森奈津子 『二人のひとりあそび』 読了。

 どうも、官能小説だと知らずに買った馬鹿です。

 SMがあるってことは知っていたけど、気づきませんでした。小説ってR指定はないんだね(涙)

 まあ、そういう作品なんで、ここから先は18歳未満は禁止だ!

 まあ、小説だから18歳未満でも買えるんですけどね
 『倉庫の中の美しき虜囚』に収録されていたものに、「姉の花、妹の指」と「二人のひとりあそび」を収録した短編集です。内容はレズビアンとSM。

 初めて読んだ官能小説が、素晴らしく背徳的な内容であることに大いに戸惑っております。俺はおっぱい星人であり、おっぱい星人でしかいないので、性的欲求を呼び起こされることはありませんでした。エロいなあと思いつつも、ノれません。つーか、そもそもこれは女性向けなんじゃないか?

 まあ、性に関する知的好奇心はそれなりに持っているので、そういう点では楽しめたのと、収録作の一つ「人形草」は、とても気味が悪くてホラーとして楽しめたので、十分満足です。ただ、「幼い淑女と崇拝者たち」は幼女とホモという、俺にとって鬼門な内容だったため、怖くて泣きました。

 Mな方にはオススメできると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー