杉原智則 『レオ・アッティール伝Ⅰ 首なし公の肖像』 読了

 西のアリオン王国、東の聖ディティアーヌ連盟と二つの大国に挟まれたアトール公国。その第二公子、レオ・アッティールはアリオンへ人質同然で送り出され、辺境の太守のもとで武芸と学問に励んでいた。
 そして時代は転換点を迎える。
 アトールと接する中立勢力・コンスコン寺院とアリオンの関係が悪化したのだ。アトールからの援軍パーシー、コンスコンの僧兵カミュ、僻地から来た傭兵クオンは協力して迫りくるアリオンの軍勢に対抗しようとする。その戦いの最中、三人とレオは運命の出会いを果たす――。



 烙印の紋章と同じ星で違う時代。東方の大国のアリオンと小国のアトール公国。烙印の紋章もそうだけど、この物語の魅力はその堅実さにあると思う。相手の作戦をすべて見通すような洞察力を持った人間はいないし、個人がいくら強くても百人斬りなんてできない。途方も無い戦力差があれば勝てないので、手を回して相対する敵の兵力を減らそうとする。途方も無い戦力差をひっくり返す派手な奇策はなく、作戦は成功したからといって確実に勝てるとは限らない。そこに個人の武勇が活躍する余地を感じさせる。

 タイトルはレオ・アッティール伝であるものの、今回はもうひとりの視点人物のパーシー・リィガンの方が目立っている。一見レオとはあまり繋がりのなさそうに見えるパーシーの戦い。これが一体どう繋がるのか先が読めなくて、繋がりが分かった時はそんな馬鹿なと心底驚いた。いやまさか、そんな理由でこの戦いが起きていたとは。笑うしかない。
 主人公、レオ・アッティールは最後に力を自覚するまで物語を大きく動かさないが、この最後の行動は予想外でこれからの波乱が楽しみ。その悪堕ちしそうな内面も含めて今後目が離せない。
 ヒロイン(だよね?)のフロリーはまだ物語において目立つ行動はしていないけど、清純なお姫様といった感じで可愛らしい。でも、一巻現在では幸福になれそうな未来が見えてこない。アトール公国は滅ぶので、レオとくっついても幸せになれそうにないし、だからといってアリオンのヘイデンは……。

 何巻先になるかはわからないが、冒頭ですでに明かされているレオによる王位簒奪やアトール公国の滅亡といった史実にどのように繋がっていくのか、先が読めなくて楽しい。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー