月刊オススメの本2015年10月号

やがて君になる (1)
 恋愛で人を好きになる気持ちがわからない主人公が、同じく恋愛が分からないという先輩と出会う。そこで主人公が本当の恋を知る……だったらよくある少女漫画の展開なんだけど、これは逆にその先輩が主人公を好きになってしまう。自分と同じだと思っていた先輩に対してズルいという嫉妬を感じたりと今まであまり見ない視点で物語が進んでいくのが良い。相手が自分のことを好きだと知って翻弄していく主人公と全力で恋する乙女の可愛い姿を見せる先輩一冊で二種類の味が楽しめる。とても楽しい。
 あ、百合漫画です。
 
ペガーナの神々
 5年以上前から積んでいたのだが、最近になって復刊したので今が旬!とばかりに読み漁った。人間の尺度では図ることのできない神々の物語。全体的に表現が素晴らしく、ロードダンセイニを全部買いたくなる本でした。これぞファンタジー。
 
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (8)
 流石にもうこの作品を敢えて推す必要を感じない……と思っていましたが、8巻は実に俺好みな状況で前巻以上に楽しかった。圧政や暴君が必要とされる国家という素敵な状況。暴君へと成長したシャミーユ殿下の立派な姿には萌えずにはいられない。

俺の教室にハルヒはいない
 びっくりするほど俺好みだった。最近、ラブコメで想定外というのをあまり見かけなかったので、新鮮な感じがしてよかった。主人公の言動が想定外で常に変化球を投げてくるのが楽しい。お互いに恋愛的な意味合いで好きだと確認しあったのにそこで付き合おうという話にならないので、なんか先が読めなくて楽しめた。付き合えない事情があるならともかく、その子との間にはなかったからな……。
 まあ、打ち切りなのか最後は少々駆け足で説明不足もあったけど、ラブコメで重要なのはヒロインとの関係の発展! 友達でいよう!と終わったわけですが、友達と言いつつキスしようとしたり、本音を御せてないのがすごく良い。そうやって、友達だって建前のまま実質恋人な生活を数年過ごして結婚しそうなこの距離感。最高だ。
 
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー