小川洋子 「博士の愛した数式」 読了

この小説は数学を題材にしています。しかし、作中で扱われている数式は決して難しいわけではなく、ちゃんと考えれば誰もが解けるものです。私はそれを解くのがとても楽しくて、久しぶりに数学は楽しいものだということを思い出し、もっと早くに出会いたかったと思いました。

この小説は愛の物語でした。博士の数学と子供への愛、私やルートの博士への友愛の心は計り知れないほど深く、読む人の胸をうつでしょう。

純文学というジャンルは舞城王太郎しか読んでいなかった私ですが、このような小説もあるなら、もっとこのジャンルの本を読みたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー