月刊オススメの本2014年12月号

屍者の帝国
 歴史改変SF。舞台となるのはフランケンシュタインによる死者蘇生実験の成功により、屍者を労働力や兵士として扱えるようになった19世紀。
 伊藤計劃はその死により完成させられなかったが、円城塔が引き継いで書いたこの小説も十分面白い。
 歴史改変SFはあまり読まないのだが、こういう本を読むと世界史を勉強したくなっていく。

ニルヤの島
 人生のすべてが記述できる技術により、死後を失った社会を書いたSF小説。
 時間が連続せず、視点人物もまた章ごとに変わるため、少々読みづらい。
 死後を失った社会というのはなかなか面白くて興味深く読めた。
 

冴えない彼女の育てかた恋するメトロノーム(3)
 おい、やめろ。個別ルートだと思って安心していたのにサブヒロインを出すな。しかも、かわいい……。
 今回はラブコメよりも創作より、退屈だと感じる時間も重要である。要するに読み飛ばしてイラストを見たりせずちゃんと読めということだった。

冴えない彼女の育てかた(7)
 で、この展開ですか。恋するメトロノームと同時発売の原作でこうくるとは。絶対にイラストを先に確認してはいけない。
 ついにメインヒロインが表紙を飾るということで、発売前から最終巻ではないか、物語が大きく動き出すのではないかと話題になっていました。ある意味、これ最終巻ですね。
 ネタバレになるので語りにくいけど、イラスト付きでこんなことされたら○○派の俺としては続きを買うしかない……。

NOVA+バベル:書き下ろし日本SFコレクション
 SFアンソロジー短篇集。ものすごくその後が気になる宮部みゆきの『戦闘員』を始め、どの短編もすごく面白い。
 野崎まどは解説を読む前に本編を読んだ方が衝撃が大きいので先に本編を読もう。

ダンス・マカブル1(-西洋暗黒小史-)の感想
 漫画で読む拷問。魔女狩りの拷問やキリストの磔刑がどれほどキツいものなのか、絵で教えてくれる。良心の呵責こそが悪魔の誘惑というのは深い。自らの行いを善であると信じて異端審問をしているというのは、なかなか胸に来る。
 過去にあった凄惨な史実を描いているので、楽しくはないですがとても良い。

3月のライオン1~10巻
 初期の頃のれーちゃんの孤独は冷たい氷の刃で斬りつけられるような痛さがあって、物語に引きずり込まれてしまう。
 しかし、俺がこの漫画で一番好きなのは他のプロ棋士が主役をはる回。努力をして努力をして、勝ちを求める貪欲さがとても良い。相手だって努力を重ねていく。それは天才だって同じ。一つのことに打ち込んでいく姿は眩しい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー