FC2ブログ

Nintendo Switch買いました。

 ブログを更新していないが、Nintendo Switchを買ってから調子がいい。FE新作とスマブラを買ったら、容量が足りなかったので256GのSDカードを買って、結構財布に痛い出費がかさんでいるが、楽しい。以下、Switchを遊んでみた雑感である。

携帯機として
 FEを中心に遊んでいることもあり、普段は携帯機として遊んでいる。FEを遊ぶ分には何も問題ない。楽しい。Liteが出るくらいだから、Switchは携帯機としては若干大きく、若干重い感じ。でも、重いと言いつつも長時間遊んで肩がこるとかではない。片手で持つと重いと感じるくらい。
 実はSwitchはスマブラを携帯機として遊ぶには向いていない。逆か。スマブラはSwitchの携帯モードで遊ぶには向いていない。というのも、スマブラには小さい爆弾がある。例えば、灯火の星では小さいスネークがたくさん出てくるステージがあるのだが、そいつの投げる爆弾が小さすぎて見えない。そもそも、スネークの技以外にも設置型の爆弾アイテムなんかは見えなくなるので、回避ができずなにもわからんまま死ぬことが15回くらいあった。これは大画面に出力してみたら一瞬で解決して3回くらいの敗北で突破できた。まあ、スマブラは大画面であることを前提に作られているので、予想通りではあるがLiteを買う人はよく考えてほしい。
 Liteは画面が小さくなるらしいのだが、大画面で遊ぶことが前提のゲームがどれだけ増えるかによってはLiteの選択は失敗になりかねないなと思った。もちろん、FEをやるなら全然問題ない。
 個人的には今後テイルズのような大作ゲームが出た際にお外でも遊べるのはかなりポイントが高い。画面の大きさと操作性が直結しないジャンルではニンテンドーSwitchの持ち運べるという強みは大きい。
 充電。フル充電から夜19時に帰って寝るまで遊んでいても問題ないのだが、バッテリー改善モデルでも消費が大きく感じる。これは、FEのネットワーク機能がオンだからかもしれない。まだ家の外から出したことはないので。

据置きゲーム機として
 大画面で遊ぶと世界が変わる。デモンエクスマキナなどは、やはり大画面で遊ぶことを前提に作られているなーと強く感じる。スマブラは前述のとおり、少なくとも通常のモニタ程度には大きさがないと遊ぶのに支障をきたすが、捜査に問題なくても巨大ロボとか出てくるゲームは大画面で遊ぶ方が楽しいよなーと思う。
 
 グラフィックに関しては最近のゲームはどれも凄すぎてよくわからないのだが、自分が求める基準は満たしている。PS3よりは綺麗なんじゃないですかね。ダークソウルリマスターとか遊べるわけだし。
 あ、地味に据置きモードだと操作性が変化する。コントローラーの形というか持ち方が変化するので、ボタンに触れる手の位置が変化して、アクションゲームの操作性は結構変化する。どっちがいいとか言えるほど触ってない。
 PS4などの最新のゲーム機を買ってないので比較はできないのだが、Switchの個人的に大きなポイントは場所を全然とらないこと。引越し前は新しいゲーム機なんて場所がないから買えないよと思っていたが、このサイズなら置けたな……。WiiUなんかはゲームパッドと本体で場所を結構とるのだが、据置きとして扱うならWiiやUよりもコンパクト。持ち運びやすいサイズと重量なので、必要な時ひょいと取り出して接続して遊べる。正直、ドックがそこそこ場所を取るのかと思っていたが、全然そんなことはなく、携帯機としておける程度の場所があればそこにすぽっとおける。最低限ACとHDMIケーブルが届く必要はあるが。

総評
 なんというか、この携帯機と据置きとの両立はWiiUが目指して到達できなかったところについに到達したという感じがする。SwitchはUのゲームパッドの正統進化系という感じが強い。
 据置きゲーム機を買う場所がないと思っても意外と入ってしまうコンパクトなサイズ感。寝ころびながら遊べる携帯機。全体的に良い感じなので、是非ファルコムはニンテンドーSwitchでイースとか英雄伝説を出してほしいし、ナムコはテイルズを出してほしい。アトラスはペルソナ5Rを出してくれ。
スポンサーサイト



テーマ : Nintendo Switch
ジャンル : ゲーム

最近のメモ

9/16 FE新作をやっていたり、デモンエクスマキナを遊んでいた。楽しい。
9/17 秩序・善
9/18 睡眠が十分とれていないことによりアライメントが悪よりになっている
9/19 睡眠がとれていないことによりアライメントが悪よりになっている
9/20 眠くはないのだが、睡眠が足りない

読んだ
鉄鍋のジャン1巻
 フォロワーの十字軍がめちゃめちゃジャン好きでことあるごとにジャンの話をするので、この前のセールで買って読んでる。十字軍は悪漢系主人公であることを強調していたけど、最初はジャンの性格が悪いだけで結構普通の漫画だなあと思いましたが、大会に入ってからが本番っぽいですね。いや、なんか幻覚料理が出てきて、ここからが本当のジャンの始まりだ……!って感じ。それはそうと食べると幻覚を見る料理に対してめちゃめちゃdisられていて、普通に考えてそれはそうなんだけど、もしかして、料理漫画で幻覚を見せるのは異常なのか? 焼き立てジャパンで育ったからわからんかった。同じ幻覚料理使いの焼き立てジャパンと戦ってほしいと思った。

かぐや様15巻
 隣に立つために努力をし続けて、自分を作ってきた白銀は好きな人に幻滅されるのが怖くて素顔を見せられない。かぐや様も本音をなかなか言えない。そんな二人が歩み寄るために、かぐや様が努力する話。それはそうと、本編再登場するまで時間がかかったのに、まるで準レギュラーキャラだったかのように立ち位置にいるな眞妃さん。ついこの間までまるで接点がなかったのに、恋愛相談される程信頼されているのか……しかし、この人選。白銀くん、実は友達いないんじゃねーのか? と思うほどだな。前回ので石上はダメだと認識されたんだろうな。眞妃さんは自分の弱みをめちゃめちゃさらけ出しているので、白銀もさらけ出しやすいのかな……。かぐや様の心がわかる眞妃さん。めっちゃ良かった。眞妃さんには幸せになってほしい。
 恋愛ものはくっつくとそこで終了してしまうという創作論を語る人が多いんですが、くっついた後を描いた漫画や書いたエロゲはいくらでもあるので、なんでみんなそんなことを言うのか不思議に思う。くっつくまでに積み重ねたあれやこれがあるから、その後が書けるって話なのかなー。創作論は分かんねえなあ。

ランス10でランスが終わったことをようやく受けいれた。

 ランス10でランスシリーズが終わったことをようやく受け入れたので、ランスシリーズについて語りたい。

 さて、ランス10といえばエロゲの中では有名なゲームで、コンシューマ化を一切していないので、エロゲをまったくやらん人間は逆に全然知らないこともあるエロゲである。
 このエロゲはぼくが生まれた平成元年に生まれたゲームだが、当然エロゲなのでぼくの人生と邂逅したのが20年後くらいである。アリスソフトは配布フリー宣言というのをしており、これはフリー宣言されたゲームは勝手に配布していいというものである。ランスでいうなら1-4.2と鬼畜王とWin98以前くらいのゲームが対象。まあ、当時はリメイクとかしてなかったので、買うのが不可能になっていた古代のエロゲが遊べるのである。ちなみに、XP非対応なので非公式パッチをあてずに普通にプレイすると進行不能バグとかに遭遇するし、した。

 ぼくは当時設定厨で、なんのきっかけだったか忘れたのだが、ランスの設定資料の一端に触れて気になって6とか戦国とか人気だし、初期は無料だからと遊んでみたのがきっかけで遊んだ。んで、思い出話を各作品ごとにする。

ランス1
 普通に面白くない。すかすかなシナリオなどにびっくりした。古代のゲームなので仕方ない。ランス嫌い。

ランス2
 戦闘シーンをオートで流してたら、なんかところどころ飛ばしてしまった。歴史を感じるイラスト。ランス嫌い。
 まそうしづかにはマジでデレないで欲しい。
 バードがまだまともだった頃。

ランス3
 話が少し入り組んできた。普通に気付かなかったのだが、XPで遊んだ結果バグで倒した覚えなのいないキャラが倒したことになったり、物語進行に必要な敵キャラがいなかったりする。テキトーに手探りでゲーム内でいろいろしてたら、進めるようになった。苦戦した(バグに)。ラストバトルでジャンルが変わるのってこの頃からあったんだ。
 戦闘は9割オートで勝った。
 え、ランスはクソ野郎以外のなにものでもないのでは?

ランス4
 リック・アディスンってお前、ママトトに出てきたあいつじゃねえかー! スターシステムにイラストがついてから気づいた。俺はこの手の強キャラが好きだぜ。だいたいシナリオ上強くてもゲームだと弱かったりするが、ランスはゲームシステム的なファンタジーなので普通に強い……。
 戦闘をオートで流してたら普通にところどころ飛ばした。面白かったんだが、リック・アディスンがダンジョンにメットなしだと挑めないという設定以外かけらも覚えていなかった。リックがめちゃめちゃ強かったのしか覚えていない。
 ヒューバートとか結構出てきているはずなのだが、9をやるまでなぜか一ミリも覚えてない。ランス3の方が内容を覚えている。
 この作品についてはランスがなにをしたのかも覚えていない。

ランス4.1、4.2
 やったはずなのだがロボ子が仲間になったこと以外記憶にない。

ランス5D
 人生ゲーム風。コパンドンとリズナちゃんとシィルがランスの取り合いをして、リズナちゃんを助けるためにバードが酷い目にあった記憶しかない。
 冷静に考えるとランスはバードにそれはマジで恨まれるよなと思う。
 6にも続投キャラが多いので覚えている。

ランス6
 最近やり直したので記憶が上書きされてる。
 なんかこの頃からゲームシステムが普通に面白くなった。
 ウルザちゃん覚醒シーンがめちゃめちゃ好き。折れた女の子が再起するのめっちゃ好き。そのためにもまず心を再起できないように折らないとね。
 ガンジー王結構好きだったんだけど、再プレイすると王様としては最悪だな! ランスが来なければ王族が比較的まともにならなかったゼスぅ。
 何気に重いシナリオでアリスソフトは結構ぐろいことをやる。モブ含めて酷い目にあっているキャラが多い。ここにきて、重いシナリオをランスの豪快さでぶっ飛ばしていることに気づく。目からうろこ。だが、好きにはならない。
 最近、再プレイしたのは10が出るからカーミラ様らへんの再履修だったんですが、10のカーミラ様とくに活躍しなかったな……。
 やってることは最悪なのだが、アベルト・セフティは結構好きなキャラなんですよ。たぶん、彼は決して満足しないので常に試練を与え続けるんだろうな……。
 ランスは相変わらず最悪なんだが、この頃になると愛着とまではいかないが、心が麻痺してくるというか、ランスがなにをしても、まあ、ランスだしとなる。
 推しキャラはセスナとウルザ。

鬼畜王ランス
 UIが……UIが古い! 面白かったが、UIの古さはいかんともしがたい。
 選択次第で酷いことができるのもよかった。
 リックが大活躍。楽しかった。
 サテラとか忘れかけてたけど、思い出した。サテラ可愛い。
 XPで遊んだから進行不能バグが発生。まさかのケイブリスを倒した後でアイテムを集めてイベントが発生しない。UIがつらかったので再プレイする気力はなく、泣く泣く動画サイトで補完する。
 え、これでもうシリーズ完結してない? なんで続いてるの?って思った。

戦国ランス
 面白いという感情が刺激されているのか分からないがずっとプレイしていた。延々とプレイしているのだが、おもしろーいとう正の感情が観測されず中毒なのに楽しんでるのか自分でもよくわからないとなっていた。
 実は全クリしてない。あとリトルプリンセスに勝てない。
 戦姫好きだったけど、まさか後世でヒロインになるとはだれも思わないじゃん。
 山本エンドで後世魔王と戦うのが示唆されていて期待に胸が躍った。
 蘭ちゃんルートのNTRれなかったエンドのランスは最高だった。ランスが痛い目を見るとにこやかな顔になれる。
 ランスと関わってプラスになる人間と破滅する人間の違いについて考えたが、女の子だとやられても犬にかまれた程度で済ませられる鋼メンタル持ちかどうかだよな……。
 6あたりから顕著だが、ランスは男につれないというか酷いことするんだけど、全員ではない。織田信長も友人として普通に友情を築けた男。だいたい大物なんだよなこいつと友情を築くの。
 推しキャラは勝虎。どちらかといえば勝子。あと北条早雲とくっついた南条蘭。

ランスクエスト
 マグナムをぶちこんでからやったから、楽しめたのかわからん。
 クエストのシナリオも結構好きだったのだが、うつが重かったので記憶に穴がある。
 覚えてねえよと言いたい初期キャラクターが出てきたりするので、お祭り感あってよかった。
 確かにクエストだと不完全燃焼だよな汚染人間とか。
 勝虎コンビ好きだけど、まさか続投するとは思ってなかった。うれしい誤算。
 ランスシリーズを楽しむコツは覚えてないキャラクターがでたらへーそうと受け流すこと。
 コパンドンまじかっけえ女だよな。

ランスクエストマグナム
 完全汚染人間の子が好き。
 クエストの派生形なので普通にクエストを楽しめたおれは普通に楽しい。
 サテラ可愛い。
 推しキャラはサテラ。
 ランスは相変わらずクズなんですが、もはやランスの行動で心を痛める時期は過ぎた。

ランス9
 設定を見た瞬間にママトトじゃねーか!!!とみんなが思った。自社オマージュ満載という素晴らしい作品だった。ママトトはアリスソフトの名前を知らなかった頃から遊んでいた名作でな……。
 タンクがヘイトを集めてアタッカーで倒す。シンプルなゲームシステム。リック・アディスン無双が楽しかった。リックとランスがめちゃめちゃ強い!

 4でも書いたが、ヒューバートとか闘神とか欠片も覚えてなかった。覚えてなくても、楽しい。
 男と男の重い感情が好きな人間にはたまらねえ。パットンから見た英雄としてのランス。ただ強いだけの優しい男リック。ランスは結構リックのこと気に入ってるというか信頼してるんだよな。
 女の子もかわいい。広義における奴隷ヒロイン感謝物では? というか、なんだかんだでシィルと設定が被っているあたり、シーラちゃんはランスにおける正統派ヒロインだ。
 おれはしづかにデレて欲しくなかったんだけどなー!!!
 新キャラのミラクルがいい。豪快。ボロボロになるまでやられても復活する。凄い。洞察力も素晴らしいが、必ずしも正解ではないのも良い。
 戦姫のお淑やかな姿、チルディとの相性がいい。
 シリーズでもあまりないマルチエンディング対応。どのルートも良かったのだが、ランスがお爺さんになって魔軍と戦うミラクル(キャラ名だよ)エンドも良かったし、かなみルートのめちゃめちゃしょうもないことでリーザスに攻め込まれてヘルマン滅亡の危機は笑った。
 女の子が可愛くめっちゃえっちなんだけど、相手がランスというだけでなえるから不思議ですね!
 バッドエンドが全体的にえぐい。
 グランドのラストバトルでママトトでの必殺技で倒すあたり最高に良かった。
 これもランス10の前に再プレイしたんですが、めちゃめちゃ楽しかったな……人生でもう二回くらいは再プレイするかもしれん。
 推しキャラはシーラとミラクル。あとエレナ・フラワー。

ランス3リメイク
 まさかアイゼルが掘り下げられるなんて!? え、もしかして9でのトウェルブナイト(予定)にお前がメンバーに居てわざわざCG描き下ろされてたのはリメイクで出てくるからだったの!? お前の使徒の限りなく全裸に近い恰好とかいろいろとびっくりだよ!
 内容は基本的に3ですが、ランスシリーズ(たぶん)初のボイス付き。シナリオもアップデートされている。ボイスについては基本的に良い感じ。かなみちゃんの脳内は今も違うんですが、3の時点ではこのかなみちゃんでもいいかなあと思います。9くらいになりデレると声が解釈違いになるというか。シィルはかなり合っていたのでびっくりしましたね。個人的にはランスは合っていたのでフルボイスで喋ってほしかった。
 ゲームシステムは好きでも嫌いでもない。
 プレイしながら懐かしい思いがした。になった。メナド・シセイとかいたっけそんなやつ?というキャラ出てきてびっくりした。セスナ好きなので、関係者が出てきて驚いた。リメイク1をやっていないので、誰だお前というキャラも多いが、まあ、気にするほどではない。新キャラとリメイク1と昔からいたキャラクターの区別がつかない。
 完全に忘却していたのですが、ミーキルちゃんがかわいい。身を切るという言葉通りの不幸少女。ランスが珍しく正常な人間として彼女とは接しているのでいいですね。なんでランスクエストに出てこなかったの?! え、10にもいないんだけど、どういうこと!!!!
 推しキャラはメナド・シセイ、ミーキル。

ランス10
 シリーズ完結! バッドエンドを繰り返して、CPボーナスで強くなって人類を救う! 最初は全然勝てないんだけど、CPボーナスで強くなって最終的に勝つのめちゃめちゃよかった。多様なバッドエンドを見ていって、世界について少しずつ説明がされてラストに繋がるのはよかったですね。バッドエンドをみるたびに今度は助けると奮い立ったり楽しかった。
 これだけのバッドエンドがあるということは必ず、どこかにハッピーエンドがあるはずだという信じられる。
 最初はただのド外道の畜生にしか見えないケイブリス様が小物臭いけど、味が出てきて最後にはかっこいいまでいくの良かった。小物悪役が覚醒するの好きだというだけかも。忘れていた自分の本当の夢を思い出したケーちゃん最高だった。

 最初は人類が死にまくって、そのまま終わってしまったり、進んだと思ったら敗北してJAPANにまで戦線が後退してしまって、どうしようもならなってしまったり、今度こそ!と思ったら勇者が襲撃してきたりと大変だった。合計でリーザスの最初のステージを40回くらい戦っていてまだ見ていないエンドもあるのでまだまだ見る必要がある。

 バッドエンドはクリア扱いのものも含めてすごく多い一方で、道中は重苦しいだけではない。軽いノリでリーザス漫遊してたり、なんかコミカルなボスとの戦いもある。ゼスなんて第二ボスのメディウサが悲惨さ全開でシリーズファンでも(だからこそ)重いのに第一ボスは大食い対決とかふざけたことをやっている。あと各キャラのキャラストは結構コミカル。

 大決戦だからこその魅力。特にゲームとして周回前提だからこその魅力として、格好良く散っていく味方キャラクターというのがある。このゲームは時限イベントとして特定の条件を満たさなければ、死んでいくキャラがいる。お前そんなに格好いいキャラだったっけ?という過去作ではダメだったキャラも格好良い感じに倒れていったり見どころは多い。
 この作品はゲームだからこそ彼らを助けることができる。彼らを助けるために奮起したり、周回を重ねてくると人類のために助けないなどの選択ができるようになる。熱い。

 そういえば、三人の主人公という概ね死蔵してない?という設定が存在するのだが、おれら側の主人公のランスと○○○側の主人公のアリオス・テオマンはともかく、健太郎くん10でも完全にサブキャラだったな……いやでも、これ以上てんこ盛りにしたら破綻するよな。

 語ることはたくさんあるのだが、市場が縮小して予算が減りエロゲのボリュームが減少してきた時期に、こんなエロゲのボリュームの肥大化の権化みたいなゲームが出てくるとは思わなかった。キャラストを含めるとテキスト量多すぎるんだけど、今までランスと関わりのない新サブキャラもめちゃめちゃ多いし、なにこれ。ゼス三人娘とかバズワルドとか後から実装されたことを考えると、それでも開発が追い付いていなかったんだろうな……正直、今年に拡張パックとか発表されると思ってましたね!

 本作のラストでぼくはランスのことが好きになっていたのでは……? と思った。10年近くも同じキャラに付き合ってたらこれなんだから、30年付き合った人は大変なんだろうな。

テーマ : エロゲー
ジャンル : ゲーム

8月に読んだ本

続きを読む

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー