FC2ブログ

天気の子を見て紹介できるエロゲが見つからない。

 そういえば、体調が悪くて悪くてブログを更新していなかったんですが、天気の子を観ました。面白かったです。事前にエロゲだエロゲだと騒がれていたので、ここ個別ルートに入った。ここ選択肢が見えた。ここはこのキャラの好感度が足りないと出現しなくてバッドエンド。ここは選択肢でバッドエンドがある。ここもバッドエンド選択肢が見える。などの今まで感じたことのない映像体験でした。これはひなトゥルーエンドであって、グランドではないのかなあと思いました。うぶちんがブログで俺ならこう書く!みたいなことを書いてましたが、ぼくも手錠は使って欲しかったと思ったし、人間そういう妄想を好きな作品にはするよね(そして生まれる二次創作)。

 それでタイトルの件ですが、令和の時代になってまさか15年ぐらい前の作品を現代的に翻案しましたみたいな作品が出てくるとは思わなかったので、2010年代に入ってからの新作で思いつかないです。いや、改めて見てからリストを作成しようと思ったんですが、まさかの商業エロゲでは絶滅危惧種というか、もう絶滅してない?というセカイ系でしたね。伝奇エロゲブームはもうとっくの昔に終わったし、Kannon問題はともかく世界と彼女のどっちを選ぶなんて選択は迫られないです(天気の子は別に世界が滅ばないけど)。ぶっちゃけ、もうエロゲー文明では世界と彼女の選択は彼女しか選べないか、どっちも救うんだという結論しかないような気がする。天気の子はぐだぐだ悩んだりせず、世界よりもヒロインを選びましたね。これは世界はそのままでも別に問題ないというのは、伝承おじいちゃんがそもそも言ってましたからね。異常気象と言っても、せいぜい100年200年かそこらの観測結果からのでしょ(うろ覚えなので細部は間違ってるかも)。

 それはともかく、新海誠映画作品をほしのこえぶりに見たんですが、監督。めっちゃ脚本がうまくなってますね。普通に楽しかったです。いい加減、君の名はも見ないとな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー