月刊オススメの本2015年9月号

屍鬼
 読んだのは小野不由美の原作。序盤はSFとして楽しみ、中盤からはホラーとして、そして状況が改善しないもどかしさを挟んでの破壊のカタルシス。どれも最高級の味わいでこんなに面白い本を数年積んでいた俺は何をしていたのだろう。ゴーストハント等の他の小野不由美作品も読みたいところ。そういえば、漫画化とアニメ化もされているようだが、そちらも読んでみたいところだ。絶対に違う物になってるだろうし。

レオ・アッティール伝 (2) 首なし公の肖像
 杉原智則は超人というものを書かない。レオ・アッティール伝の主人公のレオは英雄であり、後世では悪名高い人物として語られているが、とてつもない知略を駆使しているわけではない。今巻で彼は自身の立場と周囲の状況を利用して味方を作ろうとする。しかし、その行動を通して彼は敵を作り出した。アリオン公国と戦うためにはまずなによりも味方が必要でそのために後の火種をまいてしまう。
 彼の講じた策もいくつかは失敗が起きて窮地に立たされてもいる。結果的には最後に幸運を掴み取れた。それこそ英雄の資質なのだろうか。しかし、そこに至るまでには小さな失策や致命的な失策もある。
 正しい選択をするだけではない、成功と失敗も両方含まれる選択をする英雄譚。そこには人間味が生きづいて楽しい。

ヴァーリアの花婿
 表題作が幼馴染物のラブコメとして素晴らしすぎた。そのあまりの素晴らしさに他の収録作品が何か忘れた。この短編には幼馴染物語の夢が詰まっている。幼馴染万歳!

僕のヒーローアカデミア1~5
 印象としてはアメコミヒーローに学園要素を詰め込んだものっぽいという感じなんだけど、アメコミヒーローを読んでないので迂闊なことは言えない。少年漫画の王道を地で行く作品で努力×友情=勝利。王道は面白いから王道なんだ。
 クラスメイトはヒーローになりたいという夢を追いかける同志であり、ライバルでもある。ヴィランとの戦いでは共闘するけれども、クラス内での競争行事では仲間は敵にもなる。すごい能力を使いこなせていない。

赤髪の白雪姫
 最近読んだ少女漫画の中では文句なしのナンバーワン。薬剤師であるヒロインの白雪と、第二王子であるヒーローのゼンはそれぞれ立場が違う。できることが違う。責任の重さも違う。この二人は対等の友人(途中から恋人)なんだけど、互いの立場の違いを理解していて、それぞれ相手の負担にならないように、一緒にいられるように互いにできることを努力していくのが素晴らしい。
 ヒロインの白雪さんが良い。一人で頑張りすぎてしまうのは欠点だけど、まず自分で何とかしようとするその姿勢は良い。

ワールドトリガー 12
 総合力の優れた個人の圧倒的な強さ。それを封じ込める戦術。エース同士の対決。三つどもえの戦いをこのページ数でそれぞれキャラの特徴を引き立たせてまとめてしまうなんてワートリは尋常じゃなくすごい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも参考にさせてもらっています!
屍鬼はなんとなく避けていたのですが、読んでみます。

Re: No title

> いつも参考にさせてもらっています!
> 屍鬼はなんとなく避けていたのですが、読んでみます。

超遅いレスですが、読んで頂きありがとうございます。
屍鬼はとても良いSFなのでオススメです! 機会があれば漫画版も読んでみたいと思います。
プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー