FC2ブログ

読書日記_ロードス島戦記

ロードス島戦記5
 相変わらずイベント数が多いなー。今回はパーンがロードスを見て回るという話で、1冊で3国巡って戦います。ハイランド王国のモスに手を貸してモスを苦してめているヴェノンの巨人を倒す。ヴァリスからマーモの勢力を掃討。カノンでの戦いの始まり。モスとヴァリスは自前の軍勢を持っているので、重要な戦に勝ったら後はそれぞれの君主にお任せ。というかフレイムの使者として来てしまったパーンの立場で国家に仕える気もないパーンではそれ以上のことはできない。しかし、カノンはマーモに完全に占領されており、カノン自由軍が一地方領主に勝った程度は大勢に影響がない。まだまだカノンの戦いはこれからなので、民のために戦う騎士となることを決意したパーンはカノンで戦い続ける。
 久しぶりにエトが再登場! ヴァリスの騎士団で頼れる連中は割と英雄戦争で死んだ……! お陰で国王になってしまったエトが苦労している。神官のエトには武勲なんて物はないし、ヴァリスの聖騎士団はエトに不満を持っているので、彼らのアダンの街を解放しようという戦争について時期尚早と思っても断れない。大変ですね。
 まあ、それ以上にアシュラム復活がいいですね。カシューとの敗北に加えて、パーンにやられたことで自信と覇気を失ったアシュラム! 出撃した際にたまたまパーンが居たので、借りを返そうと行動してパーンとの戦い! 4巻で生まれたパーンとの因縁の戦い! なんかもっとパーンとアシュラムはライバル関係だと思ってたので、意外と絡みがすくないな。今回でパーン主人公はラストなのにな。

スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー