羊太郎 『ロクでなし魔術講師と禁忌教典シリーズ(6巻まで)』  読了

 間違えてコミックを買ってしまった時は大変辛かったですが、書い直してもちゃんと元は取れたと思うくらいは面白くて良かった。大当たり。王道は面白いんだというのを地で行く作品。だいたい予想がつくのに面白い。

主人公グレンについて
 主人公グレンはロクでなし扱いされていますが、どちらかというとガキっぽいという表現が正しいと思う。なんかこいつの働きたくないーって学生時代の学校生きたくねーゲームやってたいとか宿題やりたくねーというのを思い出す。毎月ソシャゲガチャを数万引いて、生活費に響かせるタイプっすね。好きな女の子に素直になれないツンデレっぷりを発揮する(5巻回想)とかお前は子供かと言いたい。いろいろあって送り迎えなどあからさまにルミアを贔屓しているが、ルミアには人徳があるため女子生徒に粉かけるクソ野郎として評価されている魔術講師。

ヒロインについて
 講師としてやる気を出す過程とか、戦闘が始まる原因とかルミアちゃんがヒロイン力高い。僕は清楚系ヒロインが好きなのでルミア派です。出番も活躍も控えめなんですけど、安定したメインヒロイン力を持っていていい。こういう控えめな子がもっとメインヒロインになるべきなんですよ!と熱く主張したい。後衛・回復支援系。

 出番で言えば圧倒的に多いにも関わらずかませ感溢れるツンデレの白猫。名前が覚えられない。一巻ではバトルヒロインを担当したくせに後からやってきたヒロインにバトルヒロインの座を奪われるというかませ力溢れるヒロイン。登場回数や主人公との接点やら人命救助のためにちゅーしたりとか、フラグを立てているようで、主人公のグレン側には立っている気配がない。一巻の表紙担当のヒロインにしてこのかませっぽさは逆にすごい。そのまま、かませで終わってくれ。5巻にてバトルヒロインの座に返り咲いたので今後の活躍が期待される。中衛・魔法攻撃型。

 2巻で登場のリィエルはかつての同僚として味方に、そして3巻でバトルヒロインへの昇格という順調に白猫の立場を奪っていく快挙。3,4巻ではメインヒロインを張ったが、上下巻構成なのに地味にアルベルトが活躍してしかもツンデレっぷりを発揮するせいか、メインヒロインというには少々弱い。学校での扱いはマスコット。マスコット過ぎてヒロインとして弱い。錬金術で超高速で武器を練成して物理で殴る前衛・攻撃型。

学園物として
 魔術講師としてその魔法がどういう風に出来ているのか説明したりする。そうでなければ固有魔法を作成できないので当然なんだけど、講師シーンはその世界について読者が一緒に学べるので楽しくないと辛いし、ちゃんと物語に繋がるという点でいいですね。
 グレンは生徒のことをちゃんと見てるので、誰がどんな魔法系統が得意でどのように使えばいいのか的確なアドバイスができる。学園パートは概ね調子に乗ったグレンが勝負吹っかけたり吹っかけられたりして授業なり学園祭なりでバトルだ! と生徒達が巻き込まれるという傍迷惑な内容になってます。クラスメイトは一芸特化が多いのとグレンは短期的な訓練が無駄に上手いので、優等生達と戦っても勝負になるという王道。分かりやすい面白さがある。

 何度でも言うが学校の制服がハレンチすぎる。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

リンク先とかみてた

 ブログ幼馴染であるsi-taさんのブログが復活した。最近は感想ブログが減ってきたのでありがたい。長続きするように末永く見守って生きたい。カスタムメイド3D2ブログになったとしても。
 それは冗談としておいといて、最近自分のブログを見ることもなくなったなあと思って全体像を眺めてたんですが、思いのほかリンク先のブログが更新停止してますね。RSSで登録してないところは全然気付かなかった。就活卒論就職病気の連続で倒れてからほとんど見なくなったので、そら気付かないよな。
 もともと更新頻度の極端に低いニッチな内容のオプさんの名無しのオプのはてブ「中国娯楽小説中心」はいつも通り変わっていないと言えなくもないですが、他はいつの間にか有名ラノベブロガーになっていたけけさまことペンキさんのまだまだペンキぬりたて(いつまでぬりたてなんだろう)と交流は既になくなったもてりあさんの飼い犬に噛まれつづけてぐらいで他のリンク先の更新が止まっている。都会に居た頃はオフレコなので詳しく書けないラノベオフとかにも行ったけど、年々ラノベ読み(昔は読んでた)にクラスチェンジしてるので仕方ないね。そんな中でラノベ感想を定期的にあげて毎週ラノベ感想生放送をしているけけさまはすごいな。

 まあ、実はここまでは前振りです。そう、ラノベ感想ブログがないと嘆くことは多いですが、探せば若い世代は出てくるのです。具体的にはこういう記事とかな! 

 最近の〝ラノベ〟を紹介している最近の〝ラノベ感想ブログ〟を紹介します。(2015年6月現在)

 ときどき暇なときに新しいラノベ感想ブログの発掘してます。Twitterとかだともう古参で固まってしまっていてあまり新しい作品の感想で盛り上がったりしないのでこういう若手は大事にしたい。具体的にはモチベーション維持のためにコメントしたりとかしたい。まだしてないけど。

 最近はライトノベル個人史を書くのが流行みたいですけど、ぼく個人史書けるほどラノベ読んで生きてきた人間じゃないので困る。エロゲ個人史なら書けるけど、時効っていつだろう。

汀こるもの 『レベル96少女 不穏な夏休み』 読了

 汀こるもの先生の最新作! 流行ネタ用語をふんだんに使用していますが、作者は常に出版前にこの言葉消えたりしないかなと不安だそうです。この物語を楽しめるのはリアルタイムに俺ら生きている俺らだけ! と思うとなんとなく今を生きていることに優越感を抱けたりしませんかね。しないですよね。

 今回は善意の人助けによる被害が目立ちましたね。実はデビュー作の頃からそうなんですが、こるものワールドでは善意の人助けが原因でひどい目に遭うキャラが多いです。交番勤務の警察官が老人に親切にしたら死神の付き人になって、孤島サバイバルしているTHANATOSシリーズ(ステマです。買ってください)。Fateのエミヤくんみたいに人助けが趣味ですみたいな奴がいたらたぶん死ぬ。

 話が逸れましたが、れべきゅーシリーズはメインが中学1年生(女子)なので、人助けで大ダメージを負うのは流石に可哀想ですね。困っている男の子に声をかけたら実は相手が妖怪で無理心中させられそうになる芹ちゃんとか可哀想にも程がある。
 いつもいつも友人のいっちゃんに助けられては申し訳ないし、迂闊な事をした(困っている人に声をかけただけです)のが原因なので怒られるのが嫌という理由で溝越さんと解決を目指すというものです。前巻で宝具があることが判明した雀のほうが頼りになるのに、雀さんを尊重して溝越さんを相方にする芹ちゃんは優しい子です。溝越さんがたいして役に立たないのは分かりきっていたことなのでネタバレしますが、この話は芹ちゃんの友情パワーが炸裂します。ちょっと感動しました。いっちゃんはもっと芹ちゃんを大切にしたほうがいい。

 もう一つはいっちゃんの毒祖父が現れて霊感商法による人助けに借り出されるという話なんですが、うんまあ、これまでろくでもない親であったことは自明だったんですが、毒祖父。本当に毒ですね。もともといっちゃんは霊能力で怪物退治とかを生業にしてノブレス・オブリージュみたいな感性を持っているので人助けしたい。さすがに他の霊能力者の仕事を奪うような真似はしたくないので、仕事を選びますが、お爺ちゃんの手伝いという言い訳を得て借り出します。
 霊能力でろくなことがなかったいっちゃんの父・大雅は当然嫌がります。というか、娘を霊感とかそういうのと関係ない真人間に適応させようとしていたところに霊能力関係者が嫌になった最大の原因である自分の親父が出てきたんだから、まあ、キレるよね。さすがに家出するのはどうなのかなあと思ったけど、いっちゃんの性格を把握して気軽にこれるところにプチ家出していっちゃんに祖父が嫌になったらいつでも遊びに来てね! とちゃんと連絡先も教えてるし、身の回りの世話する人間と妖怪が祖父含めてあれだけいたら育児放棄とは言い切れない! なんか最後は良い話風ではなく本当に良い話で締めたけど、ちょっともやもやする。
 いっちゃんが意外と日常生活に適応していたこととか、毒祖父に搾取されている現状の悲惨さとか芹ちゃんの友情とか見所は多いんだけど、祖父が無事旅立ってしまったことがもやもやする! HENTAIを容赦なく物理で殴る雀ですら何もしないなんて! まあ、さっさと銃で解決しようとしたのを釘を刺されたのかもしれない。
 ぼっちでも良いからご飯はちゃんと食べよう!

 感想というかただの紹介文になってしまった。まあいっか。

トトリのアトリエやってました。

 さて、ブログの減少を嘆く前に自分で書けというのは当然の意見なので書きます。継続は力なりといいますが、継続する予定はないです。久しぶりに新作エロゲに本気を出す予定があるので。

 まあ、それはともかく最近読んだ本とかの感想をしたいところですが、最近はトトリのアトリエplusにかまけてそもそも読んでません。ぼくはロリ物だめなんですけど、ロリショタとなると大好物なので、ジーノくんとのそういうものを期待してやったら一気に師匠組にハマりました。ステロロ良いよステロロ! でも、悲しいことにくっついたりはしないらしい。ステロロ結婚イベント切実に欲しいです。
 ルーンファクトリーのときもそうでしたが、この手のゲームをやると完全に冒険を放置してしまうのでよくないですね。農業と鍛冶にかまけて冒険しないルーンファクトリーと錬金術にかまけて冒険しないアトリエ……お陰でイベントボスがめちゃくちゃ強かったです。一週目はチュートリアルと聞いたし、何も考えずにプレイしようとか書いてあったけど、これどういうアイテムになんの品質や特性をつけられるのか意識して考えないとチュートリアルにすらならないじゃん!
 というわけでググりながら二週目していますが、どのマップで何のアイテムがとれるのかデータが消えるので攻略サイト見まくって出先でプレイできない。
 今年中にトゥルーエンドを見て、エスカ&ロジーに行きたい。約束された勝利の固定カップリング。

月刊オススメの本2016年10月号まとめ

ロクでなし魔術講師と禁忌教典シリーズ(6巻まで)
 間違えてコミックを買ってしまった時は大変辛かったですが、書い直してもちゃんと元は取れたと思うくらいは面白くて良かった。大当たり。王道は面白いんだというのを地で行く作品。だいたい予想がつくのに面白い。
 主人公グレンはロクでなし扱いされていますが、どちらかというとガキっぽいという表現が正しいと思う。好きな女の子に素直になれないツンデレっぷりを発揮する(5巻回想)とかお前は子供かと言いたい。
 講師としてやる気を出す過程とか、戦闘が始まる原因とかルミアちゃんがヒロイン力高いです。僕は清楚系ヒロイン好きなのでルミア派です。出番で言えば圧倒的に多いにも関わらずかませ感溢れるツンデレの白猫なんて、一巻ではバトルヒロインを担当したくせに後からやってきたヒロインにバトルヒロインの座を奪われるというかませ力溢れるヒロイン。フラグイベントが有効に機能してないので、そのままかませで居て欲しいですね!
 魔術講師としてのグレンは暗記するのではなく、どのようにして起きるのかひとつの魔術について深く学んでいます。そうでなければ固有魔法を作成できないので当然ですが、講師シーンはその世界について読者が一緒に学べるので楽しくないと辛いし、ちゃんと物語に繋がるという点でいいですね。
 戦闘はなんかもうすごい分かりやすいです。一巻のネタバレになるため伏せますが、主人公の固有魔法が判明した時点でかつてどのようにして戦ってきたのか分かるくらいです。2巻でかつての同僚が出てきた瞬間にかつてどのようなパーティー構成で戦ったのかすぐに分かると思います。
 ヒロイン達の制服がハレンチすぎる。

青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない
 前巻では究極の選択みたいなものを突きつけられましたが、今回は前回で失われたものを取り戻す物語となります。最終巻にふさわしく各巻にあったあれやこれやがあるからこそ、受け入れられる状況設定に各巻ヒロイン達の助けを借りて目的に辿りつきます。これ、第二部の予告読むまで普通に最終巻だと思いました。

剣と炎のディアスフェルド
 魔女は月出ずるところに眠るがめっちゃ面白かったので、作者買いした。兄王子を人質に出すことで戦争を停戦を終結するところとなったイアンマッド王国。国内では残った弟王子が他国からの謀略に対抗するために英雄振りを人質に出た兄王子は人質の身でありながら、あふれ出るその英雄振りで名声を高めていくという骨太ファンタジー。
 優秀な剣士であり、民を思いやり、兄を思いやるがゆえに優柔不断な面を見せる弟王子のレオーム。もどかしいと感じるものの、だからこそ、その人柄に惚れて周囲がついていくのも分かる好人物。これだけ書いて戦記物としても楽しいものが出来上がったと思う。
 それに加えて兄王子ルスタットの英雄譚もあります。人質という立場でありながらも、通行人から無茶なことを言って絞れるだけ関税をとろうとする悪漢を懲らしめたりと、この人は素で英雄振りが板についてるとなかなか今には見ないタイプでこちらも面白い。

赤髪の白雪姫 16
 電書になかなかならないのでつい紙で買って読んでしまった。木々さんの結婚話から不穏なことになってきました。ミツヒデとヒサメの間にある恋敵とのギスギスとした距離感が良い。登場人物は至近距離なので辛いでしょうが、安全圏から見ている分には楽しいですね。

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
 打ち切りの危機からこのラノ上位入賞で最近ではアニメ化も決定したというファンに支えられてここまで来ました感あるシリーズ。ごめん、実はまだ三巻までしか読んでない。ハッピーエンドを目指すのかなと思ったら全然そんなことなかったですね。決戦兵器は不幸少女にしか使えないので使えるということはつまり不幸になる運命とか酷すぎます。不幸少女マニアさんにオススメしたい。

そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐

 主人公の能力とやってることを見て、一瞬だけお前はZero Infinityのアポルオンかよ! と思いました。マイナーすぎて伝わらないと思いますし、たぶんググってもわかりません。
 気を取り直して。シェアードワールドって好きなんですよ。シェアードワールドって一つの世界でいろんな事件が起きていて、事件(作品)の数だけ主人公がいる。たった一人の主人公だけしかないのではなく、多数の主人公が大きな事件から小さな事件まで解決していく。そういうのがたまらなく好き。
 これは前を向き進み続ける人間を愛する主人公と前を進み続ける人間の歪さが浮き彫りになったところで終わっていて、そういうの良い。あとエロい。まさかここまで続くで終わるなんて思わなかった。ところで、このテーマってやっぱりZero Infinity というlightのエロゲに感化されてませんかね。

いつか世界を救うために -クオリディア・コード-
 神奈川編。初っ端に触れたものが触れたものなので、バトルを主軸にしていくとは思わなかった。いや、なんか普通に面白いし普通にヒロインの周囲は変態だしラノベって感じがする。ツンデレ主人公がデレるまでのお話としてなんか普通に楽しかった。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

10月に読んだ本

2016年10月の読書メーター
読んだ本の数:39冊
読んだページ数:12686ページ
ナイス数:15ナイス

魔導の系譜 (創元推理文庫)魔導の系譜 (創元推理文庫)
読了日:10月30日 著者:佐藤さくら
凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)
読了日:10月30日 著者:河野裕
エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)
読了日:10月28日 著者:森田季節
魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)
読了日:10月27日 著者:遠藤浅蜊
終わりのセラフ4 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)終わりのセラフ4 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
読了日:10月27日 著者:鏡貴也
汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)
読了日:10月25日 著者:河野裕
その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex)その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex)
読了日:10月25日 著者:河野裕
いなくなれ、群青 (新潮文庫nex)いなくなれ、群青 (新潮文庫nex)
読了日:10月23日 著者:河野裕
白光の召喚者 (魔法師グリーシャの騎士団)白光の召喚者 (魔法師グリーシャの騎士団)
読了日:10月23日 著者:リー・バーデュゴ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (6) (ファンタジア文庫)ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (6) (ファンタジア文庫)感想
前衛、後衛共にバトルヒロインへの昇格が終わったので、ヒロインと共闘して本格的な戦闘! 今回は講師っぽくないですね。
読了日:10月18日 著者:羊太郎
ロクでなし魔術講師と追想日誌 (ファンタジア文庫)ロクでなし魔術講師と追想日誌 (ファンタジア文庫)
読了日:10月17日 著者:羊太郎
ディスコ探偵水曜日〈中〉 (新潮文庫)ディスコ探偵水曜日〈中〉 (新潮文庫)
読了日:10月17日 著者:舞城王太郎
異世界拷問姫 (MF文庫J)異世界拷問姫 (MF文庫J)感想
ヒロインが無慈悲に処刑していくけど、ヒロインによる拷問描写なくね?
読了日:10月16日 著者:綾里けいし
ハルコナ (新潮文庫nex)ハルコナ (新潮文庫nex)
読了日:10月16日 著者:秋田禎信
グランクレスト戦記  2 常闇の城主、人狼の女王 (富士見ファンタジア文庫)グランクレスト戦記 2 常闇の城主、人狼の女王 (富士見ファンタジア文庫)
読了日:10月15日 著者:水野良
冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場
読了日:10月15日 著者:冲方丁
青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない (電撃文庫)青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない (電撃文庫)
読了日:10月14日 著者:鴨志田一
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (5) (ファンタジア文庫)ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (5) (ファンタジア文庫)感想
バトルヒロインから転がり落ちた白猫がバトルヒロインに返り咲く話。登場回数の多さの割にサブヒロインぽかった白猫がヒロイン力アップ! でも、まったく恋愛対象として意識されてませんね!! 白猫の気持ちを放置してヒートアップするところとか最高。
読了日:10月14日 著者:羊太郎
終わりのセラフ3 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)終わりのセラフ3 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)感想
いろんな意味でツンデレがついにデレた。
読了日:10月14日 著者:鏡貴也
終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
読了日:10月14日 著者:鏡貴也
ファイアスターター (下) (新潮文庫)ファイアスターター (下) (新潮文庫)
読了日:10月14日 著者:スティーヴン・キング
グランクレスト戦記  1 虹の魔女シルーカ (富士見ファンタジア文庫)グランクレスト戦記 1 虹の魔女シルーカ (富士見ファンタジア文庫)
読了日:10月14日 著者:水野良
世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)感想
ヒロイン達は超強いので戦えば勝ってしまうので、雑魚戦だけしてボス戦は主人公だけが戦います。えーそれはちょっと……。
読了日:10月11日 著者:細音啓
剣と炎のディアスフェルド (電撃文庫)剣と炎のディアスフェルド (電撃文庫)
読了日:10月11日 著者:佐藤ケイ
赤髪の白雪姫 16 (花とゆめコミックス)赤髪の白雪姫 16 (花とゆめコミックス)
読了日:10月10日 著者:あきづき空太
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (2) (角川スニーカー文庫)終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (2) (角川スニーカー文庫)
読了日:10月8日 著者:枯野瑛
世界の終わりの世界録<アンコール>1 再来の騎士 (MF文庫J)世界の終わりの世界録<アンコール>1 再来の騎士 (MF文庫J)
読了日:10月7日 著者:細音啓
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (4) (富士見ファンタジア文庫)ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (4) (富士見ファンタジア文庫)感想
主人公が超必殺技を持っていること忘れてました。戦闘で役に立つバトルヒロインが生まれたけど、システィーナどうするんだろう……。
読了日:10月7日 著者:羊太郎
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (3) (富士見ファンタジア文庫)ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (3) (富士見ファンタジア文庫)感想
脇役がヒロインに昇格した。
読了日:10月7日 著者:羊太郎
そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐ (MF文庫J)そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐ (MF文庫J)
読了日:10月5日 著者:さがら総(Speakeasy)
いつか世界を救うために -クオリディア・コード- (富士見ファンタジア文庫)いつか世界を救うために -クオリディア・コード- (富士見ファンタジア文庫)
読了日:10月5日 著者:橘公司(Speakeasy)
アサシンズプライド (2) 暗殺教師と女王選抜戦 (ファンタジア文庫)アサシンズプライド (2) 暗殺教師と女王選抜戦 (ファンタジア文庫)
読了日:10月5日 著者:天城ケイ
アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)
読了日:10月5日 著者:天城ケイ
アオイハルノスベテ5 (ファミ通文庫)アオイハルノスベテ5 (ファミ通文庫)感想
主人公がハーレムラブコメの主人公になったというお話だった。
読了日:10月5日 著者:庵田定夏
アオイハルノスベテ4 (ファミ通文庫)アオイハルノスベテ4 (ファミ通文庫)感想
3巻で恋人との人間関係を壊すような策を使われたのに遺恨を残さない生徒会長。すごい人間性だ……。
読了日:10月5日 著者:庵田定夏
アオイハルノスベテ3 (ファミ通文庫)アオイハルノスベテ3 (ファミ通文庫)
読了日:10月5日 著者:庵田定夏
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (2) (富士見ファンタジア文庫)ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (2) (富士見ファンタジア文庫)感想
予想を9割外さないのにめっちゃ面白い……。
読了日:10月5日 著者:羊太郎
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)感想
間違えてコミックを買ってしまった時は辛かったですが、書い直してもちゃんと元は取れたと思うくらいは面白かったですね。
読了日:10月1日 著者:羊太郎
金色の文字使い-勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (ファンタジア文庫)金色の文字使い-勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (ファンタジア文庫)
読了日:10月1日 著者:十本スイ

読書メーター

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー