杉原智則 『聖剣の姫と新盟騎士団』 読了

 烙印の紋章では英雄を書いていた杉原智則さんだけど、今回の主人公「ダーク」は小悪党ですね。魔道士であるといってもゴブリンを三匹を操る程度で、TRPGならば最初のセッションのボスより弱めといったところでしょうか。どんだけ好意的に見ても大物に成るとは思えません。まあ、そもそも原文に小悪党って書いてあるんですけど、ここまで主人公っぽくない主人公というのも珍しい。力を持っていない主人公というのは多いけど、そういうタイプの主人公でも精神的な強さ(諦めない)を持っているものなんだけど、「ダーク」にはそれもありません。見事な小悪党です。
 知略で戦うといえばかっこいいけども、なんていうかせこいと言った方が正しいような戦い方ですし、随所から小物臭が溢れていますね。いや、面白いんですけどね。

 ストーリーはまだまだ序盤。面白かったし、今後「ダーク」がどう活躍するのか気になるので次巻も買おうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー