FC2ブログ

読書日記_氷と炎の歌

 『剣嵐の大地 上』読み終えるのに何か月もかかっているので、視点人物をいったりきたりして読んでいた。

ジョン
 前巻で冥夜の守人から離れて自由人達の勢力へ。自由人の勢力は別に悪の勢力というわけではないので、輪の中に入ってしまえば普通に仲良くなれる人物も好感を持てる人もいる。ジョンは取り込もうとする悪意のない誘惑と戦っていたがウブなので恋をしてしまった。
 冥夜の守人の総帥になるはわかっているので、実はこの自由人が最終的には冥夜の守人になってしまうみたいなことあるのかなと思うが、ジョンが統率するのが無理な感じがするし、どうなるんだろうなー。

アリア
 逃げ出した先で自分の家に忠誠を誓っている人間を発見したかと思ったら、そいつは家から離れて独自の勢力になっていて敵ではないが味方でもなかった。
 囚われの王女様になっているけど、本人の資質が令嬢に向いてない。ジェンドリーとめちゃめちゃ仲いいな。
 ホットパイは料理ができるので旅の途中で旅籠屋に気に入られて就職。この物語で唯一幸せな終わり方してるな……。

ロブ
 ろ、露骨に死亡フラグが立った! 視点人物じゃない上にジョンがいる時点で死ぬのは明白だったが、ものすごい分かりやすい死亡フラグ。ロブは10代で戦争はめちゃめちゃ上手いが、政治が上手くないし健やかすぎる精神の持ち主なので、こういう時にろくなことにならねえ。
 ロブ陣営の目線から見るとスタークは後継者が死亡・囚われの身であり、ロブに何かあったら北の王勢力は全滅する状況。これは確実に死にますねー。

キャトリン
 ラニスターが守るわけねえ人質交換を行ったが、北の王勢力はだれもキャトリンの意思を尊重しないので一瞬で破綻した。それはそう。
 ブランとリコンが死んでると思っているので、ロブには子供が必要というのをだれよりも実感している。

サンサ
 サンサ・スタークは貴族の令嬢であり、それ以上では決してないので、優しくされたらタイレル家にコロッと簡単に取り込まれてしまうのであった。
 恋に失敗して父親を失ったが、その後虐待受けてるだけの人間が人間的成長とかできるわけがねー!
 本人は脱出作戦よりも結婚したほうがいい!と思っているが、脱出作戦はウィンターフェルが陥落してるし、どっちを選んでも地獄みたいですね。

ティリオン
 殺されかけたが自分の従者のポドリック・ペインが本物の忠誠を誓っていたので助けられていた。顔に傷を負った。まだ回復していない。
 タイウィン・ラニスターがやってきたことで預かっていた地位を失ったり、せっかく戦場で活躍したのにラニスター次期党首という正当な地位を要求しても突っぱねられたりと報われない。金と権力で部下を掌握していたので、親父がやってきたことで自分の部下が信頼できるか怪しくなるのがなー。
 本とは関係ないんですが、ドラマのティリオン役のピーター・ディンクレイジが小人症だったのか……ハリウッドではそういう個性を生かした人を結構見かけるよなー。つーか、今日本のグーグルで小人症を検索するとピーター・ディンクレイジが出てくるあたり、ゲースロ人気なんだなー。

ジェイミー
 キングスランディングに帰省してる途中。

タヴォス
 メリサンドルの暗殺計画がバレて、牢に囚われている。メリサンドルは殺したいがスタニスへの忠誠は固い。

メリサンドル
 タヴォスとの会話で語られた予言の内容。どう聞いてもお相手がスタニスではなくデナーリスなんだがー! あまりにも直球の予言を迂遠に解釈して間違っていないですか? まあ、単純に七王国にいるメリサンドルはデナーリスの動向を知らんのだろうな。
 スタークの大狼もそうだけど、神は確かに困難を乗り越えるための人間に加護やメッセージを与えているんだが、人間側が正しく受け取れてない感じが強いですね。マーティンは意地悪だな……。
スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー