稲妻6 読了

正義は人ではない、物でもない、おそらく力ですらない。
正義はただ、心にある想いだ
愛する家族の未来を、少しでもよいものとするために、
俺は、戦う!! 変身!!


か・・・かっこいい。

こんなかっこいいおっさんが登場する小説、初めて読んだかもしれません。最初はただの妻子持ちで30代の冴えないおっさんだった主人公が、こんなにかっこよくなるなんて思いませんでした。詳しく書くとネタバレになりそうなので書きませんが、とてもかっこいいです。

内容は最初から最後までベタな展開が続いて意外性に欠けますが、変身ヒーロー物ですからそれで良いんです。いえ、それが良いんです。ヒーロー物で奇をてらう必要なんてないからね。

特撮好きや熱くなりたい人は買いましょう。この作家の本は重版されていないので、読みたい人は早く買わないと買えなくなりますよ。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー