冲方丁 『マルドゥック・ヴェロシティ』 読了。

 おお、炸裂よ――!

 俺の中で一、二を争う最強の小説。読め、みんな読め、いいから読め、今すぐ買って来い。初めて読んだ時、そう叫びたくなったんだが、再読でその気持ちがより強くなった。とりあえず読んでない奴は買って来い。

 正直言って今さら俺が語るべきことは何もないと思う。娯楽活劇として最高峰である本書は紛れもなく傑作であり、それは他所で幾らでも語られているし、売上げでもそれを証明している。しかし、それでも語りたい。

 冲方丁は『マルドゥック・ヴェロシティ』の前作、『マルドゥック・スクランブル』で一気に名を上げた。『スクランブル』は日本SF大賞に受賞されたほどの作品で、当然傑作だ。今作は、その前作よりも凶悪になっている。

 前作で最強の敵として出てきたディムズデイル=ボイルド。彼を主人公に据えた今作は、我々前作を読んだ読者が気になったことに、明確な答えを与えてくれる。
 我々はボイルドがどうなってしまうのかを知っている。ウフコックと袂を分かつことも、何故袂を分かつことになったのかも知っている。しかし、何故ボイルドがそれを行ったのかは知らず、ボイルドが主人公になることを知った時、それを求めた。

 その答えは非常に暴力的なものであり、悲しく、苦しく、優しいものであった。俺の期待値を遥かに超えており、実のところ、俺はそのようなことを考えている余裕を持つことはできなかった。

 著者は後書きで、書いてる途中で精神状態が悪くなり、職場や家族から逃げ、エピローグを書き終わった時には吐いたと語っている。そんなエピソードを素直に信じられるほど、素晴らしい小説だった。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

望月守宮 『無貌伝~双児の子ら~』 読了

 おぉ、面白い。メフィスト賞受賞作ということですが、これは当たりですね。久しぶりに夢中になって読みふけってしまいました。

 全体の雰囲気は怪奇小説や伝奇小説に近いものがありますが、伝承や民話などが出てこないので伝奇というよりはファンタジーですね。とはいえ、ファンタジーとして読むようなものではありませんが。

 ミステリとしては分かりませんが、成長小説としてはよく出来ています。特に主人公の心理描写には目を見張るものがあり、内面描写だけでなく行動からもその心理を読者に伝えてくれます。もう一人の主人公とも言うべき探偵も良いです。特に後半での彼の台詞は、それだけで彼の悲しみや苦しみのほとんどが伝わってきます。

 今年発売された小説の中では一、二を争うほど面白かったです。

むう

今日届いた『星図詠のリーナ』の257頁の10行目に穴が空いてた。印刷する時に破れたのかなぁ。交換してもらおう。

最近本が読めません。今日もグラディエーターを遊んでました。模擬戦争で橋が渡れなくて辛い。

ダーク・タワーを読むより先に他のキングの本を読むことにした。オススメされたファイア・スターターが絶版という強敵がいるため、ダーク・タワーを読むのは大分後になりそう。ダーク・タワーも冊数が非常に多いので、のんびり買いながら探すとしよう。

空想東京百景がとても変な本だ。漫画と小説が融合しとる。見開きだったり、4頁以上あったり、絵だけではなく、コマ割りもあって完全に漫画になってたりと、どっちがメインなのか全く分からん。新しすぎる。

オススメされた本をまとめて買いました。残りはSF小説とMFJだけです。
かいとさん、SHI-NOさん、si-taさん、レオナさん、薦めてくれてありがとう。
プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー