FC2ブログ

衣笠彰梧 『ようこそ実力至上主義の教室へ4』 読了

 今まで語ってこなかった作品ですが、なんかアニメ化してたらしいですね。頭脳バトルラノベ! 楽しんでいたんですが、今回唐突に語りたくなったのは4巻で掘り下げられた軽井沢さん!
 軽井沢さんは1~3巻ではサブキャラもサブキャラでクラスでカースト上位に位置する女の子というポジでしたが、今回とても可愛く、悲劇に見舞われます。いやあ、とても可愛い。そのままでも陵辱ゲーエロゲのヒロインとして活躍できる可愛さを発揮してくれました。悪い男(主人公)に目をつけられてメッキを剥がされて、それでも気丈に振る舞いながらもいいように利用される。大変可愛いですね……彼女の不幸がまさかこんなに美味しいとは思いませんでした。
 強がりな女の子がボコボコにされて、それでも震えながら立ち上がる。美味しい。彼女の不幸はぼくの幸福なのでぜひ頑張ってほしい。
 軽井沢さんにはもっと酷い目にあって……いえ、ヒロインとして活躍して欲しいですね。
スポンサーサイト



テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ロバート・ジョーダン 『竜王伝説1 幼獣あらわる!』 読了

 ロバート・ジョーダンの時の車輪シリーズの第1巻! 1997年に早川書房から発売されて現在翻訳が約60冊ほど出ているという超人気シリーズ……なのですが、2007年にロバート・ジョーダンが死去。もうおしまいかと思ったところをブランドン・サンダースンが引き継いで完結させてくれた……のですが、三冊あるうちの一冊が翻訳されたきりに、残り二冊が翻訳されていません。しかし、AmazonがTVドラマ化するというニュースが出ましたので、それに合わせた復刊&続刊に期待したいところです。

 前置きがめちゃめちゃ長くなった。まあ、そんな大人気シリーズの本作ですが、海外ファンタジーの原書を5分冊していることもあり、第1巻はあまり進みません。指輪物語で言うならホビット庄を出たところですよ。
 昔はあまり気にしていなかったのですが、今回の読書でこれは指輪物語ネタなんだろうなあという部分がいくつか発見しました。例えば、この物語は春祭の直前から始まるのですが、今度の春祭には花火が来るという部分とか。
 もちろん、本書は指輪物語の影響は受けているとはいえ、指輪物語ではないので基本的に別物です。そもそも男性の魔法使い─本シリーズでは異能者<アエズ・セダーイ>─が存在しない。過去にはいたのですが、今は闇王のせいで男性源が汚染されて使えないというか、使うとまずいのです。花火を持ってくるのはエモンズ・フィールドと縁がある旅商人です。

 登場人物も魅力的なのですが、まだ5分冊の1冊目なので内面はランド・アル=ソアぐらいしか書かれていないし、本シリーズは登場人物達が闇を内包し始めたところが劇的に楽しくなるので、これからが楽しみです。

メモオフ最終作クリアした(ネタバレあり

 メモオフ最終作! 最終作だけど、シリーズ未プレイでも大丈夫! ていうか、俺もほぼやってません! 唯一やったゆびきりもヤンデレに刺されると女の子を拾うことくらいしか覚えてません! 前作のヒロインとか大量に出てきますが、知らなくてもなんかサブキャラがいっぱいいるなと思っていればOKです。

ノエルルート ライトサイド
 いじめ問題を扱っていたルート。ノエルちゃんは他校の人間。他校のしかも女子校のいじめ問題なので介入しづらい。というか、そもそもノエルちゃんと主人公の距離感が距離感なので介入しづらいとのが地味にリアル。
 ノエルちゃんは過去作にも出てるらしいですが、過去作やらなくてもちゃんと可愛いのでいい感じでしたね。フランス語をよく言うのでグーグル翻訳しました。

三城柚莉/三城琴莉 ヘヴィサイド
 ヘヴィサイドでは死人が出るということで、さあ、誰が殺されるんだと身構えていましたが、たまに自殺があったりするだけで意外と穏やかな話でした。
 衝撃の事実! ヒロインは二重人格者!というのはまあ、ぶっちゃけリーチくんの行動から読めてたのですが、柚莉の記憶から構成された妄想人格の琴莉について、死んだ琴莉と同一ではないけどこれもまた琴莉……みたいな扱いをしているのが心底気持ち悪かったです。

日紫喜瑞羽/嘉神川ノエル ヘヴィサイド
 なんと7年前の事件の真相がわかる!というルートです。正直、そんなところに闇が潜んでいるとは思っていなかったので、びっくりしましたが、そういえば、OPに普通に出てたね。
 このルートは琴莉よりもノエルちゃんの方が大切だって感じで進むんですけど、まあ、三城さんがヤンデレ化してノエルちゃんが殺されたり殺されたりします。回避するためにどうすればいいのかわからなかったんですが、分岐してからの選択肢が日紫喜さんと仲良くするくらいしか他になかったので仲良くしたら回避できました。いや、まさか日紫喜さんの正体がまさか……って感じでしたが、衝撃を受けるというか、無理があるだろそれはと思いましたし、三城柚莉が無駄に病んでるのが可哀想に思えました。あまりにも哀れな三城柚莉。
 まあ、このルートは大真面目にシリアスをしているんですが、途中でヤンデレが増殖したりするので俺は大爆笑しながらやっていました。いや、彼がいきなり陵辱エロゲーの悪役みたいな処女厨になるのは笑ってしまいますよ! 陵辱エロゲーは普段やらないので新鮮だった!
 いやあ、このルート。面白かったですね。ノエルちゃんとの事後っぽい朝チュンの後に死体が出てきたり、ノエルちゃんの死を回避できたと思ったら元カノが現れたり、元カノと今カノの戦いが始まりそうで始まらなかったり。
 ノエルちゃんエンドの元カノと今カノがどちらが相応しいのかと他愛ないことでバトってるのを「道は途中」って温かく見守る主人公の姿。それ二股じゃん!って思いました。
 日紫喜さんエンドはノエルちゃんを突き放すんですけど、これだけ殺されかかっているヒロインにお前は関係者じゃないと突き放したり、そもそもノエルちゃんを選んできたのに最後に突き放すって……とか攻略した後にNTRなノエルちゃんとかとても可哀想ですね。というか、ライトサイドでも寿奈桜ちゃんにNTRだし、あまりにも哀れな。

1月に読んだ本

 就職したい。

続きを読む

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー