1月に読んだ本。

画像つきは重くなるのでやめます。

続きを読む

スポンサーサイト

ついったーで

 いろいろと話したりするので、なかなかブログに書くことがありません。こうやって、ブログが寂れていくんですね……。

 何を書こうか迷ったので、今まで何を書いていたのか見直してみました。碌なこと書いてませんでした。気軽に逝きたいと思います。

 最近、買った本がどこにあるのか分かりません。現在、薔薇のマリアとその他色々な本が行方不明中です。何がどこにあるか完全に把握しているのは、ファンタジィ小説くらいです。

 あ~、Xの悲劇または壁のレビューはもうちょっと待ってください。

徒然草

 ……そういや、QNAGIさんが居なくなってから、もうすぐ三ヶ月経つんだな。

 今も待ち続けている続刊

 王ドロボウ、冒険王ビィト、ラグナロク……数えるのがめんどくさい。あれだ、みんな5年経ってからマダーって言おうぜ、一、二年でマダーとか早すぎるよ。そんなの待ったうちに入りませんよ? よく仕事しろと言われる富樫さんは真面目に書いてますよ。

 TVアニメよりも酷い格差がある劇場版アニメの展開

 お~、愛知では全部やるんだ。中途半端な田舎町は、地方とは言えないか。最近は聞かないけど、昔はこっちも深夜アニメは送れて放送とかあったもんなあ。
 しかし、俺のように映画館で見る気がない人はともかく、早く見たい人は大変だろうなあ。なのはを見るために、わざわざ秋田から出ようとしている人も居るみたいだし。

ついったーから。

 si-taさんがねこぐるいを受け入れたことが衝撃です。

 以下、(めんどくさいので)ふぁぼったーから抜粋。多少改変してます。


 ここでも叫ぶ。クリームソーダはアイスじゃなきゃ駄目なんだよ! ソフトクリーム入れるんじゃねえよ! つーか、ソフトクリームに変えたなら写真変えろよ!! 詐欺じゃねえか!! びっくりドンキーの馬鹿やろおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!


 前から思っていること。王道は面白いもんなんだよ。だから大勢の人が書くんだ。まともに書けん奴らが多いからって、王道が面白くないかのようなことを言うな。王道を書けん奴らがつまらんだけで、王道は面白いんだ。少年誌を読んでる(た)くせに、王道をつまらんとか言うな。


 たかが二、三年で新刊マダーと言っている人を生暖かい眼差しで見るようになりました。新刊マダーは五年からです。喚くのは二桁に達してからがいいでしょう。二、三年でそんなことを言っていたら、読書家なんてやってられません。

燃えゲーマーのための一覧表(暫定版)

 注意:この一覧は本当に燃えがあるゲームを挙げているだけなので、作品としての出来は微塵も考えていません。俺が独断と偏見で選んだものなので、当然俺がやったものしか書いてありません。

 Dies irae~Acta est Fabula~
 PARADISE LOST
 刃鳴散らす
 装甲悪鬼村正
 機神咆吼デモンベイン
 Phantom INTEGRATION
 鬼哭街
 吸血殲鬼ヴェドゴニア
 続・殺戮のジャンゴ ─地獄の賞金首─
 塵骸魔京
 機神飛翔デモンベイン
 月光のカルネヴァーレ
 CHAOS;HEAD
 スマガ
 スマガスペシャル
 あやかしびと
 Bullet Butlers
 クロノベルト ~あやかしびと&Bullet Butlers クロスオーバーディスク~
 蠅声の王
 勝 あしたの雪之丞2
 戦女神ZERO
 天ツ風 ~傀儡陣風帖~
 大番長 Big Bang Age
 ランスⅥ~ゼス崩壊~
 夜が来る! -Square of the MOON-
 アトラク=ナクア
 闘神都市2
 赫炎のインガノック -What a beautiful people-
 ANGEL BULLET
 CANNONBALL~ねこねこマシン猛レース~
 Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~
 11eyes -罪と罰と贖いの少女-
 車輪の国、向日葵の少女
 永遠のアセリア-The Spirit of Eternity Sword-
 月姫
 歌月十夜
 Fate/stay night
 Fate/hollow ataraxia
 マブラヴ オルタネイティヴ
 朝の来ない夜に抱かれて-ETERNAL NIGHT-
 AYAKASHI アヤカシ
 AYAKASHI H
 うたわれるもの
 黒と黒と黒の祭壇~蠱毒~
 MARIONETTE~糸使い~
 Min DeaD BlooD ~支配者の為の狂死曲~

 

だらだらと

 宇宙の歴史を1年であらわすと

 恐竜さん長生きだな。


 みんな、ヴィンランド・サガを読むんだ! みんなの求めるヴァイキング漫画だ! ヴァルハラに英雄として招かれるために、戦って、戦って、戦いまくるトルケルさんが素敵だ! 主人公の親父がカッコよすぎる! アシェラッドさんも素敵だ! 王子も良い! 
 あ~、主人公も悪くはないッスよ、他がカッコよすぎるだけで。


 いつか、北欧神話について書きたい。実はまだエッダもヴォルスング・サガも読んでいない、にわかファンなんですが、大好きなんですよ。
 理由その一。死んだ英雄たちがヴァルハラで殺し合ってるから。
 理由その二。何気にラグナロクにおけるロキ一家の戦果が凄まじい。オーディンはフェンリルにあっさりやられ、トールはヨルムンガンドを倒したものの、毒にやられて相打ち。軍神テュールはガルムと相打ち。まあ、テュールは片腕をすでに失っていたんだけどね。


 工藤新一「見た目は子供、頭脳は大人!」

 お前、高校生だろ。

『Ruina 廃都の物語』が面白い。

 フリーゲームに少しでも詳しい人なら大抵知っているであろうゲーム。作り込みが半端じゃない。

 キャラクターを移動させるときに、十字キーなどで一歩一歩移動させるタイプではなく、カーソルを動かして、決定した場所を調べるタイプ。『探索型RPG』とでもいうのかな。

 特徴として、このゲームは戦闘よりもイベントで手に入る経験値の方が大きい。ぶっちゃけ、モンスターを倒しても、手に入る経験値はとても低いし、お金も全く貯まりません。それほど探索を重視しているってこと。やってることは最近のRPGよりも、ADVに近い。いろいろ調べて、次の場所に行くための情報や敵を倒すための情報を手に入れる。だから、しっかり調べないといけない。

 ストーリーやキャラクターも作られているけど、主人公は最初に生まれと性別を選べるだけで、一切喋らない。昔はよくあった、主人公はプレイヤーって意識のゲームだね。

 異世界を冒険したいって人には最高のゲームなんで、世界樹の迷宮やウィザード・リィ好きにはオススメ。上に書いたとおり、主人公以外は喋るから、パーティに関して妄想する楽しみはないんだけどね。

 でも、一番オススメしたいのは

 『世界樹の迷宮は面白かったけど、ストーリーないし、キャラクターも喋らないし、途中で飽きた』

 って思った人かな。

森奈津子 『二人のひとりあそび』 読了。

 どうも、官能小説だと知らずに買った馬鹿です。

 SMがあるってことは知っていたけど、気づきませんでした。小説ってR指定はないんだね(涙)

 まあ、そういう作品なんで、ここから先は18歳未満は禁止だ!

 まあ、小説だから18歳未満でも買えるんですけどね

続きを読む

急募

 父、多島斗志之を探しています。

 12月に失踪された。ミステリー作家、多島斗志之さんの行方を息子さんが探しています。こんな超ドマイナーサイトでも、少しでも役に立てればと思い。リンクを貼っておきます。

2009年に読んだ本

 新カテゴリ、読書メーター。旧カテゴリ、読んだ本は消します。

 とりあえず、去年の分の読書メーター貼り付けた。興味のある人は続きを見るで。

続きを読む

2009年ベスト小説

『ファンタジィ』部門。

1位:指輪物語。
2位:ゲド戦記(3巻まで)
3位:ミストボーン 第一部
4位:風よ。龍に届いているか
5位:ファファード&グレイマウザー
6位:ムーミン
7位:ドラゴンランス


『SF』部門。

1位:あなたの人生の物語
2位:戦闘妖精雪風
3位:ネジ式ザゼツキー
4位:虎よ、虎よ


あなたの人生の物語は、その一冊だけで、一年間SFなしで戦える最高のSF小説。

『ホラー』部門。

1位:隣の家の少女
2位:玩具修理者
3位:Another
4位:オフシーズン
5位:脳髄工場


今年は最も充実していたジャンル。作家数は少ないけど、良質なものばかり読んでいた。

『ミステリ』部門。

1位:無貌伝
2位:Another
3位:春期限定いちごタルト事件
4位:ネジ式ザゼツキー
5位:探偵伯爵と僕


『異能バトル物』部門。

1位:シャギードッグ
2位:マルドゥック・スクランブル
3位:ブラック・ロッド
4位:龍盤七朝 ケルベロス
5位:ダブルクロス・リプレイ・オリジン


この部門はかなり適当に順位をつけた。だから、順位が下でも、1位に劣っているなどということはない。

フェイバリット。

1.烙印の紋章
2.ソリッドファイター完全版
3.ステーシーズ 少女再殺全談
4.サーラの冒険
5.星図詠のリーナ
6.アイゼンフリューゲル

ベストではなく、フェイバリット。順位ではありません。

今年の目標。

 あけましておめでとう。

 さて、今年は目標を決めました。

 読んだ本の冊数が購入冊数を超える。

 一日一冊をモットーに、頑張りたいと思います。
プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー