をしてみようかと思い立ち、とりあえず栄のジュンク堂に入ってみて見つけた本。これはタイトルと表紙からしてこれは絶対面白いぞ!!と勢いで購入した。良い買い物だった。
 
 タイトルにある不在の騎士とはアジルールフォのことである。この騎士アジルールフォは甲冑の中身がなく、肉体の力に寄らず、ただ意思の力のみで動く不在の騎士なのである。性格は結構神経質で細かいことにうるさく、任された仕事はきっちりこなしてくれる。本書は全体的に大らかで適当でこっけいな登場人物が多い中で、一人神経質に何もかもを覚えており、いちいち口出しをするのだから他の騎士達からは結構嫌われている。
 そんなアジルールフォの冒険譚とかそういう物語かと思ったのだが、本書はそれがメインではない。そもそも300ページもない本でありながら100ページも経とうがあらすじにある冒険譚が一向に始まる気配がないのである。もちろん、冒険譚自体は存在するがなんと後半になってからである。
 本書はたぶんユーモアファンタジーというものなのだろう。キャラクターはこっけいでよく言えば大らかな悪く言えば適当すぎる人物が多い。それを神経質なアジルールフォは指摘していく。そういった対比が良く見られる。一番は自身が何者なのかすぐに忘れてしまうグルドゥルーだろう。この男は鳥の群れに会えば自分が鳥だと思い込んで鳥の真似をする。死者のための墓を掘り、死体を埋めるのに、役割分担だと言って墓穴を掘ったところで自分が穴に入り死者に埋めることを要求する。この肉体はあるが自分自身がない男が肉体はないが自分自身を強固に持つアジルールフォの従者となるのである。
 
 まあ、ユーモアに溢れた作品なので物語のテーマとかまったく意識をせずに読んでいたら、後半に入り、これどうやって終わるの。シリーズって聞いたけど、終わらないのか?と不安になったところで、語り部による超絶強引な力技によって物語は巻きが入り、テーマの回収も含めて一気に終わる。このイタロ・カルヴィーノの強引なテクニックは悲鳴を上げながらも、実に感心した。
 
 最近になってイタロ・カルヴィーノ復刊の波が来ているのか、今年に入ってこの本も含めて二冊も復刊されているので、まだ絶版じゃない本も含めて買えるものは全作読んでみたいと思った。

空上タツタ 『路地裏バトルプリンセス』 読了

 異能とかもなく、路地裏で戦う。遭遇戦と事前に取り決めた相手と戦うランキング戦ありというエアマスターの深道ランキングとか参考にしてそうですねという感じ。エアマスターが分からない人は読もう。

 路地裏で戦う血闘者は姿を隠すため仮装して戦うという特性からか、女装コスプレ趣味の主人公は過去にまったくしたくない遭遇戦をひたすら挑まれてそのことごとくを返り討ちにしたという伝説を持つ被害者にして王者であった。

 自身の趣味のコスプレのため、廃墟で撮影のために活動(主に他のヒロインといちゃいちゃ)していたら勘違いしたヒロインに挑まれて反射的に倒してしまい、その後に師匠になってほしいと頼まれるという割と最近の師匠モノの王道な感じで始まります。

 本書でちょっと感心したのがこの路地裏での戦い。社会的には当然NGなんですけど、主人公の価値観でもNGなんですよね。過去も物語開始当初も主人公は基本的に合意なく襲ってくる血闘者を返り討ちにしている。そもそも主人公は武術を護身術として学んでいたので、他人に暴力をふるうのはアウトという価値観の持ち主。たまたまランキング戦を目撃して、その場の熱に浮かされたことで価値観が変わっても、社会的には受け入れられず、暴力はいけないし、戦うなら正しい場所で戦うべきという正しい価値観との摩擦が起きる。
 もちろん、バトル物なので、バトルが熱くて面白いんだけど、修行しているシーンのほうが長いので、次巻ではもっとバトルが増えることを期待しています。
プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー