山形石雄 『六花の勇者2』 読了

 まず、このシリーズを読み始めたいと思っている人間は2巻の情報を一切シャットアウトしてから臨んで欲しいことだけは最初に書いておく。

 それはともかく、この本を読んでミステリと異能バトルの相性が良いということがわかった。必勝の一撃すら無効化する相手を力や相性で上回るのは割とよくある異能バトル物だが、この本では相手の弱点を探る方向に向かっている。これはアドレッドの強さの基盤からすれば当然のことだし、そこからミステリパートに移行する流れは自然だ。ミステリとしては一巻に劣るものの、十分考えて楽しむことができる。

 要するに、今回もとても楽しかったです。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー