中島らも 『白いメリーさん』 読了

 中島らもはただのアホではなかった。ものすごいアホだった。奇才っていうのはこういう人物を表す言葉なんだなって、強く思いました。これは認識を改めないといけない。他の本も早く読もう。

 9つの短編が入っている短篇集。どれもすごい面白い。特にインパクトがあったのは最初の短編である『日の出通り商店街いきいきデー』が面白い。商店街の店主たちが自分たちの職業を示す商売道具を用いて特に意味もなく殺しあうという奇っ怪なコメディ。もうこの短編だけでもすごいのに、奇想天外でぶっ飛んだアイディアが9つである。よくもまあここまで出てくるものだ。次の展開を予想することなんてできやしない。

 馬鹿と天才は紙一重とよく言うけれども、それは本当かもしれないと思える良い短篇集だった。さっくり読めるし、おすすめ。
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー