西尾維新 『偽物語 上』 読了

上巻のみのレビューはあまりやりたくないんだけど、これ、上下巻構成になってないだろ。

長い、無駄に長い。

全体の半分近くを、特に意味もなく今までに出てきたキャラクターたちに焦点を当てて、残りが本筋ってなんだよ。しかも残りの本筋は100、いや、二段組だから80頁で書けそうな内容。焦点を当てるといっても、漫才しかやってないので、グッダグダなのにテンポは良いというよく分からん小説になっている。さすが西尾維新。

まあ、漫才は面白いし、それで十分って人も多いんだろうね。俺はただ笑いを求めるだけなら、生徒会の一存の方がいいな。値段も安いし、場所とらないし。いや、買わないけどな。

笑うために、1,300円払ってもいいって人はどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

下巻はもっと酷いんですけどね・・・・・・

Re: No title

SHI-NOさん、ちわーす。

・・・・・・そうですか。
プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー