北方謙三 『擬態』 読了

 檻となっていた何かが毀れ、立原庄司の中からひどく暴力的な何かが首をもたげ、暴走し、暴力が加速していく……。

 乾いた文体から漂う物語全体の虚無的な雰囲気。いろいろと好みだったが、この物語で最も惹かれたのは立原庄司という存在そのものだった。

 はっきり言って、俺は立原庄司の行動が全く理解できない上に想像もつかなかった。この男はなんだ? 何がしたい? 何らかのルールがあるのは分かる。だが、それを俺がまったく理解することができない。言語化することが出来ないことは多いが、まったく理解することができなかったのは初めてだ。そもそも、分かりたいとも思えない。それでも、立原庄司の内部にある「何か」に惹かれ、読み終えた。

 一度読んだだけでは、この物語を消化しきれなかったので、また再読したい。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー