清水マリコ『友達からお願いします。』 読了

楓はとにかく大人しく生きていきたい普通の高校生。女子は苦手だ。だがある日、妙なきっかけが元でクラスメイトの木蓮と特別な仲になった。この一風変わった学校一の美少女は、完全無欠に見えて実はド天然、喋り方もなんだかサムライみたいだ。交わらないはずの二人が共通の秘密を持ったとき、楓の日常が前に動き出した――。「もっと、本当のことが言いたい」植物系男子とまっすぐ女子の青春ラブ(?)コメディ、開幕!



 今まで一番共感がもてる主人公だった……。

 自分を肯定してくれる他人というのはすごくありがたいもので、たった一人でも居るだけで、ものすごく心が軽くなる。その人のために何かしようと思うのは当然だと思う。

 一度拗れると関係を修復するのは難しい。それが接点のない人間であれば、無理だ不可能だと普通は投げ出してしう。でも、木蓮のために楓は向きあおうとした。話し合いでの解決を望んだ。誤解をきちんと解いた。それがすごく良かった。

 なんか主人公に共感しすぎて、文章が自分語りになりそうで上手く書けない。とりあえず、面白かったです! 次巻も期待してます!!
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー