丸戸史明 『冴えない彼女の育て方5』 読了

 正直このシリーズで一番頭を抱えた一冊でした。

 2巻以来の詩羽先輩回ですね。2巻のときから分かっていたけど、全力で仕事に私情を持ち込む恋する作家『霞詩子』こと詩羽さん。これはものすごい乙女ですね。あまりの乙女っぷりにこっちがびっくりだよ。このめんどくさい感じ、全力で恋に生きてる感じはとても可愛らしいけど、読んでいてちょっと真っ直ぐ見れない。
 
 そしてそんな詩羽さんに主人公はどう対処するのかと思いながら読んでいたら、全力であさっての方向に向かって暴走していました。いや、彼の行動は作り手側にいる人間として間違っちゃいないかもしれないけど、この暴走っぷりは頭を抱えずにはいられない。え、これって詩羽さんが作品に込めた私情というか、行間に詰め込んだ思いとか、こいつまったく理解していなかったということか……?
 
 面白かったけど、面白かったけど……!!
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー