鴨志田一 『青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない』

 青春ブタ野郎シリーズ第二巻。相変わらず内容に比べてタイトルがひどい。ひどすぎる。
 
 今回は一巻にも登場した後輩・朋絵ちゃんがヒロインです。主人公のことをロリコンと誤解して尻を蹴ってきて、なんかあって主人公も尻を蹴った子 だよなあというものすごくうろ覚えで記憶がない人だったんですが、全然問題ありませんでした。
 
 前巻のラストでは告白を成功させた翌日にループ現象が発生して告白した日に戻されるという主人公とヒロインをくっつけないための悪辣な終わり方 をしましたが、今回は既に怪現象を起こす思春期症候群を乗り越えたばかりとあって、状況の呑み込みと対応に出るのが早いです。
 
 今回もヒロインの子がいいですね。空気を読んで周りに合わせて問題が起きないように生きているヒロイン。ぼっちになるのが嫌で頑張ってるなんて 現代人らしくていいと思います。こういう自分のために努力している子というのは、ぼく好きですね。

 前回から引き続いて登場するメインヒロインの麻衣先輩も相変わらず可愛い。事情を知っているから外で会おうとしないし、主人公の心 が離れないように家に遊びに来たり……距離感が非常に良いですね。何事もなければ付き合えていただけあって、初々しい付き合い始めたばかりのカッ プルのよう、控えめな甘さがお石です。
 主人公の咲太は今回ですごく好感を持てました。周りから何かを言われ続けるのに慣れきっているからか、自分の評判が落ちるとかそんなことで躊躇 をせず思い切った行動に出れるところも良いんですが、この巻のヒロインである朋絵ちゃんと友達以上恋人未満な関係でいようとデートとかしてるけ ど、好感を持つようになるけどそれが友達としてというのがすごく良い。こいつほんと麻衣先輩一筋なんだなあと応援したくなりますね。
 
 すごくすっきり終わっているけど、ラストで次の波乱の予兆が書かれたので次巻も買おうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー