望月守宮 『無貌伝~双児の子ら~』 読了

 おぉ、面白い。メフィスト賞受賞作ということですが、これは当たりですね。久しぶりに夢中になって読みふけってしまいました。

 全体の雰囲気は怪奇小説や伝奇小説に近いものがありますが、伝承や民話などが出てこないので伝奇というよりはファンタジーですね。とはいえ、ファンタジーとして読むようなものではありませんが。

 ミステリとしては分かりませんが、成長小説としてはよく出来ています。特に主人公の心理描写には目を見張るものがあり、内面描写だけでなく行動からもその心理を読者に伝えてくれます。もう一人の主人公とも言うべき探偵も良いです。特に後半での彼の台詞は、それだけで彼の悲しみや苦しみのほとんどが伝わってきます。

 今年発売された小説の中では一、二を争うほど面白かったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー