細音啓 『氷結鏡界のエデン』 読了

黄昏色の詠使いの作者、細音啓の新シリーズ。黄昏色~の方は一巻しか読んでないけど、面白かった記憶があるので購入してみたわけだけど。

えー、面白かったは面白かった。細かいところを気にしなければ、問題なく楽しめるとは思う。しかし、突出したところがない。全体として中途半端。

ストーリー展開はベタ。戦闘は緊迫感が足りず、日常も目立ったところはなし。主人公とヒロインの間にある問題も、設定自体は悪くないんだけど、読者を刺激するには足りない。やっぱり中途半端だわ。

はっきり言って、続きを読みたいと思わせる要素がない。つまらないってわけじゃないよ? ただ、積極的に読みたいとは思わないだけ。

続きは見送る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同感です。前作が面白かっただけにできそのものは悪くないだけに消化不良を起こしそうなつくりに少し残念な気持ちです。もう少し引っ張るところは引っ張り、削るべきところは(特に女性職員の下着の色云々作者がギャグのつもりで入れたであろう箇所がことごとく滑っている 予断だがドラマCD版でも見事にカットされているし)削るとメリハリをつけないとこの先厳しいと思います。

Re: No title

折原浩之さん、初めまして。名前が長くてびっくりしました。

おぉ……ドラマCDまで出ていたんですか。発売日に一巻を読んで特別面白いという意見も見なかったので、完全にスルーしていました。女性職員うんぬんはまったく覚えていませんが、ヒロインの女の子の胸の大きさに関するトークが普通につまらなかった記憶はあります。

しかし、今7巻まで出ているということは……面白くなったのだろうか。
プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー