アンディ・ウィアー 『火星の人』 読了

 火星版ロビンソン・クルーソー。孤島サバイバル in 火星。

 主人公のマーク・ワトニーは火星探査船が離れる際に事故にあい死んだと推測されて置いて行かれてしまった。マークは次の火星探査船が火星に来るまで(約4年)、生き延びるための生存戦略を始める。
 マークの置かれている状況は過酷だ。火星には人間が生存するための酸素も水も温度もない。当然、4年分も食料は用意されていない。事前にNASAが火星探査のために用意した分だけで賄うしかない。これらを維持する機械の故障は死に直結する。そんな、ないない尽くしで絶望的とも言える状況をマークは一つずつ解決していく。NASAの宇宙飛行士すごい。

 本書の魅力としてまず最初に上げたいのは主人公のマーク・ワトニーのキャラクターだ。マークは上記の通り酷い状況に陥っているにも関わらず、悲観的になって立ち止まったりしない。現実を見据えながらも前向きで何とかする方法を思いつくさと楽観的でもある。
 こう書くとなかなかの大人物のようだが、マークは一言で表現すると"面白い"人物となる。マークの行動は非常にユニークで読んでいて笑ってしまう。本書のマークの視点はマークの書いたログという形で描写されるのだが、そのログには暇な時間に見ていた70年代のテレビドラマの感想や音楽がディスコしかない(どちらも船長の私物)ことへの愚痴まで書いてある。他にも自分のことを指して火星の王であるとか、ふざけたことを書いていく。わざとふざけている部分もあるんだろうけど、通信復旧後のNASAとのやり取りでもふざけたので、ほぼ素だと思う。

 本書はハードSFではあるが、難しい小説ではない。専門用語はそれほど多くないし、出てくる科学知識のほとんどは義務教育に習うことの範囲内。マークの語り口はわかりやすいので、習ったことを覚えていなくても全然問題ない。読んでいると久しぶりに理科の実験をしたくなる。水素実験とか懐かしい。

 軽い語り口とそれに反比例するかのような紙一重の生存戦略が魅力の一冊。
スポンサーサイト

丸戸史明 『冴えない彼女の育てかた 8』 読了

 7巻の最後に力技でラブコメに戻されましたね。さて、気になる第二部では入学してきた新メンバーの出海ちゃんを原画家に迎えての新生『Blessing software』の活動は、プロット提出と新スタッフ口説きになります。まあ、新スタッフと言っても今まで何度も出てきた伊織くんなんですが。
 
 今回も表紙が加藤! これはついに加藤の時代がやってきたということだろうか。1巻が出た時は最終巻まで表紙にならないんじゃないかと思いましたが、表紙になれるだけのキャラが立ってきたということなんですかね。7巻もステルスしてなかったけど、今回も加藤はステルスしません。育てかたというタイトルだけあって加藤のキャラも育ってきたのかもしれない。今巻はだいぶ正妻の貫禄があります。
 
 シリアスからラブコメに戻って苦しみから解放されて安心して読める。これ全部丸戸史明の手のひらの上で踊らされているかと思うと悔しいですね。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

施川ユウキ 『バーナード嬢曰く。 2』 読了

 読者の一体誰が二巻が出ると予想したでしょうか。SFが読みたい!に出張してたのは知っていましたけど、作者も驚きの二巻発売です。

 相変わらず神林が良いキャラしていて、オタクの悲しい性とかいろいろと感じる。さわ子(バーナード嬢)の何気ない一言が突き刺さったりしていることとか、とても良い。このにわかSF読みを殴ってくる感じはとても心地よい痛みを伴いますね。神林は本当に良いキャラで、1巻ではさわ子の「イーガンの書いてあることがわからない!」という質問に対して「SF読みもよくわからないまま読んでるから大丈夫だ」というニュアンスで返して、さわ子と僕らにわかSF読みの心に安寧を与えてくれました。2巻ではむしろ安寧ではなく、さわ子の発言を僕ら読者に突き刺すための増幅器みたいな役割を担ってくれていいです。死ねる。
 これは神林というより作者の感想なんじゃないかと思わなくないけど、神林は2巻で一番熱く語っている本があるんですよ。それがまさかの水嶋ヒロの「KAGEROU」。もうとっくに忘れ去られたと思われていた「KAGEROU」について本当に熱量を持って語られてるんです。あまり褒めてないんですけど、ものすごい愛を感じますし、次回作を書いてほしいという思いが伝わってつい「KAGEROU」を読みたくなってきます。でも、同時にこの熱い感想を読むと1巻のさわ子の言葉を借りて「KAGEROUはだいたいわかった」と言いたくもなります。

 さわ子の率直な感想は見ていて楽しくなります。「失われた時を求めてなげーよ!」とか「宮沢賢治の表現よくわからない!!」とか率直な意見を読んでいるとダメな共感をしてしまいます。いろんなところでにわかをしている僕はさわ子に共感せずにはいられないし、同時にさわ子には負けられないと思います(なんの勝負だ)。

 こういうのを読んでいるとほんの話ができる友達っていいなーいいなーと思います。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

7月に読んだ本

2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:38冊
読んだページ数:10886ページ
ナイス数:12ナイス

魔術士オーフェン しゃべる無謀編3【ドラマCD付】魔術士オーフェン しゃべる無謀編3【ドラマCD付】感想
無謀編のどうでも良さそうな話がいろいろと本編に絡んでいたので読みなおしている。コミクロンは四部でどのような活躍をするのだろうか。
読了日:7月31日 著者:秋田禎信
四段式狂気 (角川ホラー文庫)四段式狂気 (角川ホラー文庫)感想
怖くないホラーの存在価値について再考することにした。
読了日:7月31日 著者:二宮敦人
サリアの娘―グイン・サーガ(20) (ハヤカワ文庫JA)サリアの娘―グイン・サーガ(20) (ハヤカワ文庫JA)
読了日:7月31日 著者:栗本薫
そんな未来はウソである(5) (KCデラックス 週刊少年マガジン)そんな未来はウソである(5) (KCデラックス 週刊少年マガジン)
読了日:7月30日 著者:桜場コハル
赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)
読了日:7月30日 著者:あきづき空太
Landreaall 26 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 26 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
読了日:7月30日 著者:おがきちか
バーナード嬢曰く。 2 (IDコミックス REXコミックス)バーナード嬢曰く。 2 (IDコミックス REXコミックス)
読了日:7月30日 著者:施川ユウキ
マップメイカー―ソフィアとガラスの地図 (上) (ハヤカワ文庫FT)マップメイカー―ソフィアとガラスの地図 (上) (ハヤカワ文庫FT)
読了日:7月29日 著者:S・Eグローヴ
デルトラ・クエスト2 (2) 幻想の島デルトラ・クエスト2 (2) 幻想の島
読了日:7月26日 著者:エミリーロッダ
デルトラ・クエスト2 (1) 秘密の海デルトラ・クエスト2 (1) 秘密の海
読了日:7月24日 著者:エミリーロッダ
六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫)六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫)
読了日:7月24日 著者:山形石雄
リンゴォ・キッドの休日 (角川文庫)リンゴォ・キッドの休日 (角川文庫)
読了日:7月23日 著者:矢作俊彦
魔術士オーフェンはぐれ旅 原大陸開戦【特製小冊子付き初回限定版】魔術士オーフェンはぐれ旅 原大陸開戦【特製小冊子付き初回限定版】
読了日:7月20日 著者:秋田禎信
不堕落なルイシュ (MF文庫J)不堕落なルイシュ (MF文庫J)
読了日:7月19日 著者:森田季節
されど罪人は竜と踊る 16: 永劫を夢見るままに (ガガガ文庫)されど罪人は竜と踊る 16: 永劫を夢見るままに (ガガガ文庫)
読了日:7月19日 著者:浅井ラボ
猫舌男爵 (ハヤカワ文庫JA)猫舌男爵 (ハヤカワ文庫JA)
読了日:7月17日 著者:皆川博子
秋田禎信BOX秋田禎信BOX
読了日:7月15日 著者:秋田禎信
完璧な夏の日〈下〉 (創元SF文庫)完璧な夏の日〈下〉 (創元SF文庫)
読了日:7月13日 著者:ラヴィ・ティドハー
完璧な夏の日〈上〉 (創元SF文庫)完璧な夏の日〈上〉 (創元SF文庫)
読了日:7月13日 著者:ラヴィ・ティドハー
スチームヘヴン・フリークス 2 (ガガガ文庫)スチームヘヴン・フリークス 2 (ガガガ文庫)
読了日:7月11日 著者:伊崎喬助
マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
読了日:7月11日 著者:冲方丁
エルマーと16ぴきのりゅうエルマーと16ぴきのりゅう
読了日:7月9日 著者:ルース・スタイルス・ガネット
エルマーとりゅう (世界傑作童話シリーズ)エルマーとりゅう (世界傑作童話シリーズ)
読了日:7月9日 著者:ルース・スタイルス・ガネット
なにかのご縁 (2) ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う (メディアワークス文庫)なにかのご縁 (2) ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う (メディアワークス文庫)
読了日:7月9日 著者:野崎まど
ひとつ海のパラスアテナ (電撃文庫)ひとつ海のパラスアテナ (電撃文庫)
読了日:7月8日 著者:鳩見すた
惑星のさみだれ全10巻 完結セット (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ全10巻 完結セット (ヤングキングコミックス)
読了日:7月7日 著者:水上悟志
青酸クリームソーダ〈鏡家サーガ〉入門編 (講談社ノベルス)青酸クリームソーダ〈鏡家サーガ〉入門編 (講談社ノベルス)
読了日:7月7日 著者:佐藤友哉
スレイヤーズ15  デモン・スレイヤーズ! (富士見ファンタジア文庫)スレイヤーズ15 デモン・スレイヤーズ! (富士見ファンタジア文庫)
読了日:7月6日 著者:神坂一
スレイヤーズ14  セレンティアの憎悪 (富士見ファンタジア文庫)スレイヤーズ14 セレンティアの憎悪 (富士見ファンタジア文庫)
読了日:7月6日 著者:神坂一
スレイヤーズ13  降魔への道標 (富士見ファンタジア文庫)スレイヤーズ13 降魔への道標 (富士見ファンタジア文庫)
読了日:7月6日 著者:神坂一
スレイヤーズ12  覇軍の策動 (富士見ファンタジア文庫)スレイヤーズ12 覇軍の策動 (富士見ファンタジア文庫)
読了日:7月6日 著者:神坂一
エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)
読了日:7月5日 著者:ルース・スタイルス・ガネット
スレイヤーズ11  クリムゾンの妄執 (富士見ファンタジア文庫)スレイヤーズ11 クリムゾンの妄執 (富士見ファンタジア文庫)
読了日:7月5日 著者:神坂一
おおくにぬしのぼうけん (復刊・日本の名作絵本)おおくにぬしのぼうけん (復刊・日本の名作絵本)
読了日:7月4日 著者:福永武彦
太陽の塔 (新潮文庫)太陽の塔 (新潮文庫)
読了日:7月4日 著者:森見登美彦
ユージニア (角川文庫)ユージニア (角川文庫)感想
灰色の物語。
読了日:7月2日 著者:恩田陸
スレイヤーズ10  ソラリアの謀略 (富士見ファンタジア文庫)スレイヤーズ10 ソラリアの謀略 (富士見ファンタジア文庫)
読了日:7月1日 著者:神坂一
ガッチャマン クラウズ ノベライゼーション SUGANE NOTE 2015-2016ガッチャマン クラウズ ノベライゼーション SUGANE NOTE 2015-2016
読了日:7月1日 著者:大野敏哉:著キナコ:絵タツノコプロ:原作

読書メーター

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー