清涼院流水 『コズミック流・水 ジョーカー清・涼』 読了

 ようやく読み終えた。とても長く、苦しい戦いだった……。

 清涼院流水のコズミックとジョーカーは仕掛けが施されているそうで、以下の順番で読むことが推奨されています。

 コズミック流(前半)→ジョーカー清(前半)→ジョーカー涼(後半)→コズミック水(後半)

 で、その順番通りに読んだわけだけど、コズミック後半を読み終えた頃には正直その仕掛けとかどうでもよくなった。というのも、コズミックとジョーカーのミステリとしてのオチが許せなかったからだ。この一冊が分厚い本を頑張って真面目に読んできたのにこの仕打ちかよ!! 許さない。まあ、ぶっちゃけ初めて読む人はこのような変則的な読み方をせずに素直にジョーカーを通して読むのがいいと思います。コズミックの前半はただ淡々と密室殺人事件(密室の定義がわからない)が起きるだけなので、面白くない。それに比べてジョーカーは物語前半から多数のキャラクタが出てくるし、山のように出てくる探偵達が必殺技(推理法)を使っていたりとキャラクタ小説としても楽しむことができる。まあ、どちらも長い上に九十九十九が出てきてからは心がへし折られそうになったけど。せめて、これが半分ぐらいの分量だったらまだ心の傷は浅かったのに……。

 もう、気持ち悪いぐらいに大量に出てきてこじつけのように思えてくるアナグラムとか、源氏物語を読み込んでいるんだろうなあとかこの本を書く労力を考えると素直に凄いと思います。だが許さん。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー