FC2ブログ

5月に読んだ本

ゴールデンボーイ電子書籍化してほしいなあと思う。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

最近やってたこととか日記2

星系出雲の兵站1
 ファーストコンタクトミリタリースペオペ。長いな。
 その歴史から異星人に備えよ!と備えてきた人類(詳細不明だが超昔に負けて今の土地に逃げてきたぽい)。異星人に対する防備としての宇宙軍は存在するが、異星人と出会ったことがない! 物語は恐らく異星人の探査機械を発見したところから始まる。
 異星人と出会った場合、もちろん平和的な呼びかけはするとして、争いが発生るうかもしれないので準備は当然いる。だが、まったく未知の異星人って情報がないじゃん。どんな戦術・戦略が有効なんだ? というところから検討していくのが良かったですね。人間と異なる構造をしている以上、人間に対する戦術。特に人間心理をついた戦術とかはそもそも有効じゃないのでは? とかそういうアプローチが楽しい。
 宇宙戦争をするようなミリタリーSFを読んだことがないが楽しかった。
 …………ハヤカワセールで続刊を買い忘れた。

アークナイツ日記
 第5章までと喧騒の掟と青く燃ゆると密林ぐらいしか読んでないのだが、基本的に重苦しいのとどんな時でも政治があるなーと思う。
 それはそうとメインストーリーをまともに読み始めましたが、死傷者が多い。死傷者が多い。アークナイツは重いシナリオが好きな人にはたまらないんだぜとは聞いていたけど、本当に死者が出るな!
 序~1章では圧倒的な戦力! 暴徒の群れ!という感じ。初プレイ時に読んだときはゲームシステム的には雑魚なので、いまいちよくわからなかったのだが、実は激戦区だったんだなチェルノボーグと後からわかった。序章で激戦やられても基準(比較対象)がない頃なので読み手には伝わりにくい。
 2~3章ではレユニオン・ムーブメントは普通の人間の集まりだよーという話。感染者は普通の人間なので仲間を大切するし、身内を大切にする。仲間の為なら命を捨てられる熱いモブ達! 大変良いですね。感染者を治療・救済するための組織であるロドス・アイランドが、感染者を殺しているという矛盾! このあたりはロドスが感染者を治療するだけでなく、感染者が迫害されないように感染者と共に暴徒鎮圧に対処しているが原因ですね。
 4章では仲間を救出作戦! 主に6章に続く!という感じでした。フロストリーフくんかっこいいし、可愛い。メテオリーテさんめちゃめちゃ良い人じゃないですか。ロドスは仲間を見捨てねえ! これ6章に続く感じなのでわからん。

 5章。ついにロドスが主人公ではなくなった! 龍門近衛局のチェンさんが主人公に昇格して、奪われた龍門近衛曲を取り戻す話。チェンさんの過去匂わせ。めちゃめちゃ良い感じに死んでいったファーさん。この人、たぶん、喧騒の掟で語られた亡くなったバーのマスターだよね! チェンさん。見た目が良くて本当は情に厚いんだけど、自分を殺してるんだろうな……いいね! スーお嬢様が地味に良い感じ。ホシグマは任侠。終盤の王道展開は今までのアークナイツメインストーリーになかったものなのでとても満足だった。
 アークナイツ。情報を小出しして組み立てるのをプレイヤーに任せる感じのシナリオなんですよね。お陰で、専門用語多すぎ!となったので用語集で予習した。

最近やってたゲームとか

最近、物語の再読という行為が面倒になり、面倒で読まずに新しいシリーズを読んで積読がどんどん増えるということが発生している。古典部シリーズや小市民シリーズなど数年待った新作や似鳥先生の市立高校シリーズの最新刊も積んでいる……。
 本が読めない時に無理矢理読むのではなく本が読めないから、読まずにゲームをしていた方がいいのではないかと思うときがある。だけど積んでいく一方の本を見ていると減らさなきゃ……と心に圧力もかかる。精神と時の部屋が欲しい。
 今でも本が読める時間帯というのは存在している。それは深夜。これはすべてのソシャゲのスタミナやデイリーミッションに煩わされることがなくなり、Twitterのフォロワーが眠って、すべての呪縛から解放される時間帯なのかもしれない……ソシャゲとSNSに生活を支配されている。

ハッピーライブショウアップ
 2ルートクリア。面白いなーと思う。失点がすごく薄いエロゲでとても優等生だと思う。ただ、予想を裏切る展開というのが現状ない。これは単純に悪いことではないです。つまり、予想がつくのに面白いという良い部分でもあるので。
 高水準にまとまっていて面白いのは間違いない。よくできたキャラゲーなので、すべてのキャラゲーはこれぐらいやってくれたら良いんだけどなー!と思う。
 発売後まで知らんかったけど、フェイバリットの次世代クリエイター達が作った物らしい。俺としてはフェイバリットって、こういう物を作る印象。クロスネットの頃からの印象を引きずっているので原点回帰のように見える。いや、星メモ以降のフェイバリットは感動系! 泣いた!みたいな作品を作っているらしいが。


9 -新章-
 後日談だった。今まで通り面白いんだけど、これが有料なの!?って思わなくないな……あとこれだけなのに1年待たせたのかよ!と思わなくない。
 えーっと、感想としてはフルプライスエロゲの後日談としては決して悪い物ではないです。ただ、分割商法でわざわざ決着ついてないところを意識させる引きで1年待たせた上で、このあっさり感は1年待ったのに!?と思ってしまう。これならちゃんと前作で物語を完結させておいてほしかった。
 分割商法だから、えぇーと思うけど分割商法でない全年齢完全版だと特に何も問題ない話であり、気持ちの置き場が難しい。
 せめて各ヒロインのエッチシーン1つ入れて欲しい感じでしたね。

ライザのアトリエ
 面白い。UIなんかに思うところがあるんだけど、いいですね。
 新しい土地に行く⇒アイテムが増える⇒錬金術で新しいアイテムを作る
 この繰り返しで強くなったり、クエストをこなしていくんですが、楽しいですね。ところどころ、古臭いシステムを感じるんだけど、これも基礎がよくできているので楽しい。長く続いているシリーズだけあって基礎が洗練されてるなあ。
 アトリエシリーズはトトリがクリアできなくて2つ目ですが、キャラクターがいいですね。アトリエシリーズのキャラは男も女もカワイイ。特にアンペルさんがとても良い師匠ですね。直接的な手助けはしない。でも、主人公の悩みを聞いてくれるし、解決のための気づきを与えてくれる。リラさんもそうなんだけど、この二人の年長者として師として当然のように助けるのとてもかっこいいんですよね。
 全体としてひと夏の冒険みたいな感じです。
 ついに、塔を登るぞー!というところで、レベル上げしたりしている。

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

たまには日記(主にルーンファクトリー5)

 毎日ブログを書くことができない。
 おれは毎回筋トレをすることができない人間なので、いつも通りと言えばいつも通りなのだが、放置してしまった。書くことがあるのに書くよりも読むことを優先してしまうので、全然書けない。

ルーンファクトリー5の話
 現在最後の攻略対象が出たところ! まあ安定して面白い。面白いんだけど、シリーズを遊んでいる人間からするとやはりどうしても不満が出てしまうな。
 これはTwitterにも書いたんですが、現在ルーンファクトリー5をやっていて感じるのはシリーズを通して完成された面白いシステムと新要素の3D化に伴う痒い所に手が届かないシステムなんですよね。
 5の新要素といえば3D化なんですが、そのおかげでアイテムの持ち上げ下げの位置が上手くはかれなかったり、家具の配置は過去作では前後左右しかなかったのが、角度という概念のある5では角度の調整がスティックでは難しい。
 角度の難しさはそのまま釣りの効率にも直結しているんですよねー。釣りとか釣り竿のランクが上がることによって改善されてくれるのかな。

 5になって良くなっているなーというところは畑の外に生まれる岩塊と切り株なんですが、最近遊んでたのが4スペじゃなくて、3だから5になって追加された要素なのかわからない……。
 まあ、その他の良いところとしてはキャライベが序盤からガンガン発生するところですね。4はメインストーリー含めてイベント発生がランダムだったので、ストーリーが進まなかったり、キャラクターと交流できなかったり、交流できないから結婚できなかったりしました。今回もキャライベ出現はなんかランダムの気配がしますが、なんか過去のルーンファクトリー4であったような全然イベントが起きない。おれは結婚できる気がしない……という感じはないです。
 全攻略対象出現したのでようやく自分のペースで遊べるんですが、最後の攻略対象が出現しない=花屋が存在しないという既刊なので、いくらなんでも花屋がない期間長くないか? 春は残り2日しかないんだが? と思いました。しかも、野菜がそうであったように花屋も依頼を達成しないと種類が増えないのでさらに時間がかかる……。

 ちょっとレベル上げとか追いつかないまま、無理矢理突破してきたので、これからはスローライフができる……。

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー