FC2ブログ

今年読んだベストラノベと少女小説を語りたい。

 年末なので毎年量が多すぎて個別語りで挫折している年別ベストを書こうと思う。ラノベと少女小説で。まあ、いつもどおり語るのは読んだ本で出た本ではないです。

『継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない』
 この本について熱く語るとテンションが上りすぎて体が燃え上がり体調が悪化する本。帯の「まだお互いに、好き同士」。と書いてあるだけあって、相手のことを嫌おうと思いつつきょうだいになってしまった以上は上手くやろうとしていて、中途半端な距離感で中途半端なことしてるから焼けぼっくいに火がついたり、傍から見ていていちゃいちゃしているようにしか見えねえ!! 甘いラブコメです。ツンデレカップル元カノカップルできょうだいもので、これはくっついたらくっついたで親との対峙が避けられないので、完全に俺のツボを突かれました。作者は平行世界で小説家になった僕か何かか?と思うくらい俺のツボが点かれていた。いやもう、最高なんですよ! 付き合ってた時にセックスに挑んでヘタレてたり、そういう話をしてたら火がついてキスしかける流れになったり、口では拒絶しつつ受け入れようとするとか、お前らさっさとやり直せよ!!! おれはそろそろウェブ小説版も読まないといけない気がする。作者の他の作品も読もうと思います。

『涼宮ハルヒの憂鬱』
 い、いまさら?って俺も思う。でも、面白かったですね。メタフィクションを理解できるようになって、キョンの内面の行間が読めるようになってからのハルヒは十数年前に読んだときとは別の味わいがありました。今度角川文庫から出るようですね。一般文芸でも売れると判断されたというのはまあ、良いことなんではないでしょうか。いやあ、ハルヒがいつキョンにデレるようになったのかとかきっかけはとか、長門が意外とこの時点からキョンにデレてたりとか発見の連続だった。再読というのは良いものですね。

『ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける』
 なろうラノベの中でもかなり面白い。著者は横塚司の正体は瀬尾つかさということで、やはりプロとなると文庫一冊にどのくらい文章が入るのかという計算がしてあって一冊でのちゃんと盛り上がるところを用意してとプロの匠の技を感じますね。あと単純に面白い。主人公達のパワーインフレがすごいんですけど、敵のパワーインフレも同時にすごい。今読んでるところでは、少なくとも、パーティメンバーに死人は出ないんですが、腕の一本は普通にぶった切られたりするので、勝てるのかどきどきしますね。主人公だけでなく転移者全員がレベルアップとスキルというチート能力を持っているのもいい。

『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』
『ラストエンブリオ』

 いやあ、再読は楽しいですね。めっちゃ捗ります。結構、SF設定が難しい感じになってきたのでそろそろ副読本でませんかね。ファンブック的な。圧倒的な主人公が勝てない相手との戦いというのは心躍りますね。ラストエンブリオでまたしてもパワーアップイベントが起きたので、また圧倒的なパワーで勝つんだろうけど、ラストエンブリオでは戦闘能力のないキャラもいるので、結構ピンチが多いですね。どうなるんだろう。

『ラグナロク:Re』
 ハルヒがアニメ化する前、かつて角川スニーカー文庫を代表する作品の一つであったラグナロクのリブート版。過去作とはまったく別物というわけではないですが、8割くらい違うので、今からの読者でも安心。思い入れがありすぎるためにかつての作品と全然違うところに驚いたり、これを可能性のひとつと考えるとヴァルハラと共闘関係になったりするの。ヴァルハラとの出会いが最悪すぎただけなのかなと思う。ジェイスの登場はまだですか。というか、前にはあったジェイスとか別キャラ視点の話はやるんだろうか。

『ショートストーリーズ 僕とキミの15センチ』
 すごい良かった……。ライトノベルでこんなに充実したアンソロジーを読んだの初めてだ。どれも良い作品だし、僕とキミの15センチというタイトルから連想する展開はちゃんとあるし、最高だった。各話感想を書くには時間が経ちすぎてるんですが、一番良かったのは幼馴染の女の子とキスする話です。いやあ、女の子側の誘導が上手い。男の子完敗じゃないですか。あと三角関係の話は厄介な女の子がめちゃめちゃ厄介で良かった。

『優雅な歌声が最高の復讐である』
 本山らのちゃんが参加していた?いたよな?ラノベ読みのビブリオバトルで知ったんですが、青春ライトノベルです。怪我を負ってしまって燻っている男の子と歌姫だったけど、活動停止中の女の子。二人がいちゃいちゃしてるし、いちゃいちゃしてるし、良かったです。欲を言えばキスシーンが欲しかったですね!

『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
 過去に何度か語りましたが、ディスコミュニケーションがすごい。会話が成立してるのに内容は通じ合ってなく勘違いしている。特に一巻はまともに会話が成立する組み合わせがほぼないという脅威のすれ違いっぷり。会話の9割はすれ違っていて、まともに会話が成立するのを探すのが早いほう。全部読めとは言わないが、一巻を読んで欲しい。究極のすれ違い、ラブコメがここにある!

『三角の距離は限りないゼロ』
 今年のベストは継母の連れ子が~なんですが、今年の2番目の青春ラブコメはこれだ! キスシーンもある! 電子書籍に配慮した挿絵! いや、良いですね。繊細な10代の心情描写がいいですし、良い作品だった。就職したら再読して2巻も読むんだ……。失恋探偵ももせ以来でしたが、他の作品も読みたくなるなあ。

『叛逆せよ! 英雄、転じて邪神騎士2』
 1巻では主人公が問題を先送りにしたり、なまじ解決できてしまうだけの武力があってしまったので、ただ強いだけの性根の優しい少年(元勇者一行の戦士)が圧倒的な武力で解決して根本どうするのって感じでしたが。憎悪を捨てられなかった男が自分を見つめ直して正気を取り戻したりと相変わらず男キャラ書くの好きだな作者。今回はなかなか大掛かりだったトリックがあったので、おおうと驚て膝を打ちました。

『賭博師は祈らない』
 厭世的な賭博師ラザルスが間違って大勝してしまって、殺されないために高い商品を買ったら喉を焼かれた褐色美少女だった。奴隷として喉を焼かれて希望を持てないヒロインにラザルスが衣食住を与えて仕事を与えてとやっているうちに、情が移っていくとかけばよくある話なんですが、すごい高レベルでまとまっている。電撃の受賞者はいつも高レベルな本を出してきますね。大変おもしろかったし、祈らないというタイトルとオチがちゃんと繋がっていてよかったですね。

『本好きの下剋上』
 なろうで読みましたが、めっちゃ面白かった。前世の知識で頑張る話なんですが、まず、本が高くて買えないなら自分で本を作ろう!と作るところから始めようとするのが良い。試行錯誤していくものづくりの話は好みです。面白いに決まってるんだよなあ。知識を実践・応用する能力って間違いなく才能なのですごい。

『少年陰陽師』
 再読。面白かった。少年漫画のノリで楽しい。めちゃめちゃ長いですが、計画性を持って読んでいきたいところです。死ぬまでに最後まで読みたい本ですね。

『おこぼれ姫と円卓の騎士』
 昔体調が悪かった時に読んだときにはそこまでハマらなかったんですが、体調が良くなってから読んだら面白いですね。体調は大事だ。転生者であり、自分が王になる未来を知っていて第一位継承権まで手に入れている主人公が信頼の置ける騎士を得るために努力したり、王位継承権を争うライバルになった兄達と上手くやりたいけど、立場が邪魔して上手くできなかったりと奔走する。男前主人公が男前です。今読んでるところは、自分の足元を固める段階なので、暗殺されたかけたりするレベルなんですが、絶対内戦起きるでしょこれ。楽しい。

『首の姫と首なし騎士』
 引きこもりを助けてくれるヒーローって構図が苦手でヒーローを美少女にしても苦手なので嫌いなシチュなんですが、人間関係が苦手でとかコミュ障ではなく、嫁の貰い手がなくて好きなことを好きなようにやっていて、親との関係が微妙だからというなかなか引きこもりというか、引きこもってはいるけど、精神は引きこもり系ではなかった。
 物語は主人公とヒロインのラブコメかと思ったら王位継承の話で、ドロドロとしていた。まだ一巻しか読んでないので、続きが楽しみです。

『彩雲国物語』
 今年のベスト少女小説を挙げるなら、間違いなくコレである。というか、コレと十二国記を読んでいたので、10年前に履修するところを今履修している。いや、彩雲国物語の良いところを今風に言うなら各キャラクター間に流れる巨大な感情のやり取りが見所ですよ。少女小説だから男と女の巨大な感情のやり取りがあるのもいいんですが、男と男の巨大な感情のやり取りも見所です。愛が重い連中だけど、献身がすごい。
 物語後半に入ってくるとギャグパートへのシリアスが反逆してきて、ボッコボコにしていくのがすごい。理でギャグパートが重い負債になっていき追い詰められていくのがいい。
スポンサーサイト



テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ダークソウル1をクリアした

 この一年で遊んでいたダークソウルをクリアした。ダークソウルはゲームを楽しもうという意欲に満ちていたので、楽しかった。全エリアに行ったし、全ボスを倒そうと思った。最近ゲームをクリアする際にゲームシステムを楽しんでいないことが多かったので、あまり効率ばかり考えるのも良くないなと感じた。後、難易度が高いと言うが竜狩りを倒した後は別にそんな強い敵とかいなかった。素で黒竜を倒すのを忘れたまま大王グウィンを倒してしまったので、二週目遊ぶか迷っている。どうするか。

 以下、ボス所感

陰の太陽グウィンドリン
 魔法がめっちゃ痛くて黒騎士の盾で挑んだので普通に死んだ。基本は魔法を回避して盾で防いで近づいて殴るだけなのでミスらなければ強くはなかった。

半竜プリシラ
 尻尾を切ることができなくて泣いた。道中の悪辣さからは考えられないほど弱い。可愛いのでやるのは心が傷んだが、まあ、シフほどではない。

はぐれデーモン
 普通に倒せたね。

混沌の苗床
 ギミックの進行が死んでもリセットされないので3回くらい死ねば普通にクリアできると思います。ジャンプの練習をしとけば、まあ、楽。

霊廟の聖獣
 攻撃がダイナミックなのでびっくりしましたが、やるべきことをやれば普通に勝てるのではないでしょうか。

騎士アルトリウス
 超強い。何度もやられた。パワーアップ期間に連続攻撃すればパワーアップを止められると知ってからザクザク攻撃したら倒すのも楽になるでしょう。シンプルに強くてかっこいいので楽しかった。倒せそうで倒せないもどかしさ。とにかくかっこいいので良かった。

深淵の主マヌス
 攻撃する姿がダイナミックに動いて強そうに見えるのだが、意外と攻撃力が高くない。魔法を撃たれると下手すると死ぬのだが、物理攻撃に関しては対処が可能。ダンジョンにはその辺に人間性が落ちているので、回復アイテムを気にせず戦うことができ、それなりに死んだのだが対処方法がぱっと思いつくので、勝てないのではとビビることはなかった。見を鍛えればなんとかなる。

薪の王グウィン
 重装備である上級騎士はグウィンからすばやく逃れることができない上に連続攻撃でスタミナをすべて削られるため、超強敵……のはずなのだが、このダークソウル1というゲームには最大の防具がある。それは柱と高低差だ。大王グウィンは高低差を利用するすべを知らなかった。そのため、本来なら重装備の騎士などでは倒すのが難しい(パリィを使えば別)相手だったが、初見で倒せてしまった。

早川セールなのでラノベ読みにオススメの本を紹介したい

 早川電子書籍セールなので、オススメな本を紹介する記事は結構いろいろ出てますね。ぼくも書こうと思うのですが、自分でもいろいろと読んでから書こうと思ったら体調を崩して新しく読めないので、既存作品をオススメします。

百合
裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル
 作者がやべえ感じですが、とりあえずガンガンでコミカライズされているのでその試し読みから入るのがありだと思います。女同士の感情のやり取りが良い……ということですが、百合経験値の低いぼくでもホラーは楽しめるのでいいですよ。くねくねとか良いよね。

最後にして最初のアイドル
 セールということもあり、表題作を読むだけでも十分元が取れますぜ。SFって難しそうというイメージがあると思いますし、俺もそういうイメージを持ってるんですが、ばっかじゃねーのwwって笑いながら読めるので楽しいです。頭の良い人が大真面目にアホなことをしてるような作品です。楽しいよ!

・〔少女庭国〕
 矢部崇の傑作百合として紹介するなら角川ホラー方がいいかなと思うんですが、百合SFといえばこれかなと思います。思考実験みたいなSFなんですが、途中で百合帝国が誕生したりするので百合としても楽しいと思います。めっちゃ面白くて作者の本を全部読もうとするくらい良かった。ただし、グロい。

ボーイ・ミーツ・ガール
・ウェイプスウィード ヨルの惑星
 結構前に創元の年間傑作SF中短編集で中編を読んで、瀬尾つかさはもっとSFを書くべきだと思いましたが、今年になって同じ世界観で作品を書いてくれました。いや、面白いです。瀬尾つかさはラノベもいいんですが、もっとSFも書いて欲しい。

・約束の方舟 上下
 去年読んでめっちゃ面白かった。ボーイ・ミーツ・ガール! 異種知性体との共生! 好き。

・リライト
 シリーズで実はこれしか読んでいないのだが、SFミステリで面白いです。今回のセールを機会に再読しようかと考えていたところです。

・know
 野崎まどを初めて読むならアムリタから順番に2まで読むか、knowを読むのが一番だと思っているんですが、つまり、これから読むと良いと思います。本作は結構オチとかまじかよって思うような内容でしたが、2のオチがあれだったんだから、次はこういう方向でもそれは納得するなと思いました。

バトル
・クォンタムデビルサーガ アバタールチューナー
 まだ読んでる途中なんですが、めちゃめちゃ面白い。PS2のゲームの原案小説らしいんですが、めっちゃ面白い。デスゲーム物みたいなの駒として感情のないまま戦っていた主人公達がある時を境に悪魔への変身能力と感情を得てしまうみたいな物語だと思うんだけど、今までなら存在しなかった部下の裏切りとかが発生して混沌としていく。夢中になって読みました。

・マルドゥック・シリーズ
 マルドゥック・スクランブルはめちゃめちゃ面白いカジノ物にして、異能バトル物です。男と少女とネズミの三角関係として楽しめるんですが、後に出た過去編であるヴェロシティを読んだ後にスクランブルを再読すると虚無に飲まれて変わり果てたボイルドの姿に涙できます。スクランブルもヴェロシティも読んでいて重たいんですが、アノニマスも相当重いので読んで欲しい。

紙城 境介 『継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない』 読了

 実はまだ好き同士な元カップルが――親の再婚できょうだいに!?


 元カノ物にして、ツンデレカップル物です。義理のきょうだい物です。素晴らしい作品でした。恐ろしい作品でした。自分の性癖をあまりにも的確に突かれすぎると、人はどうなってしまうのかを体験しました。

 いや、素晴らしい物語でしたね。元カノときょうだいになってしまったというという状況。互いにすれ違って離れることを決心したら、きょうだいになってお互いに一緒の家で生活しなくてはいけない。まだお互いに好きを捨てられていないのに……。という素敵な物語です。お互い好きあっているけど、相手のことを嫌いになろうと必死に自分を言い聞かせているというツンツンぷり。でも、ところどころから好きという気持ちを感じる。この、この、ツンデレカップルめ!

 元カノカップルだからキスも当然済ませているし、それ以上もやろうとしていた……というのが明言されているの。ライトノベルでは珍しいですね。いや、最近は社会人物が増えているので、そうでもないか……? まあまあ、それはともかく互いにまだ好きあっているので、一歩やりすぎると一線を超えてしまいそうな距離感がいいですね。

 互いにツンツンしてるし、互いにヘタレだし、ツンデレヘタレカップル!!! 元カノ!と的確に性癖を突かれたので、300頁もなく、難しい内容でもないので通常なら3時間もかからない本のはずだったが、なぜか6時間も読むのにかかったぜ。壁の代わりに枕をひたすら殴り、ベッドの中で足をバタバタさせて、奇声をあげて……読書でこんなに動いたのは久しぶりだった。壁を殴っていたら穴があきそうだぜ。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

図書館めぐり。

 そろそろブログを復活させたいと言うか、まあ、たまには文章を書くのもいいのではないだろうかという感じがしたので続けたい。

 最近、地元の図書館の隣の市の図書館も別にいけるんじゃね? と思って実際に行ってみて適度に回っている。両方の図書館であわせて20冊本を借りるのは読むのがめちゃめちゃ大変なのだが、まあ、無理せず諦めたりしながら読んでいる。
 地元の図書館にはこの一年でだいぶ通ったりしたため、いろいろな情報が集まってマンネリ化してきたので、良いスパイスになっている。なっていると言いたかったが、実は隣の図書館は配架にある本はそんなによくないので、目で見て楽しいのは外国人作家と単行本コーナーくらいだった。
 ティーンズコーナーに電撃の本がアニメ化作品以外は成田Fateくらいしかねえとか初見はめちゃめちゃびっくりした。アニメ化じゃない作品で文庫本だとすげえ種類が少なく図書館の特色が違うのを感じる。地元では冊数で諦められたっぽいリゼロが全巻揃っていたり、とある魔術の禁書目録やSAOがほぼ新品のようなきれいな本なのがすごい。ティーンズ向けの本で利用者の多いアニメ化作品。圧倒的利用者の多い電撃の看板が美本……と旧版ロードス島戦記も美本があるので、どうやって仕入れてるんだろう。気になる。

 まあ、そんなことよりこの図書館の特色は漫画が置いてあることだ。手塚治虫くらいならあるところにはあるだろう。しかし、ここは水木しげる全集が全部揃っており、ガラスの仮面があり、BLEACHがあり、ナルトもONE PIECEも置いてある。藤子・F・不二雄くらいなら驚かなかったけど、ジャンプの超人気作家が揃っているの何。利用者を得るためにえげつねえラインナップで漫画が置いてある。傾向をざっと見ると古典とアニメ化人気作品という2つの方針を感じ取ることができる。つーか、漫画でありながら美本が揃っているあたり圧倒的な金の力を感じる。

11月に読んだ本

続きを読む

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー