FC2ブログ

『シルヴァリオ・ラグナロク 体験版1&2感想』

 体験版1がまさかの被害者中心の話で笑った。ルーファス・ザンブレイブは立場によって評価が変わるタイプの男でしょうね。上からは広告塔としての役割を求められているし、実際に仕事をこなしている。上から見れば使いやすく理想的な子。基本的に理想を唱えて戦闘時には味方を?咤激励したり、かっこいい役割を求められてこなしている。ただ、実態は普通の子なので言っていることとやっていることが一致していない。カッコつけるのは本心ではない。あいつ口だけじゃんみたいに思われていてもおかしくはない。体験版1がほぼほぼ彼の鬱屈を書いたものじゃなかったら、視点がルーファスじゃなかったら、嫌われていた可能性が高いでしょうね。
 でも、体験版1はルーファスの話だし、このシリーズはルーファスくんみたいな普通メンタルを肯定してきたシリーズだからシリーズファンから結構愛されてるんですよね。成功したゼファーさん。うん、彼は理想にたどり着いたゼファーさんみたいなもんだよなー。
 選ばれた人間である自覚がルーファスを苦しませる。選ばれた人間なのは事実であり、そんなに悪くないんだけどなー。広告塔であるために完全なフォロー体制が敷かれてるので、失敗することもさせてもらえない。下手に失敗すると看板に傷がつくからね。向上心があっても長続きはしないし、そもそも上が堕落に誘ってくる。飼い殺せると判断したから選ばれた人材なのでかわいそうですね。

 体験版2はもっと笑いましたね。お前ら実は帝国軍なのかよ! トリニティにおける光の亡者がハイパーヤンホモだったが、冷静に考えると光の亡者が必ずホモになるとは限らなかったな。
 総統閣下のカリスマに焼かれている帝国軍にファブニルみたいな連中が居ないわけないだろ!と言われるとですよねーってなりますね。改めて思い返すと、一作目で人造惑星に攻撃が効いてないのに命を賭して戦い続けている連中もセリフがないだけで光の亡者ですね。闇なら逃げてるもんな。
 三作目にしてついに不死者が現れたけど、人類の可能性に苦しめられたという発言が出てくるあたりとかめちゃめちゃ笑える。星辰体感応奏者は帝国発祥の技術で聖教国も普通に負けてた歴史的事実。地味に世界が滅ぶ危機が2回も起きているので、不死者の大変さがわかるなー。不死者は何度も光と対峙してきたので、メタ張れるとか一風変わった戦闘だな……三作目にもなるとどうせ覚醒するんだろ?とか言い出すし、覚醒潰しとかメタい攻撃してくる。
 いやしかし、本作のラスボス枠? 金髪でしかも長髪だから確定だと思うけど、グレンファルトさんは精神力が強いから強いんじゃなくて、今まで頑張ってきたから強いんだよというあたり、かなりオルフィレウスさんの再演ですね。積み重ねた努力は自分を裏切らない……!! 今までが根性論の化け物なら努力至上主義の化け物なんだろうか。

 いやあ、発売が楽しみですね。
スポンサーサイト



テーマ : エロゲー
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー