kindleで角川70%オフなのでおすすめを晒してみる。

 角川50%セールが終わったと思ったら今度は70%オフとパワーアップして帰ってきた。しかし、何を買っていいのか分からない! という人も多いはず。そういうわけで、kindleで買える角川のオススメを書いていきたい。

天地明察
・言わずと知れた冲方丁の一般小説での出世作。これを上下合わせて350円以下で読める日が来るとは……。これが売れてしまったがためにラノベの続きを書く時間がなくなっているんだろうな……まあ、面白い作品に罪はない。

ばいばい、アース
・冲方丁の傑作なんだが、妙に読んでいる人がいない。おれは大好きです。なんか、こう冲方丁は物語に入っている熱量がすさまじいんだよね。これを読んでその熱を感じて欲しい。

オイレンシュピーゲル
・なんか萌えに走ったのかと思ったら超黒いしリアリティを感じてしまうブラックジョーク満載な傑作。2巻では核爆弾がオーストリアに持ち込まれ、それを全力で探し出して処分するというお話なんですが、敵対者の加速していく狂気に飲み込まれそうになる。ぜひ読んで欲しい。

古典部シリーズ
・アニメ化もされたので氷菓といった方がわかるのでしょうけど、ぼくは各回のタイトルも好きなのでこう呼びつづけたい。個人的には一般小説とライトノベルの境界線上にあるイメージで、ミステリは好きだけど、延々と謎解きを読むのは疲れるという人にはオススメなんだけど多分そういう人はもう既に読んでますよね。

屍の王
・付記まで読んで傑作になる牧野修の傑作ホラー小説。前々から絶版は惜しいと思ってたので、kindleでの復刊は嬉しい限りです。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
・これがなぜライトノベルでも出たのか常々謎に思っている。まあ、ぼくらの世代では結構有名だけど今の若者は読んでいない気がするので、ぜひ読んで欲しい。不幸少女に萌えて打ちひしがれて欲しい。

GOTH
・乙一の小説で一番好きかもしれない。ゴシック青春小説。久しぶりに読み返したくて買ってしまった。

円環少女
・正直なところ最初のうちは読みにくい文章なんだけど、灼熱のウィザードバトルという煽りに一切の偽りがない熱い異能バトル物です。その後もSF界で話題になっている著者だけあり世界観とかもよく考えられていて、魔法で科学をしているところも面白い。

玩具修理者
・小林泰三の短編はどれもオススメなんですが、その中でも三本の指に入る傑作「玩具修理者」と著者の中編としてやはり傑作なSFホラー「酔歩する男」が収録されているので是非読んで欲しい。

ムシウタ
・異形の虫に憑かれてしまった少年少女達の物語。長編と短篇集を全巻買うと少々長いのですが、5巻におけるかっこう君の格好良さは半端ないです。自分が中高生の頃に出た人気作

薔薇のマリア
・まず最初にver0巻を買って読んで欲しい。これが真の1巻で最初に出た1巻にも繋がりぶっちゃけ1巻よりも面白いので、これが合うかどうかがこのシリーズを読み続けられるかを分けると思う。最新刊までしっかりと電書化されているので安心して読んでください。最終章に入ってからの戦いはすさまじい。

少年陰陽師
・見習い陰陽師の主人公「昌浩」が物の怪の「もっくん」がヒロインの「彰子」を助けるために、異邦の妖異と戦うお話です。昌浩が爺ちゃんにいじられたり、もっくんの可愛さ、昌浩と彰子のショタロリの恋愛などが見所です。少年漫画のようなライトノベル。例え結ばれないとしても、彰子を守るために全力をつくす昌浩の姿が胸を打つ。熱いので是非。


聖剣の姫と神盟騎士団
・小悪党の魔導師ダークが主人公の異世界ファンタジー戦記モノ?ですね。魔道士であるといってもゴブリンを三匹を操る程度で、TRPGならば最初のセッションのボスより弱めといったところでしょうか。知略を使うというかセコい手使うというか、骨の髄まで小悪党なダークの活躍を読んで欲しい。命が危うくなったら本気で裏切りそうでハラハラします。

天使の囀り
・正直昔の本なのでオタクの描写が本当に気持ち悪くて読んでいて辛いのですが、天使の声の正体がなんなのかわかりはじめたあたりから激烈に面白く(怖く)なってきました。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2013年に(読んだ)漫画ベスト

ひとりぼっちの地球侵略
・なんか、いろいろと言うべきことはあるけどとにかく先輩が可愛い。

坂本ですが?
・スタイリッシュギャグ。文字では語りにくい。とりあえず試し読みをしてみればいいと思います。終始笑わせてくれるので、笑いたいときにはぜひ読もう。

3月のライオン
・将棋しかなかった子が暖かい家庭に触れて癒やされ、前を向けるようになっていく……なんかこう、良い子ばかりで非常に面白い。将棋漫画と人間ドラマが関係なさそうで関係しているのも良いですね。

クズの本懐
・表向きは恋人同士ということになっているけど、互いに別に好きな人がいて傷の舐め合いをしている……とても好みです。表紙の女の子は可愛いし、

聲の形
・いじめを始めた彼の影響でクラスメイトはいじめの楽しさを知ってしまった。人間は一度始めた悪いことをなかなかやめられない。「いじめっ子」という明確な悪のレッテルが貼られた彼はいじめられるしかない。容赦ないなあ。今後どうなるのか、早く続きが読みたい。

宇宙大帝銀河ギンガサンダーの冒険
・これは水上悟志に初めて触れる人におすすめな短篇集。作者の作風すべてが詰まっているといっても過言ではない。熱く、悲しい。

ラストゲーム
・鈍感女×ツンデレ男子モノ。あー非常に可愛い。この十年かけて好きなことに気づくとか、柳くんはとっても可愛い不憫な男の子です。九条さんが話が進んでいくにしたがって成長していくのもいいですね。でも、ここまで来るのに十年かかってるからまだ長そう。九条さんも可愛いけど、柳くんが萌えキャラすぎて辛い。

これは恋のはなし
・小学生との恋愛とか……と思っていたら家族の話になっていて、これは面白い! と思っていたらヒロインガ中学生になって表題の通りに恋愛話に戻ってきた。この年齢差では手を出せない。この後どうなるのか、先が気になる。

竹刀短し恋せよ乙女
・タイトルと表紙からは予想外なことに、すごく真っ直ぐな剣術バトル物。ホーリーランドのように解説が入ってくるので、ぜひ読んで欲しい。

九月病
・ 兄と妹でありながら、男と女の関係になってしまった二人の屈折した病み具合とか、もうほんと素晴らしい。自分では兄を幸せにすることが出来ないと理解しつつも、離れることが出来ない妹さんが僕は大好きだ。

校舎のうらには天使が埋められている。
・第一巻で爽やかな素晴らしい笑顔とその後の落差はぜひ味わって欲しい。小学生超怖い。

ホークウッド
・中世傭兵モノ。甲冑をぶった斬るようなキャラが出てくることもない。打算でうごく傭兵ものとして、中世のいろんな面を見ることができて楽しい。

STEEL BALL RUN
・読もう読もうと思ってついに読み終わったジョジョ第7部。強すぎる相手との知能戦闘は相変わらず楽しい。まさかの、まさかの○○復活からのラストバトルはファン必読。

Landreaall
・すごく真っ当に面白くて上手く言葉が出てこないな。まずは1部の4巻まで読んでみよう。

7時間目の音符
・いちゃらぶ。とにかくいちゃいちゃらぶらぶしている。表紙の子のカプもいいけど、サブカプもいい感じにいちゃいちゃしていて、終始にやにやしっぱなし。可愛い。

亜人
・Q.不死身の存在を見つけたら、まず何するか?
 A.本当に死なないか試す。
 この容赦の無さとか非常にいい感じです。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2013年(に読んだ)ベストライトノベル

 2013年に読んだライトノベルで面白かったものをまとめてみた。

異能バトル
アークⅨ
・アークⅨは流石ヤスケンといった容赦のない展開で熱くなりました。戦闘描写が得意なだけあって、戦闘シーンがひたすらに多く、満足行く作品。ラグナロクを読んでいるとニヤリとできる程度で非常に今後が楽しみ。

魔女の絶対道徳
・道徳という一風変わったテーマを元にした異能バトル。主人公の倫理観が非常に現代人らしくて良い。人型をした物を殺すのは躊躇するし、自分の命が掛かり、死ねば妹も命のやりとりに参加しなくてはいけない。バトルが熱いってタイプじゃないけど、非常に好みにあういい作品だった。

殺戮のマトリクスエッジ
・サイバーパンクな世界で人知れず異形と戦い続ける少年の物語。知らなくても全然問題ないけど、著者の他作品を知っているとニヤニヤできるところも良い。まだ物語は序盤なので続きが読みたい。

塔京ソウルウィザード
・こちらもサイバーパンク異能バトル。メガテンみたいな世界設定だけど、メガテンのように重苦しくない。どんどんヒロインがケモノ耳になっていくので、その筋の人は楽しめると思います。すっごい続き期待してるんだけど、新刊まだかなあ。

ミス・ファーブルの蟲ノ荒園
・いや、異能バトルではないけど、バトルシーンが熱く非常に面白かったのでここに。ヴィクトリア朝あたりの世界で現実とは違い蟲という大型モンスターが発生する。そんな中で蟲に寄生されてしまい迫害される人間の復讐など、結構重いので良い。主人公が真っ直ぐで格好良い。

されど罪人は竜と踊る
・ついに使徒編決着。到達者という一つの頂点に達しているものの、そこを超えていった到破者との戦いには単独では参加することすらできない。そんな弱い彼らが必死になって考えて、弱者なりの戦い方で突き進んでいく姿が凄絶だった。第2部とか嫌な予感しかしない。

付喪堂骨董店
・それなりに面白いから5巻から一気にベストといえるほど面白くなってきた。とにかく読んでほしい。

世界平和は一家団欒のあとに
・この絶妙なツンデレカップルに悶えるんだけども、各巻で一家全員それぞれでボーイ・ミーツ・ガールやってるので、気にいるカップリングが見つかると思います。シリアスとのバランス配分が素晴らしい。3巻は激熱。

ロボット
巡幸の半女神
・人類が既に敗北してしまった世界で、それでも戦いを諦めない一人の兵士の物語。目的が有り、ブレない主人公が素敵。一巻のラストバトルは熱いので是非読んでほしい。

シュヴァルツェスマーケン
・この一年で刊行されたものだけで、東ドイツの暗部を一気に露出してきた。追い詰められるということは選択肢が消えていくということなんだなあと深く感じた。この作者は一切容赦も慈悲も救いもなく殺していくなあ。割とガチで凹むくらいにはシリアス。

戦争
天鏡のアルデラミン
・戦争と縁のない生活を送っている僕らにリアリティを感じさせてくれる戦争を書くのが非常に上手い。これは是非とも最後まで続けてほしいなあ。

聖剣の姫と神盟騎士団
・小悪党が小悪党なりに必死に知恵を絞って言葉巧みに状況を操り、戦場を駆けまわる姿が良いと思う。

銃姫
・混じりけなしの純粋な善意の産物が悪によって使用されて醜悪な物体になり果ててしまう。これほんとにMF文庫Jなんですか。

薔薇のマリア
・たとえ弱くても、激化していく戦場で精一杯自分のやるべきことをやろうとする姿が熱い。

邪悪
Fランクの暴君
・タイトルに偽りなし。主人公に一切同情も共感することもできない邪悪であった。自身の善性を切り捨てて本物の悪となる一巻に残党を屠り自分に反逆しないように対策をして脅迫したりと主人公のやることじゃない。果たしてこの堕ちたカンナくんは幸せを掴めるのか……自ら進んで手放してるし悲惨な末路しか想像できない。


コメディ
安達としまむら
・ただひたすらに安達が可愛い。恋する乙女が可愛すぎて悶える。とにかく皆読んで安達ファンになりましょう。

独創短編シリーズ野崎まど劇場
・ただひたすらに面白い短篇集。これはラノベとか関係なく読んでほしい。全編笑い通しだった。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2013年に読んだ本

 漫画を登録するだけで例年の倍以上になるとは思わなかった。一週間以内には2013年ベストを書きたいところです。

続きを読む

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

12月に読んだ本

 12月は清涼院流水で始まった。清涼院流水で終わらなくてよかった。本当によかった……。

続きを読む

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー