FC2ブログ

日記

08/18 朝はげんき、午後は集中力が足りない
 08/19 げんき
 08/20 げんき鼻づまり
 08/21 げんきだが眠い

ファイフステルサーガ
 面白い。『火の国、風の国物語』が致命的にあわなかったのだが、これは楽しく読めた。ループ物かあ。


 氷と炎の歌がなんか無性に読みたくなって手を付ける。第3部を読み始めたけど、最初に書いてある登場人物紹介がめちゃめちゃ多くてたまんねえぜ。生きてる人間だけでなく、微妙に死んだ人間も混じっているのだが、掘り下げられるのかなー。
 冥夜の守り人の中には遠征に不満を持っていて脱走とそのための殺しを考えている奴が出てくるが、ジ・アザーが攻めてきてご破算にジ・アザーと本格的な戦闘は初めてだが、どうなるんだろ。ジェイミーの視点では驚いたことにキャトリンが勝手に捕虜であるジェイミー・ラニスターを人質交換のためにブライエニーとキングズランディングに向かわせたりしている。どう考えてもスターク陣営にとって最悪なことをしている。友情で本来人質だったシオン・グレイジョイを鉄諸島に送って、自分の城を占拠されたロブと同じことになりませんかね。キャトリンからしてみると下の息子達が死んだので娘だけは取り戻したいということなんだろうけど、娘を取り戻したいならジェイミーは手元に置くのが必須なのになあ。ジェイミーは視点人物になって、より嫌な奴になってきましたが、これドラマ版と印象がかなり違うな。ドラマはまだ二部を観終わってないけど、やっぱりジェイミーに補正入ってるのかなあ。

 ついったーで書いているが、褐色ダークエルフって褐色人種をナチュラルに悪の勢力にしていて、それってポリコレ的にアウトなのでは? 海外性だと褐色ダークエルフって最近みないよなーというようなことをつぶやいていたら識者から、「そもそも褐色ダークエルフは海外で存在したことはない。日本固有の文化」とのこと。海外のダークエルフは青かったりするらしい。現在そういうダークエルフがいるのは知っていたが、ぶっちゃけ、初期は褐色ダークエルフで変遷したのだと思っていましたね。指輪物語に悪の勢力に黒人勢力がいたから、昔はそんなもんかと思っていた。
 最近は褐色ダークエルフというか褐色エルフはいても悪の種族としての褐色エルフというものは日本でも激減しています。でも、たまに出てくるといいのかなーという感じがしますね。
 もちろん、ダークエルフ全員が悪ではないという図式はD&Dでも早い段階から否定されていて、ドリッズト・ドゥアーデンという超人気キャラクターもいることは知っていますし、日本でもロードス島戦記などではダークエルフが悪ではないですね。新ロードスとか。
 こんなことを考えたのはロードス島戦記の新刊が出て、ロードス島戦記のオンラインゲームがあって、たぶんアニメ化もするだろうなというところから、いいのかな……って思っただけです。
 いや、しかし、まさか日本固有の文化だったとは。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー