サクラノ詩 個人的雑記

 すかぢ最高傑作! と本作をさして言っている人は多いんだけど、個人的には『素晴らしき日々』のあの美しい投身自殺以上のシーンは存在しなかった。
 あと各ルートが長いわりに明かされる真実が少なかったり、サクラの刻に続くせいか放置されたものが多いのと、何より各ルートはともかく第二部へ続く話が第二部体験版!みたいな終わり方するのはやめてほしい。もうちょっと綺麗に区切ってほしい。
 そんなこと言っているけど面白かったかと聞かれれば、文句あるけど面白かったです。キャラは可愛い。下ネタが多いのでそこがちょっと気になるけど、女の子とのいちゃいちゃはまあよかったです。幼馴染とエロ本を拾い歩いていたという心温まるエピソードとか無駄に面白かった。
 個人的になんだかなあと思ったのはこのサクラノ詩って過去を語ることを重視しすぎているんですよね。主人公がめちゃくちゃ褒められる理由とかは過去にいろいろやっているんだけど、ルート分岐して、過去が明かされないうちはなんで褒められるのかわからなくてかゆい。それと過去にあったいろいろを語ることを重視しすぎていて、ほとんど未来を語らないのでなんかなあと。過去に問題が起きて既に解決されていて現在は問題が起きませんっつーのは好みの問題だけど好きじゃないですね。雫√でも吹うんぬんで決意だけでなく行動を起こすところまでやってくれたら良かったんだけど。
 そんなわけで好きな√は氷川です。あれ、前世らしきものが見える設定はほとんど活きてなかったけど、続編でなんか回収されるかもしれんし。何よりも主人公と氷川・川内野の過去が現在に繋がり未来への礎になるのが良かったです。
 実質Ⅵは夏目圭√だったのでサクラノ刻では夏目藍√が欲しいですね。欲を言えば夏目雫√も欲しいですね。長山さんは√が想像できないのでエロだけでも欲しい。
 また十年後までに伏線や設定を覚えていられるかなあ……もう若かったころと同じようにはいかない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー