FC2ブログ

珪素 『異修羅I 新魔王戦争』 読了

 

全員が最強。全員が無双。全員が英雄。全員がチート。



 この前も書いたけど、読み終わったので。
 
 面白い。彼方では適応できない異物とされた異世界転移者(客人と書いてまろうどと呼ばれる)や道具が流れつき集まっていく世界で、チートキャラ達がバトルをする話。なーんか読んでいて、話の組み立て方にどっかで見覚えがあるな……と思ったら喧嘩商売最強十六闘士セレクションじゃん!!!

 まず、お前らには彼らの最強ぶりを知ってもらう……とキャラクター紹介をしながら世界観の情報を小出しにしていて、自然と覚えられるので良いですね。

 なんと、本作。オタクはみんな2つ名が大好きだからか、登場人物の大半に2つ名がついています。夕暉の翼レグネジィとか、海たるヒグアレとか。まあ、かっこいい2つ名持ちが強いかというと微妙なキャラもそこそこいます。静寂なるハルゲントとか活躍しないし。でも、強キャラが活躍した際に2つ名で語られるとめちゃめちゃかっこいいんですよね。

 以下、引用

それは異常の適性で以て、地上全種の武器を取り扱うことができる。
それはこの地平の全てよりかき集めた、無数の魔具を所有している。
それは既に、広い世界の遍く敵と戦いを知り尽くしている。
ドラゴンブレスですら追いすがれぬ、空中最速の生命体である。

冒険者ローグ鳥竜ワイバーン
星馳ほしはせアルス。



 まあ、そんなかっこいいキャラクター達がバトルしていく作品なんですが、バトル以外のドラマもいいですね。ツンデレ鳥竜と人間の恋とか教師と生徒のおねロリ百合とか。

 でも、やっぱりバトルがいいですね。チートキャラ達が戦うということで、周囲の被害のスケールもでかい。大破壊する能力じゃない人も多いんですが、戦略兵器とかも普通に出てくるので、モブは次々と死んでいきます。チート大戦に巻き込まれたモブは死ぬ宿命。そんなチートに勝ったキャラはそのヤバさがもっと引き立つ。かっこいい。

 これ、気になってカクヨムのページを見てみたんですが、実は書籍の大部分はほぼWebには存在しない!! ほぼ一冊書き下ろし! という衝撃の情報があった。……書籍化とは???

 流石に全部書き下ろしというわけではなく、書籍で登場したキャラのエピソードはWeb版のも使っているようですが、そこからすごい勢いで話が膨らんで一冊の本としてまとまっている。Webを素直に書籍にしてしまうとキャラ紹介で終わってしまうので、いろんな物をくっつけたんですね。7から8割位、書籍化の際に膨らんだ部分な気がしますが。これ、2巻もすごい書き下ろされるってことなので今から楽しみ。

 あ、書籍を読む際の注意ですが、カクヨムやなろうの各話タイトルの一覧を見るだけで、ものすごいネタバレになります。これから書籍を読む人は見ない方がいいかも。Web版が先なので作者が隠している情報というわけではないんですが。戦闘がどうなるのか!?って手に汗握るけど、Web版にアクセスすると結果が分かってしまうんだよね。
 Web小説の書籍化でWebを読まないで書籍から読んで!ってオススメってなんだろ?
スポンサーサイト



テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー