月刊オススメの本2015年12月号

闇の虹水晶
 ここまでどれを読んでも面白い作家というのはそうそう居ない。なんというか、文章というか描写がすごく良い。この面白さを伝えるのは文章をそのまま引用するくらいしか思いつかないのだが、どこを引用すればいいのか迷う。Amazonのほしい物リストを公開しているファンタジークラスタに誰かれ構わず送りつけたい。

モーテ ―死を謳う楽園の子―
 一巻で完結していた物語。その続きは主人公(視点人物)を変えてきました。
 十代のうちに自殺してしまう病『モーテ』というその病にかかった子供達が収容されるグラティアが舞台。前巻よりも病気について深く描写されます。そして、登場する人々の優しい。優しいからこそ苦しい。
 著者のファンにとっていろいろと既視感のあった前巻と違い。今回は完全にオリジナル。

狼の口 ヴォルフスムント 7巻
 今までは攻める側だったけど、今度は城を奪取して守る側に! なんか尋常じゃなく攻城兵器強いですね……。
 なんかこれを読んでいると物量と質も上回る軍を相手に天才的な軍師の活躍で倒す! みたいなものは夢物語だと感じますね。それはそれで面白いんだけど、たまにはこういう容赦のない物語も楽しみたい。
 それはともかく、死んでいるのにさらっと背表紙に登場しているヴォルフラム……。

問題児たちが異世界から来るそうですよ?
 第一部完結! なんかするする読めて非常に良かった。圧倒的な強さを持つ十六夜を純粋な戦闘能力で超える絶対悪アジ・ダカーハとの戦い。始まったと思ったらまさかの短編小説をぶち込まれたり……これはWebスニーカーの短編連載をちゃんと追って行けということなのか。
 それはともかく、もうこれラスボスなのではと思うくらい強いぞ。人間以外が相手だと相手の戦力に合わせて強化されて50対50にまで引きあがるとか無茶苦茶な能力。各階層支配者や元魔王も参戦して主催者権限による弱体化をルール使っているのに、全然弱くなってない。
 こういう無敵を誇っていた主人公を能力的に上回る事態。嫌いじゃないです。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー