らきるち 『絶深海ソラリス』 読了

 ガガガ文庫の『俺が生きる意味』に続く話題のモンスターパニックライトノベル。でも、ジャンルはホラーじゃなくて異能バトル。熱い異能バトルと して美味しくいただけた。
 
 前半は水使いと呼ばれる能力者を育てる学校に新任の教官として、帰ってくることになった主人公が、手のかかる天才であるツンデレを教育者として 指導しつつ交流を深めていったり、教育の一環として落ちこぼれの幼馴染を教える側にツンデレをさせたりと、とにかくツンデレを教育してイチャイ チャしている。
 後半は海に沈んだ都市の撮影に赴いた主人公達が海底でSOS信号を受信。救助のために怪しげな海底施設に入っていき、死んでいく。
 
 前半は可もなく不可もなくだったんだけど、後半になってからは一気に面白くなってきた。戦闘の描写が思いっきり異能バトルのそれで、主人公達も 能力があってそこそこ強いので全然怖くないんだけど、仲間が次々に死んでいくし、次にどんな風に死んでいくのか予想がつかない。へこたれそうに なっても立ち上がり諦めずに脱出を目指していって熱い作品だった。まあ、胸くそ悪いと感じる人もいるようだけど、りょーじょく展開がないのでそん なにひどくないよ。
 
 バトル物はやっぱり人が死ななくちゃ!って人にはおすすめ。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー