本物を知る。

今日、水川書房のかいとさんがついったーでこう言った。

私は就職する時、母に「給料を全部、本を買う事につぎ込んで、食べ物も買えない」って状況になる事を真剣に心配された。いやさすがにそれはやらないって言うか、月に10万円買ってもご飯食べられる位に稼げるから! ってつっこんでから上京した。でもたまに危ない時があった。



月4万円使った程度で、「今月は大分本に使ったなぁ」とか思ってるのは間違っていたようだ。こういう人間が世の中には居るんだよね。本が好きすぎて職に就いて3日でやめる人間が居るくらいだもん(注:事実です)。

まあ、世の中には、こういう人間が居ます。書痴と呼ばれる人種です。読書家という枠を超えた存在です。たまに10万円以上買ったらしいです。心の底から尊敬します。

うん、本当に凄いと思う。俺には流石に出来ない。積んでいく一方だけど、一応全盛期の俺なら読めた冊数しか買ってないし。

・・・・・・・・・部屋がどうなってるのか、凄く見てみたい。というか、それだけの量って部屋に入るの?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー