銀月のソルトレージュ1~5

ストーリーよりもキャラクターが光る小説、それだけならどこにでも転がっているラノベですが、その中でも一際キャラクターが魅力的に描かれている小説です。
1巻を読んだ時はそれほど面白いとも思いませんでしたが2巻、3巻と読んでいくうちに好きになりました。巻数を重ねるごとにキャラクターが放つ光が増してくるため、続きが気になってきました。
まあ、魔法バトルものでありながら戦闘描写は微妙だし、設定が分かりにくいどころか最後はよく分からなかった等、ダメな所は多いんですけどね。

久しぶりに1日3冊のペースで読めた小説、積んであるラノベを読もう!という気分にしてくれました。この作者の次回作が気になります。学園ものとかだったら絶対買うだろうな、この作者に絶対向いてると思うから。
スポンサーサイト

無題

リンク二件追加、両方とも書評サイトです。それとレビューを一部修正しました。

昨日面白い本を読み終わったので、近日中にレビューを書く予定。

寝不足で辛いので寝ます。

安井健太郎 「ラグナロク 黒き獣」 読了

第3回スニーカー大賞「大賞」受賞作!! 超格闘ファンタジー第一弾!!

ラノベで一番好きなシリーズ。最近新刊が出ないから、知らない人や忘れた人が増えてきてると思うので書きました。

このシリーズの一番の特徴は爽快なアクション。ヤスケンの戦闘描写は素晴らしい。爽快感があり、簡単に頭に思い描くことができます。アクションが好きだ!って方は絶対に読みましょう。逆にアクションなんてどうでもいいって人は、読んでも二巻目で挫折すると思います。好きな人でも食傷気味になるみたいですから。でも、他にも良い所は沢山あるから読んで欲しいところです。

他にも良いところはあるのですが、シリーズ通して五回も読み返した自分には一巻だけを冷静に説明することができません。つーか、もう一巻のレビューになってねえし。
プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー