月刊オススメの本2014年9月号

空挺懐古都市
 第一話がびっくりするほどよく出来ていて切ない。この都市では一番大事な人のことだけを忘れてしまうという風土病がある。大切な人に忘れてしまう、忘れている相手こそが一番大切である、一番だと忘れてしまうから二番目に好きな人
と恋をするといった話があってとても切ない。

陸と千星~世界を配る少年
 接点のない二人はお互いに自分から近づくことがないため、二人の間にはほと
んど何も起きていない。きっかけがないから行動も起こせずほんともどかしい。 文学少女やヒカルであった黒い部分がほとんどないので、黒いのが苦手な人もどうぞ。

サングリア ‐In the Dracuria earth‐ Rの一族
 王道はちゃんと書けば面白いのだが、俺が力に覚醒するの好きすぎるだけでかもしれない。2巻に期待。

蒼天のサムライ 第一部 端琉島脱出戦
 ドラゴンなんだからそりゃあ戦闘機と戦えるよね。負け戦やゲリラ戦楽しいのでもっと書いてほしい。

空飛ぶ馬
 謎解きも良いのだが何より文章が読んでいて心地よい。温泉にでも入りながらゆったりと読みたい一冊。
スポンサーサイト

10月に読んだ本

 眠れない眠りたいおなかへった。

続きを読む

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー