深見真 『ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック』 読了

 発売日にはスルーしていたが、「作者が趣味に走った」とか「書きたいことを好きなように書き散らした」などという感想を見てしまったからには読まないわけにはいかない。

 まあ、実際に読んでみたわけだけど、予想以上に酷いね! 異世界ファンタジーで現代的な特殊部隊で巨乳エルフに拷問かけたりと好き勝手やってた。まったく自重してない。してたとしたらそれはそれで(いい意味で)酷いね。

 実のところ、三章までは銃器のない異世界ファンタジーでありながら、現代的な特殊部隊という設定に違和感を感じていたり(時代設定が良く解らん)、ヒロイン空気だったりと悪いところは多いのだけど、まあ笑い飛ばしながら読めば楽しいと思う。

 キャラを重視しないボンクラな方にはオススメ。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー