FC2ブログ

日記。MUSICUS(エロゲ)とか

 パソコン買い換えました。2日間エロゲのインストールをしていましたが、終わらねえー。こう考えるとDVDは安いけど、持っているのが面倒ですね。普段は気にしないけどPC毎買い替えるときつい。箱を積み上げて一か所に固めているので、こまめにーとかできない。あとまだ一部しかやってないですが、セーブデータの移行が面倒くさいですね。
DL販売の方が楽かなとも思うけど、新PCではSteamの数十ギガのゲームをダウンロードしてるんだよな。DL販売⇒外付けHDDにDL⇒必要があればDに移すが一番楽かなという結論に達したけど1TB程度のHDDでは容量が微妙だな。音楽とか入っているからね。
 何故か無線LAN子機のドライバが付属ディスクでインストールできない等のトラブルを乗り越えて、だいぶ改善されてきました。最近おれ自宅のパソコンを動画とゲームとTwitterネットサーフィンにしか使ってねえなと気づいた。
そういえば、ハヤカワでセールが始まりましたね。とりあえず、百合に興味なくても、少女庭国はおすすめです。でも、グロ耐性は必要。ハヤカワはファンタジーは氷と炎の歌しかセールしないんだよなあ。なにをオススメしようかと思う。王たちの道は昔セールになってたなあと思って、今見たらKindleの電子書籍が消失していました……は?  ググってみたところ、どうもAmazonだけ消失しているっぽいですね。Koboやブックウォーカーにはある。昔はAmazonに存在したんですが、いつの間になくなったんだ?

MUSICUS!
 オバドラの最終作で、普通にスルーしようと思ったんだけど、瀬戸口を連れてこられたら買うしかないじゃん。面白いのがわかりきっているゲームは積む傾向にあるので予定通り積んでいました。
まずは尾崎弥子エンドをクリア。選択肢を保守的に選んでいったら夜間学校で文化祭にバンドをやる話に到達。たぶん大きな分岐のひとつとしてバンドマンをやるか真面目に勉強するかの分岐があるんでしょうね。三日月とか他のヒロインはその後一度も出てきません。
 これが最終作でなければ未来ルートのFD希望というところですが、最終作だもんなーというところ。
全体としてロックな青春物語なんですが、ぜ、ゼロ年代ーーーー!って感じがすごい。エロゲなのにヒロインに踏み込むよりも、主人公の内面が中心。ヒロインは主人公に変化にもたらす存在ではあるんだが、物語の中心は主人公! 選択肢からして、主人公がどう思うのか感じるのかを書く。ぶれない。プレイしながら瀬戸口がどういうライターだったかを思い出して懐かしい気持ちになった。
実際の夜間学校がどういうものなのかを知らないんですが、本作では夜間学校を道を外れたものたちと位置付けていますね。家庭の事情、いじめ、その他様々な事情で昼間の学校に通え(わ)なかった人たちが通う場所。道を外れた彼らが昼の学校の文化祭でバンドをやる! 夜から昼への侵略!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー