入間入間 『安達としまむら2』 読了

ざっくり説明すると、一巻のラストで自分の気持ちを自覚した安達がヘタレながらもアプローチをしていく、些細な事で一喜一憂する安達が可愛い。まあ、ヘタレなアプローチに戸惑いながらも受け入れているものの、気持ちにまったく気づいていないしまむらさんも良いですね。

 今回は一人相撲をしている安達が可愛すぎる。同性だから変に思われるんじゃないかとか気にして、踏み出せない安達のヘタレっぷりが可愛い。いじらしいなあ。可愛い。こんなに可愛い女の子をどうして男子は放っておくのか不思議でならない。ヘタレ可愛い。しまむらは当然安達からそんな目で見れれているとはまったく気づていないんだけど、だからこそのスキンシップで動揺してしまう安達が可愛い。

 入間入間さんはリュウシさんといい、本当に可愛い女の子書くなあ。百合ラノベでも美味しくいただけました。安達可愛い。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー