月間! オススメの本2014年2月号!!


■THE IDOLM@STER
 恋について語る雪歩が可愛い。響回のはずなのに、雪歩が可愛すぎる。響もいいけど、雪歩ファンのぼくにとっては完全に雪歩回でした。あと、最後の話で涙目になっている小鳥さんが可愛すぎる。赤羽根Pは早く小鳥さんを嫁にするべき。アニメが好きだったならオススメ。でも、刊行ペースが遅いから雪歩回が巻をまたぐようなことになったら死ぬな……。

■ウィザーズ・ブレイン (8) 下
 三年ぶりの新刊です。待ちに待った新刊です。ついでにウィザブレ13周年です。一体いつ完結するんだ。でも、面白かったからいいや。物語は佳境に入ってすごい楽しい。もうまったく状況が改善する予感がしなくて読み進めていて楽しい。次もその次も更に悲劇が加速するんですね! 素敵です。

■聖剣の姫と神盟騎士団 IV
 これ、一巻からずっと聖剣団の各キャラの内面とそうなるに至った道筋を語りつつ、物語の世界を広げていく。あと、毎回ちゃんと盛り上げるために戦いを仕込んでいて、でもページ数は厚くならない。主人公が小物であり、小物であるままに活躍するのもいい。戦闘だと超弱いけど。

■イレブンソウル
 ついに、完結してしまった。ちょうど忙しい時期だったから半年以上気づいてなかったけど。ロボット物の漫画で一番好きだった。もうね、主人公達が格好いいんですよ。これぞ漢って感じ。完結しちゃったけど、これアニメ化しませんかね。ブレイクブレイドより知名度がないから無理かな……俺の中ではもう各キャラの担当声優まで決定してるんだけど。ガンパレの世界観とか好きな人とかは好きになれそうな気が。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2月に読んだ本

 いやはや、2月も読書時間が……。

続きを読む

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

リチャード・アダムズ 『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち 上・下』 読了

 予知能力をもったファイバーによって彼らの村に危険が迫っていることを知ったファイバーの兄ヘイズルは長に避難を提案したが、長は真面目に取り合わず、ヘイズルは何匹かのうさぎにこの事を話し、危険のない新しい住処を探すために旅に出る。安全なうさぎ穴から出て、エリル(うさぎ語で敵の意。猫や人間など)に満ちた冒険。危険がほとんどないものの、なぜかうさぎの数が少ないカウスリップの村……。

 野生のうさぎを主人公にした冒険小説。ピーターラビットなどで穏やかで平和なイメージのあるうさぎだが、この本は「野生の」うさぎであり、その物語は苛烈な旅と戦いに満ちている。出会うものほぼすべてが敵であるヘイズル達の冒険は危険と困難に満ちていて、非常にスリリングであった。

 内面を描いているため彼らの精神性は人間へと近づいてしまっているものの、その肉体的制約はうさぎ本来のもので習性も現実のうさぎどおり。この辺のさじ加減が非常によくできているなあと思う。うさぎ達には彼らなりの文化・風習や神話があり高度な知性を持っているのだが、その一方でブラックベリ(仲間内で一番の知恵者)など一部のうさぎを除いてその大半は「木片は水に浮く」ことは理解できても、「水に浮く木片の上に乗れば沈まない」ことは理解できないなど、その知性には限度がある。また、特に前半では顕著なのだが、彼らの外面だけを読むとそのほとんどが現実のうさぎの生態を忠実に書いてあって興味深く読めた。うさぎ詳しい人ほどこの物語はリアリティを感じながら読むことができると思う。

 ここまでは上巻まで、下巻からは新しい住処であるウォーターシップ・ダウンに辿り着いたヘイズル達が雌を得るための冒険としてイエウサギの飼われている農場へ冒険したり、他所のうさぎ村へ派遣し軍国主義的なうさぎ村エフラファと敵対するなどうさぎらしさはなくなってくるものの、ビグウィグによる敵地への潜入や戦いなどものすごく熱くなってくる。ビグウィグのかっこよさ。その戦いはやはり苛烈ですさまじい。リアルで想像すると結構ショックな光景に。

 語りきれなかったけど、うさぎの神話とかうさぎ語や彼ら特有の言い回しなんかも、非常によくできている。死ぬことを「走ることをやめる」と表現するとかツボにはまった。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2月にやったゲーム

2月のゲームメーター
やったゲームの数:3本

▼やったゲーム
フェイト/エクストラ CCC 通常版 (特典無し)フェイト/エクストラ CCC 通常版 (特典無し)
クリア日:02月28日
ちいさな彼女の小夜曲 (feng)ちいさな彼女の小夜曲 (feng)
クリア日:02月14日
Forest (ライアーソフト)Forest (ライアーソフト)
クリア日:02月09日

ゲームメーター
プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー